荻窪駅前3分、無料託児所完備の整体院。産後の骨盤矯正やマタニティ整体などお子様連れでも安心して受けられます!

慢性腰痛(いわゆる腰痛)

Pocket

 

3か月以上にわたって続く腰痛を慢性腰痛といいます。

 

その症状は、「鈍い痛み」や「重だるさ」といった我慢出来る痛みであることが多い反面、ほとんどのケースにおいて自然治癒が期待出来ないといった特徴があります。

いわゆる腰痛といったら、「慢性腰痛」が当てはまるのではないでしょうか。

日本人5人のうち4人は、一生に一度は経験するといわれている、そんな国民病ともいえる「腰痛」について解説していきます。

慢性腰痛の症状はさまざま

 

急性腰痛にともなう「鋭い痛み」に対して、疲労感が先行する「鈍い痛み」が慢性腰痛の一般的な特徴。

「重だるい」、「辛い腰のコリ」、「特定の動作をすると痛む」、「起床時だけ痛む」など。

そのほとんどが疲労感や重さを自覚する程度の腰痛なのですが、まれに著しく日常生活に差し障るほどのケースもあります。

そして、その原因も多岐にわたるのが特徴。

慢性腰痛の原因

 

急性腰痛から慢性腰痛に移行するケースもあれば、いつからか知らないうちに発症しているケースもあります。

その原因も、はっきりしているものと、そうでないものとあります。

非特異的腰痛(原因のはっきりわからない腰痛)

実は、現代医学をもってしても腰痛の85%は原因不明とされています。

こういった原因のはっきりわからない腰痛を非特異的腰痛といいます。

基本的に、レントゲン、CT、MRIなどの画像所見ではっきりとした異常が確認できないケースです。

 

なお、最新の医学においては、腰痛と精神疾患との関連性が議論されているようですが、どちらにせよ心因性の腰痛は一部のケースでのみの該当というのが当院の見解です。

非特異的腰痛でも筋・筋膜の負担(レントゲンには映らない)から原因を探っていき、カイロプラクティック的なアプローチによって充分に改善に持っていくことが期待できます。

大事なことは、非特異的腰痛といはいえレントゲン、CT、MRIなど画像に映らないだけで、筋筋膜や仙腸関節ないしは椎間板などに原因が存在することは充分に考えられるということ

(※レントゲンには基本的に骨しか映らず、筋肉や関節軟骨などといった軟部組織は映らないのです。)

むしろ、こういったケースの腰痛においてこそ、整体カイロが得意とする領域なのです

 

特異的腰痛(原因の特定ができる腰痛)

15%に該当する腰痛(特異的腰痛といいます)については、以下の原因が想定されます。

 

○腰部椎間板ヘルニア

○腰部脊柱管狭窄症

○脊椎圧迫骨折

○神経系から(脊髄腫瘍、馬尾腫瘍)

○内臓疾患(尿路結石など)

○血管疾患(腹部大動脈瘤など)

 

この15%に該当する腰痛は、重大な症状を引き起こす可能性があるので、しっかりと鑑別することが必要ということでもあります。

 

なお、特異的腰痛に関しては、カイロプラクティックの適応は、おそらく「腰部脊柱管狭窄症」ないしは「腰部椎間板ヘルニア」あたりとなりましょうか。

ただ基本的には、医師の判断を仰いだうえでの施術となります。

 

カイロプラクティックにできること

 

まず大切なことは、その症状が本当にカイロプラクティックの適応範囲かどうかを正確に鑑別すること。

場合によっては、一刻も早く専門医の受診が必要となるケースもあります。

そういった判断をする上で、最低限の病理学の知識を持ち合わせているのかどうかも、信頼出来るカイロプラクティック院かどうかの判断の基準となるでしょう。

丁寧なカウンセリング

 

まずは、カウンセリングによって患者さまから症状についての充分な情報をお聞かせいただきます。

「いつから」、「どのように」痛むのか?

朝と夜、どちらの方が痛みを強く感じるのか?

どういった体勢をとると症状が憎悪するのか?

 

いったいどこに症状の原因があるのかを探っていく作業です。

 

整形外科学的な検査(徒手検査)

 

そして必要であれば、整形外科学的な各種テストによって、原因の特定を目指します。

腰痛の原因もさまざまです。

原因に対して、正確にアプローチできるかどうかは、とても重要。

きちんとした見立てが大切なのです。

 

症状の改善に向けて

 

症状や原因にあわせて、カイロプラクティック的手法を用いてアプローチしていきます。

もちろん一人ひとりの症状にあわせて、施術内容は変わってきます。

いわばオーダーメードの施術を提供していくことになります。

 

根本的解決を目指すにあたって

 

そのうえで根本的改善を目指して、症状の原因となっているであろう生活習慣や姿勢などの改善についてもカウンセリングしていきます。

もちろん具体的な姿勢や歩行指導、または生活習慣についてのレクチャーも行ないます。

いちばん良くないのは、施術を受けて一時的な症状の緩和で満足されてしまうこと。

 

目指すのは、「痛みを取り除くこと」までではなく、「再び痛みを作り出さない身体にすること」です。

 

普段の生活のなかで取り入れていただく、エクササイズやストレッチなどの指導も行い、ご自身でご自分の身体のマネジメントが出来るようにすることが究極の目標となりましょうか。

本当の意味での「腰痛を改善させる」こととは何かをどうぞご一緒に考えていきましょう。

 

 

来院された患者さまの声を参考にどうぞ

 

トップページへ戻る

 

 

Pocket

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6279-9746 平 日:10:00〜20:00
土 日:10:00〜18:00
定休日:祝祭日  

Calendar 赤い日がお休みです

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30  
Uu6YubAKhKLiGYq1476788000_1476788256
託児所のご案内
荻窪人
スタッフブログ
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.