Pocket

こんにちは、荻窪院スタッフの井関です。

当院は託児所付き整体院という事もあり、赤ちゃん連れの患者さまが多く来院されます。
それに伴い、施術中の会話でも赤ちゃんの話題も多く、育児などの悩みなど赤ちゃん話が尽きません。

自分自身にも3歳になる息子がいるので、赤ちゃん話は弾み、その結果色々と赤ちゃんの事に詳しくもなっていきます(笑)

せっかくの託児所付き整体院で赤ちゃん連れの方も多いので、これからはちょくちょく赤ちゃんネタを書いていきたいと思います。

赤ちゃんの泣き、あれこれ

まず今回のテーマは赤ちゃんの『泣いた時』をテーマに書いていきます。

赤ちゃんが泣く理由として、要求を伝える手段として泣くことが一番多いです。

例えば、お腹が空いた、抱っこして欲しい、オムツ交換要求など(他には眠い時や気圧の変化で泣く事も!)

さて、そんな赤ちゃんの『泣き』ですが、一番大変なのがご飯でもオムツ交換でもなく、ひたすら抱っこの時ですよね(汗)

しばらく抱っこでゆらしていると安心して、次第に眠っていく・・・。

ただ眠ったと思って揺するのをやめたり、布団に置こうとしたらたちまちギャン泣きということは皆さんもご経験があるのではないでしょうか?布団に置いた瞬間に泣くのを何回か繰り返していると「この子、背中に泣きスイッチがあるんじゃない(笑)」なんて言われる方も多々います。自分もそう思ったことが何度あることか(笑)

揺らすと泣き止むのは動物としての本能!?

赤ちゃんが抱っこで揺らすと落ち着くのには訳があり、それは哺乳類として本能的に備わっているもので、皆さんも一度は街中やテレビなどで猫が子供をくわえて運んでいるのを見たことがあるのではなでしょうか?

子猫は親猫に運ばれている時に暴れたりすると親は運びにくくなったり、最悪落とされてしまうという事になるので、本能的におとなしくし、更には親が運びやすくするために身体を丸めています。

これを『輸送反応』といいます。

この輸送反応は哺乳類、つまり人間の赤ちゃんにも備わっており、抱っこをして歩いたり、スクワットなのでリズムをとったりすると泣き止むという行動をとります。(抱っこだけでなく、ベビーカーでの移動時や、電車・バスなどに乗った時も動いている時は大人しく、止まった瞬間にまた泣き出すというのもよくありますよね)

このように抱っこで揺すると泣き止むのですが、ただずっと抱っこで揺すったり、スクワットもきつくなってきます。

しかも何故か椅子に座ってゆらしても赤ちゃんにとってはリズムが悪いのか、すぐばれて泣いてしまう・・・。

色んな方が大変な思いをするこの時期、少しでも楽が出来ないかと思われている方も多いのではないでしょうか?

そこで過去、色んな方の話を聞いてきた中での対処法として一番多かったのが、抱っこ自体はするのですが、立ちっぱなしが辛い時に少しでも楽する方法としてストレッチボール

ストレッチボールは弾力があるので、座ってもリズムがあり赤ちゃんが気付きにくいのかもしれません。

立ち抱っこに疲れた時は、もし家にあるのであれば一度試してみてもいいのではないでしょうか。

 

その他にも泣いた時におすすめなのが『音』と『外』

音といっても色々ありますが、赤ちゃんが泣いた時に効果があると言われているのが、水の流れる音や、ドライヤーの風の音、ビニール袋のカシャカシャ音などが良く効くと色んな方から耳にします。

我が子が0歳の時は、スマホのアプリで赤ちゃんが泣き止む音シリーズのアプリがあり、そのうちの一つがお気に入りで、よく助けられた記憶があります。

ドライヤーや水道の流れる音を聞くと落ち着く理由として、赤ちゃんがママのお腹の中にいた環境に近いからだと言う説があります。音が血流の流れの音ににているようで、お腹の中にいた安心感を思い出すのでしょうね。

また夕方頃になると泣き出す『黄昏泣き』の時は外にでると泣き止むことが多いですよ。黄昏泣きは夕方とは限らず、夜に泣く子もいるので、なにをやっても泣き止まない時は一度外の風にあたるのもいいかもしれません。

赤ちゃんがなかなか泣きやんでくれないと、本当に心身ともに辛いですが、色んな工夫で少しでも和らげれるといいですよね。

 

まだまだ色んな泣き止ませ方があるのでしょうが、自分が経験してきたことと、色んな親御さんから聞いた中で一番良く耳にしたことを今回は記事にしました。少しでも育児パパ&ママの参考になれればと思います。

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

アラウンドバース・メソッドによる体系的な産前産後のケアといえば野田カイロ。

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

button_kariyoyaku_ogikubo

Pocket