Pocket

こんにちは、荻窪院スタッフの井関です。

今回は荻窪に住んでる方、または荻窪を良く利用される方が不便に感じているあの問題を書いていきます。

荻窪の不便なところ

杉並区の中でも荻窪は近年、住みたい街でも人気上昇傾向にあります。

交通の便で見ると、中央線、総武線、東西線とあり、台風や雪で地上の路線が駄目なときは、地下鉄の丸ノ内線もあります。

しかも丸ノ内線は始発とあって、2〜3本待てば、通勤時間帯でも座っていけるという有難さ。

さらには荻窪はバスも北に南にと走っており、世田谷区の千歳烏山に住む私も雨や雪の日は利用させてもらっています。

交通の便だけでなく、荻窪にはルミネやタウンセブンといった施設もあり、買い物にも不自由無く、飲食店も一通り揃っていますし、バッティングセンターやボウリングなどの身体を動かせる施設まであるのは魅力的ですよね。

また荻窪の二駅先には人気の街である吉祥寺があるので、土日や祝日などに、外から人が来ることはあまりなく、ゴミゴミし過ぎないのも荻窪に住む人にとっては良いことですよね。

そんな交通も、日常生活での買い物も便利な荻窪ですが、荻窪を知る大半の方が不便だと感じる部分があります。

当院に来られる患者さんもよく言われる荻窪の不便なところ・・・。

そう、それは!!

駅の北側と南側の行き来の不便さです。

南北の行き来は基本的には駅を通って行くので、徒歩でもスゴく面倒くさいのにベビーカーや車椅子になるとさらに行くのが不便。

 

また自転車になると、地図の赤丸にある青梅街道を阿佐ヶ谷方面にいって行き来するか、それとも西荻方面途中にある線路下の道路を潜ってくるか、はたまた自転車だとかなり不便(途中降りて押さないと行けなく更に狭い)だと聞く、あんさんぶるの地下駐輪場にある地下道(赤い楕円形)を通って行くかになります。

他には南口方面にもコナミスポーツ付近に地下道(青い楕円形)があり、まだこちらの方が広く自転車での行き来は楽かも知れませんがここも少し急な坂を上り下りとなり、自転車やベビーカーなどちょっと不便です。

このように行き来が不便なために、北側に住む住人は北側で用を住ませ、南側に住む方は南側で用を済ませるといった方が多いです。

どちらの住人も行って中央にあるルミネかタウンセブンです(笑)

中野から吉祥寺駅までを見てみると、すべて高架になっており、南北の行き来も楽なのに何故荻窪駅だけが高架になっていないのか?

高架化計画を拒む存在

不思議に思い調べてみると、色んな事情があったようです。

まず荻窪駅を高架化するにあたって、一番の問題となるのが青梅街道で線路の上にまたがる『天沼陸橋』。

中央線の高架化計画で荻窪駅だけがこの問題を解決する事が無く、現在に至っています。

高架化するためには天沼陸橋のさらに上に作るか、もしくは天沼陸橋をさらに高くし、その下に高架を作ることになるのですが、その工事をするとなると莫大な費用が掛かるために、過去何度も計画は練られたものの実現には至りませんでした。

さて、そもそも天沼陸橋はなぜ出来たのでしょうか?

荻窪駅を注目してみると、以前は踏み切りがあったようです。

ということは昔は青梅街道も陸橋ではなく踏み切りで北と南を行き来をしていた事になります。

それがなぜ高架化する前に、車の行き来を優先させる天沼陸橋を通したのでしょうか?

その答えは戦時中にまで遡ります。

天沼陸橋は戦争の副産物!?

荻窪の北側には飛行機工場があり、戦時中という事もあり大量に生産しないくてはいけませんでした。

そこで物資を運ぶために北と南を行き来しないと行けない訳ですが、その当時から中央線は電車の本数が多く、踏み切りで時間を食う事が多かったようです。

時間を食えば食うほど飛行機を作るのが遅れてしまいます。

そこで物資の輸送をスムーズにするため、踏み切りを通らずにすむよう、天沼陸橋を造ったとされています。

このようなかたちで、もともとの計画性はなく、急遽作った陸橋であり、それが今となっては荻窪駅の高架化計画の妨げになる存在になってしまったのですね。

もし戦争がなければ陸橋を作る必要性も無く、他の駅のように高架化され、その下を青梅街道が通るかたちになっていた事でしょう。

駅周辺の再開発のなどの話はちょくちょく出てるようですが、高架化の計画は出てないので、荻窪駅はこれから先もこのままで行くのでしょう。

北と南の行き来は不便ですが、北と南でそれぞれの良さがあり、いつかは不便ながらもそれが荻窪の魅力と言われる時代がくるかも知れませんね。

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

アラウンドバース・メソッドによる体系的な産前産後のケアといえば野田カイロ。

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

button_kariyoyaku_ogikubo

Pocket