Pocket

 

こんにちは、荻窪院スタッフの井関です。

今回は足裏の痛みについて書いていきます。

足裏の痛みには色々な原因がありますが、ここでは一般的に多い症状を見ていきます。

土踏まずの痛み

土踏まずのあたりに痛みが出た場合に疑うものとして、足底筋膜炎が考えられます。

足底筋膜炎とは、踵から足指の付け根にかけてある筋膜(腱膜)で、足には縦アーチがあり、弓で例えると弦の部分になります。

足底筋膜炎になる原因としては、長時間の歩行や、高い所から飛び降りた時などによって、筋膜が傷つき炎症を起こします。

ただ長時間の歩行が直接的な原因というよりは、底が柔らかい靴や、サイズが自分に合っていない靴での長時間の歩行が、足底に大きな負担をあたえ、その結果、炎症するという見方が正しいです。

また足底筋膜炎になりやすい方としては、扁平足の人や足首、または足裏の筋肉の硬い人は痛めやすいです。

ただ足底筋膜炎は妊娠中から産後になる方はそこまで多くはなく、他の原因が考えられます。

 

マタニティ期から産後に多い踵付近の痛み

当院で来院される妊婦さんから産後の方で、足裏の痛みを訴える方がおられます。(特に産後の方が多いですね)

踵から足裏に掛けての痛みの場合、考えられる原因としてはふくらはぎであることが多いです。

ふくらはぎにトリガーポイントが出来ることにより、踵から足裏に痛みを飛ばします。

トリガーポイントとは『痛みの引き金』という意味で、筋肉の深層に出来る硬結(こり)部分です。
またトリガーポイントはその部分の痛みだけでなく、関連痛と呼ばれるものを引き起こし、痛みを別の場所に飛ばす事があります。

 

 

ではなぜふくらはぎにトリガーポイントが発生しやすいのかと言うと、それはずばり『立ち方』が一番に考えられます。

妊娠中はお腹が大きくなることにより、重心がつま先にいきます。

そして産後はというと、妊娠中のつま先重心のクセが残った状態で、更に赤ちゃんを抱っこすることにより、腰は迫り出し重心はつま先に乗るために、前に倒れまいとしてふくらはぎに大きな負担がかかってきます。

 

改善するポイントは重心とふくらはぎ

これを改善するためには、まずは立った時の重心を見直す事ですね。

たまに鏡で自分の姿勢を横から見て下さい。
ズボンの縫い目の縦の線を見てまっすぐならいいですが、前に傾いてる場合はつま先重心が疑われますよ。

ただ抱っこの時に踵重心を意識してしようとすると、腰に負担が掛かり、腰痛になる危険性があるので抱っこの時は何も考えず自然な姿勢のままでいて下さい。

大事なのは普段の生活の中でつま先重心にならにように意識する事です。

 

またふくらはぎを弛める事で足裏の痛みが軽減する事もあるので、ふくらはぎのストレッチなども有効です。

簡単なやりかたとしては、階段などの段差につま先を乗せ、踵を落とす事でふくらはぎが伸ばされ、ストレッチされます。

その他にはお風呂に入った時に足首を良く回すのも効果的ですよ。

 

もし自分で立ち方が上手くいってるか分からない場合や、ストレッチの仕方が分からない場合などは、当院でも立ち方の姿勢指導や、正しいふくらはぎのストレッチなども教えていますので、気になる方はお気軽にお問い合わせ下さいね。

 

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

アラウンドバース・メソッドによる体系的な産前産後のケアといえば野田カイロ。

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

button_kariyoyaku_ogikubo

Pocket