Pocket

こんにちは!伊東です

赤ちゃんをあやすママ

娘が1歳を迎えました!本当にあっという間の1年でした。

1人目の長男の時は1日1日が長くて、早く大きく成長して欲しいと思う時期もありました。なので1歳を迎えた時は感慨深く感じました〜

娘が産まれてからは毎日が駆け足で過ぎ去り、赤ちゃんの今を目に焼き付けなきゃと必死です!しかし娘はどんどん成長して私の心が追いつかない…笑

ちょぴり寂しいとても嬉しい1歳のお誕生日でした♪

さて、1歳の娘ですが現在も夜中に2回ほど夜泣きをします。もともと泣き声の大きな子なので隣で眠る長男を起こさないように、泣き始めるとパッと目を覚まして授乳するようにしています。これからの時期は寒くて辛いですよね〜

さて、この赤ちゃんの泣き声、男女によって聞こえ方に違いがあるそうです…

はい。思い当たります!

長男が赤ちゃんの時、夜中2時間おきに大きな声で泣き、主人は明日も仕事なのに起こしちゃいけないとヒヤヒヤしていたのですが翌朝、泣き声凄かったねーと聞いてみると

「聞こえなかったよ」

ズコー!!それは凄いね良かったね。棒読みです。なんて幸せなお耳の持ち主なんでしょうかね…

しかしこれは、我が家の問題ではなく男女の聞こえの違いだったのです。

昔から女性は子どもを守る本能、男性は一点集中狩りをして家族を守る本能が備わっているそうです。

同時にいくつもの事をこなせるのが女性だそうです。子育てながら家事をこなせるということですね♪これがなかなか心身ともにクタクタになりますけどね…

ある企業が睡眠中に脳が反応する音を男女ともに研究をした結果、女性は『赤ちゃんの泣き声』が1位、男性は『車のクラクション』が1位で赤ちゃんの泣き声は10位以下という研究結果だったそうです。女性は子どもがいる/いないに関わらず赤ちゃんの泣き声に反応がみられたそうです!

本能というのであれば仕方ないですね…でも、この結果に男性っていいなーとは思いませんでした。小さい我が子が夜中ひとり助けを求めて泣いているのに気付けないなんてことはしたくない!

夜泣きはずっと続くことはないけれど、24時間続く子育てに家に居る時ぐらいは言わなくても自然と協力して欲しいものです。女性と男性はどうやら脳の構造が違うようなので、お互いのためにもきちんと言葉で伝えないといけないですね!

私は食事よりも睡眠が大切なので!!ちょっとしんどいなーと思う時は、主人を起こすことにしています 笑

 

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

アラウンドバース・メソッドによる体系的な産前産後のケアといえば野田カイロ。

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

button_kariyoyaku_ogikubo

Pocket