Pocket

赤ちゃんのおすわり

 

育児に奔走されているママさん達へ。

今回は、大人の体についてではなく、赤ちゃんの体についての話なんです。

近頃、患者さんに質問されることの多い、赤ちゃんの「背骨の成長」についてお話しさせていただこうかと思います。

 

首がすわる時期」、それと「腰がすわる時期」それぞれに背骨にはいったいどのような変化が起きているのでしょうか?

 

赤ちゃんの背中って、大人と違い丸いけど大丈夫なの?

 

赤ちゃんって、座らせると「お大福」みたいになって可愛いもんですよね。

でも、お母さんたちは果たしてそれが正常なのか心配だったりするのです。

 

みなさん、よくよく考えてみると、これ意外と知らない部分なのではないでしょうか。

 

生まれて間もない赤ちゃんの背骨はCカーブ

 

男性と女性の背骨のS字のカーブ

 

実は大人と違い、赤ちゃんの背骨って最初生まれて間もない頃はC字カーブなんですね。(※大人の背骨はS字カーブです)

横から見ると、たしかに赤ちゃんの背中って丸まっていますよね。

まだお母さんのお腹の中で羊水に浮かんでいた頃は、たしかにC字カーブでも大丈夫だったんです。

 

でも、C字カーブのままだと、立ったり座ったりした時に上手に自分の身体を支えられないのですね。

生後間もない頃は、赤ちゃんは、ほとんどの時間を眠って過ごすので、C字カーブのほうが物理的に有利なのですが。

だから、赤ちゃんの背骨は、段階を踏んで大人の背骨と同じように「S字カーブ」に変化していくことになるのです。

大人は背骨がS字カーブを描いているおかげで、うまく体重を分散して支えることが出来る訳なのです。

 

赤ちゃんの首がすわり始める時期)

 

まだ首のすわらない赤ちゃん

 

生後だいたい3か月くらいで、赤ちゃんの首はしっかりとすわってきます。

いろいろな物に興味や関心を持ち始め、自分の向きたい方へ首を動かすようになると首の筋肉や骨が発達し始めるのですね。

このとき同時に背骨には、こんな変化も起きているのです。

 

重い頭を支えるにあたって背骨の首の部分に負担をかけないようにするため、いわゆる「背骨の首のカーブ」が出現し始める。

 

この時期、赤ちゃんも大人と同じように、頭の重さを分散させるために本能的に首の部分に前カーブを作り始めるのですね。

 

 

赤ちゃんの腰がすわり始める時期

 

生後6か月にさしかかる頃、今度は腰がすわり始めます。

そうです。

今度は、「背骨の腰のカーブ」が出来始めてくるのです。

そして、段階的に「お座り」が出来るようになっていきます。

 

最初は、手を使いながらも、「ほんの少しの間だけ」座って体を支えられる状態。

さらには、背中を丸めることなく座っていられるようになり、生後8か月頃にはもう両手を自由に使っていても、安定して「お座り」していられる状態になります。

(※赤ちゃんの成長にはもちろん個人差があります)

 

しかし、安定して座っていられるようになったからといって、実はまだ完全には背骨の「S字カーブ」が完成したわけではありません。

ハイハイや一人歩きの練習などを重ねて筋肉と神経をうまく協調出来るようになってきて、はじめて安定して座っても立っても体を支えられるようになるのです。

完全にS字のカーブが完成するのは、なんと13歳頃なのだそうです。

それまで心身の成長とともに、徐々に背骨の生理的湾曲(S字カーブ)を変化させていくわけなのですね。

 

「腰がすわった」といっても、くれぐれも、まだ1歳に満たないこの時期に長い時間座らせ続けないほうが良いのですよ。

 

赤ちゃんの発育の流れ

 

首がすわって、次に腰がすわっていきます。

そして、「ずりばい」から「ハイハイ」に。

やがては「つかまり立ち」を経て、歩き出し始めるのです。

 

このように赤ちゃんの発育というのは、「頭から手足の末端へ」という流れで進むそうです。

成長していくなかで「出来る動作」が増えていくことによって、はじめて骨格の成長が促されるそうなんですね。

骨格が成長すれば、また新たな動作が出来るようになります。

つまりは、「今出来る動作」が「次に出来る動作」のための準備ということにもなるのです。

 

正常な発育のためには、赤ちゃんのうちから多くのことに興味を引かせてあげて、「動く」という経験を多く積ませることが大事なのですね。

そのことによって、はじめて筋肉と骨格が正しく成長をしていき、大人の背骨のように「S字カーブ」に近づいていく訳なのです。

 

最後に

 

こうして親の愛情とともに赤ちゃんは様々な経験を重ねることによって、背骨が正しく発育していくものなのです。

しかし、成長する上で「そういった大切な時期」に充分に必要な経験をさせてあげないと、背骨が正しく発育していかないこともあるそうなのです。

近頃は、「猫背」といった正常な「背骨のS字カーブ」を作りきれないお子さまが増えて来ているらしいのです。

将来、大人になって「腰痛」や「肩こり」でへたに苦しまないよう成長期に適切な運動をさせてあげることが、とても重要なんですね。

 

それと、「腰がすわった」とはいえ、まだ完全に背骨のS字カーブが完成しきれていない乳幼児の時期は、むやみに長く座らせ続けないことも大切。

やはり、育児は正しい知識を持ち合わせることが、とても重要なのですね。

 

記事担当 三橋

 

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

アラウンドバース・メソッドによる体系的な産前産後のケアといえば野田カイロ。

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

button_kariyoyaku_ogikubo

Pocket