荻窪駅前3分、無料託児所完備の整体院。産後の骨盤矯正やマタニティ整体などお子様連れでも安心して受けられます!

出産後に起こってしまいがちなボディバランスの変化

Pocket

「出産してから、なんだか身体のバランスが変わってしまったみたい…」

産後のママさんから、多く聞くこのセリフ。

体重は戻ったのに…。

いったい、どうして?

産後に悩まれる具体的なケース

産後のいわゆる「ボディラインの悩み」って、どんなモノがあるのでしょう?

ここで代表的な症状をまとめてみると。

 

なんだかお尻が大きくなったみたい…。

体重は元に戻ったのに、妊娠前にはいていたズボンが入らない…。

脚が太くなってしまい、むくみやすくなってしまった…。

ウェストラインが以前とは変わってしまったよう…。

 

出産後に多くのママさんが抱える、ごく一般的な悩み。

いったいどうして?

 

 

体重は元に戻ったのに、ズボンがきつい理由はいったい?

おそらく理由のひとつは筋肉量が減り、そのぶん脂肪が増えたから。

そもそも筋肉というのは脂肪にくらべると、とても比重が重いですからね。

 

それと。

実は、それだけではないのです。

妊娠中に骨盤を中心に大きな「骨格の変化」が生じてしまっているのも理由のひとつなのです。

(一般的には「骨盤が開いた」という表現を使いがちです。)

 

ジーンズを履いたときのヒップラインの変化。

もしくは、脚の付け根あたりでズボンが骨に引っかかってしまう感じとか。

以前は、そんなことなかったのに…。

 

骨格の変化とは

 

 

それでは、妊娠によって生じる「骨格の変化」とはいったい何なのでしょうか?

順を追って説明していきましょう。

妊娠中にとくに弱ってしまう腹筋

妊娠中にお腹が大きく膨らんでしまうことによって、まさに「引き延ばされてしまう」腹筋群。

引き延ばされた腹筋群は否応無しに弱ってしまいます。

妊娠後期にも入ると、もはや腹筋を使って身体を支えることもままならなくなってしまう状態に。

腹筋が弱化すると

後期の妊婦さん特有の立ち方である「反り腰」。

弱い腹筋で骨盤を支え切れずに、骨盤が「前傾過剰」になってしまっている状態。

いわゆる腹筋がきちんと使えていない立ち方です。

妊婦さんは、おのずと膨らんだお腹を前に「突き出して」バランスをとってしまう関係で、背中からお尻、さらには太もも裏ふくらはぎににかけての筋肉が硬直しがちになってしまいます。

硬くなってしまった筋肉は、当然使いづらい状態になります。

よって、お尻の筋肉も弱ってしまい「お尻が下がった」状態に。

さらにはお尻の筋肉の弱化のせいで股関節が「内股」に誘導されてしまいます。

いわゆる「骨盤の開き」の正体とは

実は、この「内股」こそが「骨盤の開き」の正体。

参考までに。

イラストのように大腿骨(太ももの骨)の付け根部分が外側にせり出してしまうのです。

つまりは骨盤が開くというよりは、内股によって大腿骨の付け根が外側にせり出してしまっているのです。

このせいでお尻の形も横に大きく広がったように見えてしまうわけなんです。

 

そう。

つまり「骨盤の開き」の正体とは、腹筋群の弱化によって誘導される「反り腰」による股関節の変位(内股)だったのです。

さらに補足すると「骨盤が広がったわけではなく、内股によって大腿骨の付け根が外側にせりだした状態」ということ。

だから「骨盤が開く」というよりは、「骨格の変化」といったほうが正しい表現かと当院では考えます。

反り腰が招く弊害

一般に「反り腰」と呼ばれる立ち方をとるようになると、どのような弊害があるのでしょうか?

股関節の内股以外にも、マイナス要素がたくさんあるのです。

脚が太くなる

簡単にいうと「踏ん張って」立ってしまっている姿勢なので、まず余計な筋肉が発達してしまいます。

そして疲れて固くなった筋肉が血流を阻害してしまう関係で、今度は「むくみ」や「冷え」といった症状も呼び込んでしまうのです。

さらには、固くなってしまった筋肉が局所的な代謝の低下を招いた結果、脂肪をまといやすくなるという最悪なことに。

臓器が下垂する

反り腰は内臓の状態にも影響します。

まず骨盤が前傾してしまうことによって、骨盤内にある臓器は前へ流れてしまいます。

当然、弱ってしまっている腹筋がこれを支えきれるはずがありません。

これが下腹がポッコリしてしまう原因。

そもそも妊娠中に大きく成長した子宮によって、本来の位置から大きくずらされていた他の臓器。

結果、下垂してしまった臓器に本来の働きは期待出来ようもありません。

出産後に便秘で悩む方が多い訳です。

産後に崩してしまったボディラインを改善させるには

多くのママさんたちが出産後に抱えてしまいがちなボディラインの悩み。

あせってしまう気持ちも分かります。

しかし、いきなり無理なトレーニングを始めてしまうと却って状態を悪化させることもあるから注意が必要です。

まずは出産後の骨盤の状態にあわせて、正しいメニューを組むことが大切。

 

きちんと出産のダメージを回復させてから。

必要であれば、その後に筋力トレーニングをするのが正しい対処の仕方。

 

野田カイログループには、10年以上にわたって臨床で積み上げてきた「産前産後のケア」のノウハウがあります。

これが他の治療院との決定的な違い。

その悩み。

どうぞ私たちと一緒に解決しませんか?

Pocket

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6279-9746 平 日:10:00〜20:00
土 日:10:00〜18:00
定休日:祝祭日  

Calendar 赤い日がお休みです

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Uu6YubAKhKLiGYq1476788000_1476788256
託児所のご案内
荻窪人
スタッフブログ
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.