Pocket

産後に向けて筋力強化に励む女性

 

妊娠すると女性の身体というものは、段階的に骨格に大きな変化を起こしてゆくもの。

もちろん骨格の変化だけでなく、それは筋肉にも。

妊娠初期から、もう身体は出産に備えて準備を始めだすのですね。

だから早めの対策が有効なのです。

快適なマタニティライフを送ることはもちろん、出産後のスタートラインも有利に。

さらには産後の体型戻しにも差をつけることにもなるのです。

 

妊娠初期に骨格には早くも変化が

 

思ったよりも早く妊娠による影響が身体を変化させてしまうものなのです。

それは安定期に入る前に実はもう始まり出すのです。

リラキシンによる影響

まだ、お腹がふくらみかけてもない妊娠初期に、母体は早くもリラキシンとよばれるホルモンの影響にさらされ始めます。

このリラキシンの働きにより関節を支える靭帯が弛み、骨盤がグラグラになっていく訳です。

人によっては、かなり早い時期に恥骨痛などを訴えることがあるのは、このため。

以降、中盤から臨月にかけて骨格(姿勢)変化がさらに大きく進み、特定の筋肉に大きな負担が掛かってくるのです。

動けるうちに筋肉を強くすることが大切

そこで、まだ十分に動ける妊娠初期の段階から、弱ってしまいがちな筋肉を先回りして鍛えておくという手があります。

おそらくは、同じような趣旨で産科医からは、歩くことを勧められるはず。

もちろん、当院でも歩くことは推奨します。

それは、妊娠後期と出産後を出来るだけ良い状態で迎えるため。

でも、ただ歩くだけではなく、野田カイロのメソッドがあれば、もう一歩上級な準備が出来ようもの。

 

産後ケアでいちばん重要となってくる骨盤底筋

 

妊娠中盤以降にとりわけ大きな負荷が掛かってしまう筋肉の代表格は、なんといっても骨盤底筋

臨月ともなると、胎盤を含めて合わせて10キロ近くにもなる子宮を下から支え続ける筋肉。

さらに出産時にも、胎児が通過するときに大きなダメージを負ってしまいがち。

産後は、骨盤底筋が弱ってしまったがために、尿もれだけでなく腰痛なども誘発しやすくなってしまうのです。

まさに産後の身体を考えると、いちばんキーマンとなってくる筋肉。

この骨盤底筋をもし妊娠初期の段階から鍛えられれば、産後にかなり良いスタートラインに立てるはず。

産後ケアのカギは骨盤底筋にアリといっても過言ではないでしょう。

 

股関節まわりの筋肉を鍛える

 

妊娠中期から後期にかけては、大きく成長したお腹に引っ張られるかたちで腰が徐々に反り返ってきます。

いわゆる反り腰とよばれる姿勢です。

その結果、股関節のバランスに大きな変化が生じ、支える筋肉にも相当なストレスが掛かってくることに。

おもに内腿(うちもも)の筋肉と、お尻の筋肉のふたつ。

とくに内腿の筋肉は、出産時いきむのにも使う重要な筋肉。

鍛えておかない手はないですね。

一般的には、妊娠出産という一連の流れで、とりわけ大きく弱らせてしまう筋肉なのです。

 

それと、先に言っておきます。

ここのダメージを最小限に抑えることができれば、産後の基礎代謝に大きく貢献してくれることに。

もちろん腰痛などのリスク軽減にも繋がります。

 

妊娠中に筋肉を鍛えるにあたって気を付けること

 

出産に備えてエクササイズする女性

 

それでは、マタニティ期に筋肉を鍛えるにあたって注意すべきことを押さえておきましょう。

妊娠期に応じて、むやみやたらに鍛えないこと

マタニティ期における筋肉強化のコツは、あくまでも無理をしないこと。

たとえば歩くことに関して言えば、妊娠初期の方と臨月近い方とでは、歩くべき距離も変わってこようもの。

臨月近い方がやたらに長い時間歩くのは、却って筋肉のトラブルを招きかねません。

だから妊娠初期の段階でいわば筋肉の貯金を作るべく、積極的に歩くべきなのです。

後期に入ったら、もう鍛えるというよりは作った貯金を減らさないことに力点を置くべきなのですね。

妊婦さんは血圧にも注意が必要

それと、妊婦さんは心臓の負担にも十分に考慮するべき。

ふたつの命をひとつの心臓で支えている訳ですから。

もし血圧が高めなのであれば、産科の先生に十分に相談されてみてください。

 

産前産後ケアの専門院だからこそ出来ること

 

鍛えるにあたって大切なことは、生活の中で無理なく実践出来ること。

特別に時間を割いて、スポーツジムに通わなければ実行できないものであるのなら、それは現実的ではありませんよね。

歩くことはもちろん、日常の生活のなかで「ついでで出来るもの」であれば理想です。

もちろん、野田カイロでは、そういったエクササイズ等を「マタニティ整体コース」では、提案させて頂いております。

さらには「産後の骨盤矯正コース」でも、そのまま同じかたちでお使い頂ける万能エクササイズですので、2度おいしい訳なのです。

 

快適なマタニティライフのためであるのはもちろん、

産後のスタートラインで有利に立つためにも。

 

野田カイロの産前産後ケアに、どうぞご期待ください!!

 

 

記事担当 三橋

 

 

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

アラウンドバース・メソッドによる体系的な産前産後のケアといえば野田カイロ。

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

button_kariyoyaku_ogikubo

 

Pocket