荻窪駅前3分、無料託児所完備の整体院。産後の骨盤矯正やマタニティ整体などお子様連れでも安心して受けられます!

腰椎椎間板ヘルニア

Pocket

腰椎椎間板ヘルニアに苦しむ男性

腰椎椎間板ヘルニアとは

いわゆる「ギックリ腰」が症状をさす通称であるのに対して、「腰椎椎間板ヘルニア」は医学的に正式な疾患名となります。

背骨を支えるクッションのような組織である「椎間板」が物理的負担によって変性を起こした結果、中身が外に突出してしまった状態。

これを「椎間板ヘルニア」といいます。

とくに腰椎(背骨の腰部の部分)で起きたものを「腰椎椎間板ヘルニア」と呼びます。

 

また、多くの「ギックリ腰」の原因が、この「腰椎椎間板ヘルニア」の比較的軽度な症状である場合が多いとも当院は考えます。

もしくは、「腰椎椎間板ヘルニア」の前駆症状とも考えられましょうか。

 

腰椎椎間板ヘルニアの症状

 

では、「腰椎椎間板ヘルニア」とは、どのような症状なのでしょうか。

坐骨神経痛をともなうことが多い

 

多くの場合、発作的に起きた「急性腰痛」にともなって片側の脚に「坐骨神経痛」を出現させます。

つまりは、「ギックリ腰」にともない脚に神経痛が出現するようでしたら「腰椎椎間板ヘルニア」を疑った方が良いということです。

また、「慢性腰痛」のように長期間にわたる「鈍い痛み」とともに「坐骨神経痛」が出現するケースもあります。

椎間板の変性の仕方によって、病態も異なってくるわけですね。

 

馬尾症状に注意

 

なお重度の場合には、両足に神経痛を出現させることもあるので注意。

腰痛だけでなく神経痛が認められるようでしたら、いちど専門医のもと検査を受けるのが良いかも知れません。

気をつけなくてならないのは「馬尾症状」と呼ばれる以下の症状が認められる場合です。

○我慢できないほどの強烈な痛みが続くとき

○排尿(失禁)、排便がコントロール出来ないとき

○歩行障害をともなうとき

運動機能に深刻な後遺症を残してしまう可能性があるので、緊急手術などが必要となってくるかもしれないケースです。

 

腰椎椎間板ヘルニアの原因

 

普段から不良姿勢を続けて「ギックリ腰」を繰り返してしまっている方は要注意。

椎間板の老化が進み、ギックリ腰によって繰り返し作ってしまった古傷が決壊したときに「腰椎椎間板ヘルニア」が発生すると考えていただくとわかりやすかも知れませんね。

それと、姿勢や生活習慣に起因することが多いのも「腰椎椎間板ヘルニア」の特徴。

 

負担がかかりやすい職業に従事されている方々は注意

 

以下のような職業に従事されている方だとリスクが高まります。

○長時間座りっぱなし、立ちっぱなしの仕事

○配送業、運送業、引っ越し業者などのような重量物を運ぶことが多い仕事

○介護士、看護士、または農業従事者のように中腰や前かがみをとることが多い仕事

○プロスポーツ選手など

 

こんな方もなりやすい

 

また、職業だけでなく以下のような条件にあてはまる方も注意

○日常的に運動不足であり、腰回りの筋肉が硬いのが常態化してしまっている方

○体重が急に増えてしまった方

○成長期にスポーツのやりすぎで運動障害をもっている方(分離・すべり症など)

○先天的に背骨に問題を抱えている方(先天的奇形、無分離すべりなど)

遺伝的な問題

 

最新の医学の研究によると、どうやら遺伝的な要素もあるそうです。

家系的に罹患しやすい方もいるということですね。

 

医療機関における一般的な治療

 

では、整形外科で「腰椎椎間板ヘルニア」と診断された場合、どのような治療を受けることになるのでしょうか。

 

保存療法が主流

現在、基本的には「保存療法」といって、無理に手術などは選択せず経過観察をすることが主流となっています。

冒頭に説明した「馬尾症状」などといった重篤な問題が見受けられない場合においての適用です。

その場合、鎮痛剤によって症状の緩和をみながら、「運動療法」、「温熱療法」、「牽引療法」などといった方法で改善を図っていきます。

なお、あまりに痛みが強い場合、神経ブロック療法が適応となることもあります。

多くのケースにおいては、突出した「ヘルニア塊」は白血球由来の成分が数ヶ月かけて吸収してくれるので、自然に消失してしまうことがほとんどです。

手術が適用となるケース

「保存療法」を3か月以上つづけても、なお強い症状が続くケースや、「馬尾症状」が確認されるケースにおいては外科手術が適応となります。

背中側からメスを入れて腰椎の一部を削り、椎間板を摘出する「Love法」と呼ばれる術式が主流。

しかし、現在は保険適用外となってしまいますが「レーザー治療」や「経皮的椎間板ヘルニア摘出法」といった長期入院を必要としない手軽な術式も選択されることも多くなってきています。

しかし、手術には副作用もつきもの。

思いがけない別の症状で悩まされることになるケースや、手術で全く改善をみないケースもあります。

それと、再発してしまうことが多いのも課題といえましょう。

 

カイロプラクティックにできること

 

明るい未来、希望

 

もちろん馬尾症状が出現している方は、直ちに整形外科への受診をおすすめします。

一般的な腰痛におけるガイドラインに沿ったうえで、いわゆる「危険な徴候」が見受けられないケースにおいてカイロプラクティックの適応範囲となりましょう。

なお、あまりに痛みが酷いケースの方は、いちど医療機関で検査されてから来院されることをお勧めします。

 

医師から保存療法(経過観察)を処方されたものの、なかなか改善を見ないケース。

もしくは、再発予防を目的としたケースでの来院が多いです。

 

腰痛ないしは腰椎椎間板ヘルニアというものは、再発させてしまうことが多いのも特徴。

なかなか完治しない方も。

もう二度となりたくないという方も。

生活習慣や姿勢の改善から、再発させないコツをお教えします。

また、症状の改善にも予防にも効果がある体操も。

大事なのは、「腰椎椎間板ヘルニア」という疾患についての正しい理解と、対処法を身につけることです。

ちょっとコツがわかれば、充分に症状のコントロールが可能なことが多いです。

 

 

来院された患者さまの声を参考にどうぞ

 

トップページへ戻る

Pocket

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6279-9746 平 日:10:00〜20:00
土 日:10:00〜18:00
定休日:祝祭日  

Calendar 赤い日がお休みです

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30  
Uu6YubAKhKLiGYq1476788000_1476788256
託児所のご案内
荻窪人
スタッフブログ
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.