Pocket

 

皆さん、こんにちは。

 

野田カイロプラクティックセンター荻窪院 施術スタッフの小林です。

 

今回、皆さんにお伝えしたいテーマはこちらです。

 

『自律神経』

 

涼しくなってきて過ごしやすい時期になりましたが

この季節は台風や寒暖差や天気の変動で体調を崩しやすくなります。

(前回の「天気痛&気象病」と一緒ですね、気になる方はこちらを)

そんな時に重要なのが今回のテーマの『自律神経』です。

 

自律神経とは

自律神経とは心臓や内臓などの臓器を動かす、血液を流す、食べ物を消化、汗をかいたりと

自分では操作出来ないことを無意識に働かせる神経のことです。

そしてこの自律神経には交感神経と副交感神経と2つの種類があります。

 

交感神経と副交感神経

交感神経とは心身の活動を活発にする神経で、明るい時間帯に働きやすいです。

この交感神経が優位になると心臓の拍動が早くなったり、血圧を上昇させます。

 

副交感神経とは心身の活動を安静させる神経で、暗い時間帯に働きます。

副交感神経が優位になると心臓の拍動がゆっくりになり、気持ちや身体を落ち着かせます。

 

この2つの神経がバランス良く整う事により身体の状態が良い方向へ向かいます。

 

しかし、気温の変化が激しくなると自律神経が乱れやすくなります。

理由は夏は熱を逃がすために血管を広げてしまう副交感神経が優位に、

冬は熱を逃がさないために血管を縮めてしまう交感神経が優位になります。

 

そして秋は寒暖差が激しく交感神経、副交感神経の転換が増し、

自律神経を使いすぎてしまうため、乱れが起きてしまいます。

 

前回紹介しました『天気痛&気象病』の時にも書きましたが

天候や気圧の変化でストレスが感じやすくなり、交感神経が活発に活動してしまいます。

 

また仕事や日常生活でもストレスがあると交感神経が優位に働くので自律神経が乱れ、

男性なら30代、女性なら40代から副交感神経の働きが低下し、

ストレスが溜まりやすくなります。

 

 

自律神経の改善方法

では改善させるためにはどうすれば良いか。

一般論ではストレスを発散させるために遊んだり、趣味に没頭することがまず挙げられますが

稀に自分では楽しいことをしているつもりでも

実際にはストレスを感じていて自覚がないのに自律神経が乱れている場合もあります。

すると全身の倦怠感、疲れがとれない、不眠、頭痛、肩こり、めまいなどの症状も現れ、

うつ病や自律神経失調症になる恐れも。

 

 

とくに近年、自律神経で注意していただきたいのは「睡眠」です。

本来、眠る時は身体を休める副交感神経が活動するはずが

ストレスが多い生活(仕事、家事、育児、対人関係など)を過ごしていると

交感神経が活発になる状態が続き本人はしっかり寝ているつもりでも

質の良い睡眠が取れない可能性も。

 

では質の良い睡眠を取るためにどうすれば良いかと言いうと、まずは『お風呂に入る』事。

できれば就寝する2時間前に入ることが理想的です。

お湯の温度もぬるま湯でゆっっくり浸かれれば尚良いでしょう。

その後はヨガやストレッチを行い、筋肉をより柔らかくしてから就寝したいですが

寝る前に音楽を聴くこともオススメします。

この時にも副交感神経が優位になります。

ポイントは気持ち良く身体がほぐれていることを実感することです。

不快に感じてしまったら止めましょう。

 

音楽もお気に入りの曲を聴くよりか、昔懐かしの曲や同じフレーズを繰り返す曲、

一定のリズムの曲などが自律神経に効果的です。

好きな曲を聴いてしまうと興奮してしまい、脳も身体も休まりづらくなります。

 

また休日の過ごし方も大切です。

休みの日だからと言って終日ダラダラ過ごしてしまうと副交感神経が上がりすぎてしまい、

翌日の仕事が辛くなってしまいます。

そこで運動をおこなうことが効果的ですが中には運動が苦手な人もいらっしゃるとおもいますので

そんな方にはお手軽な『散歩』がおススメです。

 

五感を刺激してくれて(歩くだけで様々な情報が視覚、聴覚、嗅覚などを通して脳に伝達します)

適度に交感神経を活性化してくれます。

外出する場合も早めの帰宅を心がけたいですね、

帰りが遅くなるとせっかくバランスが良くなってきた自律神経が

時間に追われ乱れてしまいますのでご注意を。

 

いかがでしたか?刺激ある生活も魅力的ですが今一度生活習慣を改めてみるのも

身体のためにも良いですよ♪

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

アラウンドバース・メソッドによる体系的な産前産後のケアといえば野田カイロ。

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

button_kariyoyaku_ogikubo

Pocket