Pocket

産後の腰痛に悩む女性

 

 

 

出産後に腰痛を抱えてしまうママさんって、多いですよね。

腰痛のみならず、「お腹がたるんだような状態」が残ってしまったり、なんだか「猫背気味」になってしっまたり…。

 

これって骨盤が開いたから?

 

本当にそうなのでしょうか?

少なくとも産後の腰痛の原因と、「姿勢変化」には密接な関係がありそうですね。

では、いったい妊娠出産で女性の身体にはどんな変化が起こるのか説明していきましょう?

 

 

妊娠中から産後にかけて身体に起こる変化

 

臨月に入った妊婦

 

「反り腰」によって引き起こされる「内股」

 

妊娠されて臨月も近づく時期にもなると、大きく膨らんだお腹を「前に突き出して」バランスをとらざるを得なくなります。

いわゆる「反り腰」と呼ばれる立ち姿勢です。

腰を大きく反らしてしまう関係で、「背筋が伸ばせない」つまりは猫背気味の姿勢を余儀なくされてしまいます。

これによって背骨の「S字のカーブ」が急カーブを描いてしまう訳なんですね。

さらには、「反り腰」によって骨盤の前傾が強くなり、股関節が「内股」に捻られてしまいます。

これを「股関節の内旋」といいます。

 

「骨盤の開き」の正体

さらには股関節が内旋することによって、太ももの骨の付け根の突起部分(大転子といいます)が本来の位置よりも外側にせり出してきます。

 

骨盤について

実は、これが産後にお尻が大きく見えてしまう本当の原因。

つまりは、「反り腰」により引き起こされた「股関節の内旋」によって、「大転子」が横にせり出してしまった状態なのです。

だから厳密にいうと「骨盤が広がった」のではなく、「股関節が広がった」と言ったほうが正確な表現でしょうか。

 

膨らんだお腹によってダメージを受ける腹筋群

 

いっぽう大きく膨らんだお腹によって引き延ばされてしまう腹筋群。

腹直筋といったアウターマッスルのみならず、腹横筋内・外腹斜筋骨盤底筋群といったインナーマッスルまでも大きなダメージを負ってしまいます。

実は、腹横筋、骨盤底筋群といった腹部のインナーマッスルは、横隔膜多裂筋といった他のインナーマッスルと協調して「インナーユニット」というものを構成します。

これは、ひと言で簡単にいうと構造的に肋骨の存在しない腹部を支える筋肉のボックス。

腹部が潰されないように筋肉のボックスが腰部を支えてくれているわけなんですね。

これを「腹圧」と呼びます。

この「腹圧」の存在のおかげで、背骨の腰椎の負担がだいぶ軽減出来るのですね。

 

その他、構造的な負担

さらには「反り腰」によって構造的に股関節を支える筋肉にも大きな負担が掛かってきます。

腰部を支える筋肉はもちろんのこと、内股(うちもも)のや臀部(お尻)の筋肉も固くなってしまうのです。

例えば臨月に入った妊婦の独特の「スリッパ歩き」がそう。

お尻の筋肉がもはや使えないから、足が上がらない訳なのです。

仰向けで寝ると腰が痛いタイプの方は、反り腰が原因であることが多いようです。

 

もう一つがリラキシンというホルモンの存在。

出産に備えて、妊娠中からすでに骨盤の結合部がリラキシンによって柔らかくなってきます。

要は、骨盤が妊娠中からグラグラの状態になる訳です。

この不安定なユニットを腰部をはじめ臀部(お尻)の筋肉なんかが靭帯に代わって支えることになるのです。

腰部も臀部も疲れて固くなってしまう訳ですね。

 

 

産後の腰痛の正体は

 

ここまで説明すると、勘の良い方にはもうおわかりでしょうか。

産後の腰痛の本当の原因とは、妊娠によって大きく膨らんだ腹部やリラキシンによって引き起こされた、いわば「構造的な負担」と「ダメージを負ってしまったインナーマッスル」にあったのです。

そこに日々繰り返される抱っこなどの生活習慣による負担があいまって腰痛が出現するのですね。

 

よく巷では、「骨盤が開いているから腰痛になる」といったようなことを喧伝している治療院も散見します。

「骨盤を締めれば腰痛も改善する」ようなことをうたっていることがほとんどのようですが、実際に「骨盤が締まったこと」が「腰痛が改善したこと」につながるまでの治効機序がきちんと説明されていないですよね。

 

出産したら観念的に「骨盤が開く」と考えられがちです。

しかし、現実的には「骨盤は開きようがない」のです。

解剖学を少しでも履修したことのある人なら、すぐにわかることです。

 

当院でも便宜上、「反り腰」の状態を「骨盤が開いた状態」と説明することもあります

しかし、おいおい患者さんの理解が深まってきたタイミングで「骨盤が開いたわけではない」旨は説明しています。

 

HP上で安直に大々的に「産後の腰痛の原因は、骨盤の開きにあり」とうたっているところは一度疑ってみるべきかも。

産後のケアについては、やはりきちんとしたノウハウがある専門院でお受けになることをお勧めします。

 

記事担当 三橋

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

アラウンドバース・メソッドによる体系的な産前産後のケアといえば野田カイロ。

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

button_kariyoyaku_ogikubo

Pocket