Pocket

 

皆さん、こんにちは。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院 施術スタッフの小林です。

 

今回の体に関わるテーマはこちら

『梅雨』

 

 

今年の関東の梅雨明けは早かったですがこの時期ならではのお悩みがあると思います。

体がダルくなる、やる気が起きない、食欲不振、体調不良などなど。

それらがどうして起きてしまうか、具体的に説明していきましょう。

 

梅雨は何故体調を崩しやすいの?

 

人間には自律神経という神経が通っており「交感神経」「副交感神経」と分かれています。

「交感神経」は活動モード、「副交感神経」はリラックスモードの時に優位になり

これらの神経がそれぞれ活躍することによって体調を整えます。

が、梅雨の時期はこの自律神経が乱れやすくなるため体調不良を起きるのです。

 

まず梅雨の時期は雨が降り続きます、すると低気圧になり体に負担がかかる。

体が普段より固くなり肩こりや腰痛を起こしやすくストレスも増します。

ストレスが増すと交感神経が優位になり更に筋肉を萎縮してしまい

血流が悪くなって体の冷えにも繋がってしまう。

冷えは内臓機能も低下させてしまう。

とドンドン状況を悪化させてしまいます。

 

 

ならばリラックスできる副交感神経を優位にしたいですがそれも注意しなければなりません。

梅雨は湿度が高くなり空気中の酸素濃度が晴れの日よりも下がり、

日照時間が少なく日光を浴びないため体が活動に適していないと判断し

自動的に副交感神経が優位になります。

すると体がお休みモードになるため日中にも関わらず心拍数の低下、

体を働かせる意欲も下がってしまいこれが梅雨の時期のダルさになります。

(副交感神経が優位時は消化器系が活発に活動するのですが梅雨の時期は

低下してしまう場合もあるそうです。)

 

本来副交感神経は夕方から夜にかけて体が休まる時間帯に優位になることが望ましいのが

朝から出てしまえば終日ダルさがつきまとってしまうことに。

 

 梅雨の時期はどうすごせばいいの?

 

当たり前のことですが健康的な生活を送ることがベストです。

「食事」「運動」「睡眠」これらの生活の軸になる部分を怠惰にしてはいけません。

梅雨は体の代謝が悪くなるのでむくみやすく、ダルさも出ます。

 

食事で水分の代謝を促す食品を意図的に摂取しましょう。

例えば「カリウム」が含まれているモノがオススメ。

「カリウム」には体の過剰な水分やナトリウムを排出し、血圧を下げたり、

体内の水分を調整し筋肉の神経の動きを正常に保つ効果があります。

(さつまいも、乾燥ひじき、ほうれん草、アボカド、バナナ、キウイなど)

 

運動は室内にこもりやすい時期なのであまり動けないためヨガや整体、カイロなどで

筋肉を有効にほぐすことや入浴でしっかり温まり血行を促進させるといいでしょう。

睡眠はダラダラとるのではなくなるべく決められた時間で規則正しく寝ていただくのがなによりです。

 

まとめ

 

いかがでした?

まだ全国各地、梅雨明けしていない地域もありますので

体調管理をしっかり行い有意義な日々に変えてしまいましょう★

 

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

 

 

アラウンドバース・メソッドによる体系的な産前産後のケアといえば野田カイロ。

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

button_kariyoyaku_ogikubo

Pocket