Pocket

カフェでくつろぐ女性

 

巷でよく耳にする、「コーヒーを飲む習慣はとても身体に良い」という話。

 

でも、一方では

「コーヒーは、健康に良くない」、

「コーヒーを飲むとビタミンCが破壊されてしまう」

などといった話も聞きます。

酷いと、発ガン性を疑うなんて話も。

 

きっと、カフェインのイメージが良くないからなのでしょう。

果たして、コーヒーは健康の味方なのか?

はたまた飲み過ぎは本当に良くないのか?

この際、ハッキリさせるべくちょっと調べてみました。

 

コーヒーに含まれる成分

 

芳醇な香りを漂わすコーヒー

 

コーヒーとは、はたして我々にとって健康の味方なのか?

まずは、コーヒーに含まれる栄養素から調べてみました。

コーヒーに含まれる栄養素

コーヒーの99%は水分であり、タンパク質や脂質も含まれていますがその量はごく僅か。

むろんコーヒーからは、栄養素の摂取は期待できません。

しかし、裏を返すとほとんど栄養がないのでカロリーの心配をせずに摂取することが出来るのも魅力なのでは。

コーヒーに含まれるさまざまな成分

ご存知、コーヒーには多量のカフェインが含まれています。

その他、ポリフェノール、トリゴネリン、クロロゲン酸、ニコチン酸(ナイアシン)、タンニンなどといった、多岐にわたる成分が実は含まれているのです。

とくに最近は、コーヒーポリフェノールによる「抗酸化作用」に注目が集まっているようです。

 

コーヒーのもつ効能

 

コーヒーにはどのような効能が期待できるのでしょうか?

おもな成分であるカフェインのもたらす効果をざっと挙げてみましょう。

①脳を覚醒させる作用により、眠気や疲労感を取り除き、集中力や思考力を高める

②胃液の分泌を促進させ、消化を助ける

③血管拡張作用により腎臓機能が刺激され利尿作用が促進されデトックス効果も

④胃腸の働きも良くするので、便秘解消も

⑤中枢神経に働きかけ、呼吸機能や運動機能を高める

⑥心臓の収縮力を高めることによる「強心作用」、これによる低血圧の一時的な改善効果

 

その他、カフェイン以外の成分による効果も

①クロロゲン酸による抗酸化作用による美肌効果、および発ガンの予防効果

②ニコチン酸による、コレステロール値の低下作用と動脈硬化の予防作用

③フラン類による口臭予防効果

④香りによるリラックス効果

なんだか、良いことだらけですね。

でも、だからといって摂り過ぎても駄目なのは本当なのです。

 

カフェインの過剰摂取は良くない

 

とはいっても、カフェインに強心作用がある以上は、摂り過ぎると弊害が出てくるのもまた事実。

いっときエナジードリンクの飲み過ぎによる死亡事故も取り沙汰されましたね。

 

それでは、1日に何杯くらい飲むのが理想なのでしょう?

欧州食品安全機関(EFSA)が、成人が1日に摂取しても体に影響がないとみられるカフェインの最大摂取量を設定しています。

これによると、成人で1日400mg、子供(体重30kgとして)で90mgとあります。

わかりやすくコーヒー1杯150mlで換算してみると、大人で5杯まで、子供は1杯までとなります。

 

ちなみに妊婦さんと授乳中の方は、どちらも1日に200mgまで。

おなじく1日に3杯あたりまでが目安となりましょうか。

 

コーヒーにまつわる良くない噂

 

それでは、昔から云われて来たコーヒーにまつわる都市伝説的な噂について検証していきましょう。

コーヒーを飲むと発ガンする?

 

実は、高温で焙煎することにより発ガン性物質である、「アクリルアミド」という化学物質が生成されてしまいます。

そのことによりコーヒーの発ガン性についてさんざん論議されてきましたが、世界保健機構(WHO)の外部機関による調査の結果、正式に発ガン性が認められないことが確認されたようです。

それどころか、発ガンを抑制する働きが期待出来るのだとか。

つまりは、コーヒーでガンになりやすいというのはウソ。

 

コーヒーを飲み過ぎると色黒になってしまう?

 

これについては、論じるまでもありませんね。

さきほどコーヒーの利尿作用による「デトックス効果」を述べたことで充分ではないでしょうか?

おまけに便秘解消効果と抗酸化作用のダブルアタックで、毒素をきちんと排出してくれるはず。

これで美肌の邪魔になってしまう方がおかしな話ですね。

なので、「コーヒーを飲み過ぎると色黒になってしまう」という噂もウソ。

 

コーヒーがビタミンCを破壊してしまう?

 

コーヒーがそもそも嗜好食品である以上は、どうしてもついてまわる噂が他の栄養素の破壊。

タバコなんかと同列に扱われていた時期もあるのでしょうか?

よく云われるのが、「コーヒーを飲むとビタミンCが破壊されてしまう」という噂。

しかし、その事実を証明する論文は見当たりません。

それどころか、長野短期大学による「コーヒーの中のビタミンCの安定性」という論文によると、コーヒーのなかでもビタミンCの安定性にはなんら変化を確認できなかったようですね。

熱いコーヒーであっても、砂糖入りのコーヒーであってもだそうです。

 

おそらくはは、コーヒーによる利尿作用によってビタミンCが流れてしまうといった部分が一人歩きしてしまったのでしょうか。

でも、実際に流れていってしまうのは、余分なビタミンCなだけのようです。ご安心を。

つまり、「コーヒーを飲むとビタミンCが破壊されてしまう」という噂もウソ。

 

コーヒーの害

 

そんな良いことずくめのコーヒですが、やはり害もあるのは事実なんです。

ざっと挙げると、こんなところでしょうか。

①コーヒーに含まれるタンニンという成分が鉄分の吸収を阻害する

②胃液の分泌を促進するため、消化性胃潰瘍を悪化させる

③カフェインに対する耐性に個人差があるので、不眠には注意

 

最後に

 

やはり昔から飲まれ続けてきたものには、それなりに理由があるようです。

先人たちは、ひょっとしたら健康上のメリットも感じていたのかも知れませんね。

しかし、そこは嗜好食品であることもお忘れなく。

カフェインには致死量もあるくらいなので、過剰摂取は、確実にデメリットも生みます。

またカフェインに対する感受性も個人差がある点にも注意が必要。

 

それと、最後に念を押しとくとここで論じて来たコーヒーとは、添加物が含まれていない良質なコーヒーであることが前提です。

なので、粗悪な缶コーヒーなどは言うに及ばずです。

一般的な缶コーヒーには、保存料や安定剤といった添加物が多く含まれている場合があるので、あまりオススメは出来ませんよ。

 

 

記事担当 三橋

 

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

アラウンドバース・メソッドによる体系的な産前産後のケアといえば野田カイロ。

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

button_kariyoyaku_ogikubo

Pocket