荻窪駅前3分、無料託児所完備の整体院。産後の骨盤矯正やマタニティ整体などお子様連れでも安心して受けられます!

胸郭出口症候群

Pocket

酷い肩こりに悩む女性、胸郭出口症候群

 

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)

 

肩から背中、さらには腕、手指にかけてコリや痺れが出現することが多いのが特徴のひとつです。

でも、普通の肩こりと違い「物を落とすことが多くなった」とか「力が入りにくい」といった症状があるようだと要注意。

なかには熱感や冷感、脱力感といった神経症状や、握力の低下や細かい作業が出来なくなるなどといった運動障害伴うことも。

酷くなると、うずくような痛みや、腕から手にかけて暗青紫色に変色してしまったりします。

 

胸郭(きょうかく)とは、肺や心臓などといった重要な臓器を守るように覆っている、いわば肋骨のカゴのことです。

「胸郭出口症候群」とは、そのカゴの出口近辺(ちょうど鎖骨の付近)において、神経、血管、ないしリンパ管の圧迫が生じてしまっている状態のことを指します。

 

首や肩、腕を特定位置に持っていくと症状が出現したりすると、この疾患を疑うべきです。

重症化すると手術が必要となってくるケースも。

 

 

 

原因として考えられるもの

 

まず胸郭出口症候群の特徴として、その原因が多岐にわたることです。

ストレス、生活習慣、姿勢不良、怪我、椎間板の劣化などが原因となります。

また、首の長い方やなで肩といった骨格的特徴をもつ方も罹患しやすくなります。

女性に多くみられるのも、この疾患の特徴。

 

直接的には、胸郭出口のエリアで腕神経叢(わんしんけいそう)、鎖骨下動脈鎖骨下静脈といった重要な神経の束や血管を圧迫してしまうことによって発症します。

また、胸郭出口症候群は、どういった原因で圧迫されているかで、以下のようにさらに細かく分類されます。

それらを総称して胸郭出口症候群と呼ぶのです。

 

①頚肋症候群(けいろくしょうこうぐん)

第七頚椎(脊椎の首の部分、一番下に位置する椎骨)から余分な肋骨が伸びてしまっていて、それが圧迫してしていることが原因の症状。本来、頚椎からは肋骨は伸びないもの。簡単にいうと奇形。

 

②肋鎖症候群(ろくさしょうこうぐん)

鎖骨と第一肋骨(いちばん上の肋骨)とで圧迫してしまっていることが原因。鎖骨の形状が真っ直ぐすぎる方が罹患しやすい。おもに成長期の運動不足などにより胸筋がじゅうぶんに発達出来ていないと鎖骨はまっすぐになりやすい。

 

③斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん)

鎖骨付近に存在する前斜角筋と中斜角筋という筋肉で圧迫してしまうと発症。重量物の運搬やストレス、姿勢不良などによって引き起こされる。

 

④小胸筋症候群(しょうきょうきんしょうこうぐん)

鎖骨付近を走る小胸筋の萎縮によって圧迫を受けてしまっていることが原因。猫背など姿勢不良によって引き起こされるほか、過剰な筋力トレーニングによって発症することも多い。

 

他の疾患との鑑別が重要

 

ほかにも肩や背中、腕、指先にコリや神経痛といった似たような症状を出現させてしまう疾患は多くあります。

もちろん原因に対して正しくアプローチしないと、改善しようがありません。

変形性脊椎症頚椎ヘルニア、または肘部管症候群手根管症候群などといった症状が類似する疾患との鑑別がとても大切です。

ただ肩こりや痺れが長引くだけではなく、「指先が変色する」、「つり革を掴むと手がしびれる」、「高いところに腕を伸ばすのがとても辛い」といった自覚症状がある場合には、胸郭出口症候群であることを疑ってみるべきです。

それと、もし「重いものが持てない」「手に力が入らない」などといった症状がある場合には重症である可能性がありますので、いちど専門の医療機関を受診されてみることお勧めします。

 

注意すべきこと

 

スマートフォンに夢中の女性

 

とくにスマートフォンの普及によって、長時間にわたる悪い姿勢をとってしまう方が増えています。

いわゆる猫背であったり、睡眠不足やストレス、不規則な生活習慣、運動不足も大きな要因。

 

そうかといって、いきなり負荷の大きな運動を始めたりしてはいけません。

走ることによって却って症状が悪化してしまうこともあるのです。

とくに重量物を持ち運ぶことは出来るだけ控えましょう。

まずは、悪い生活習慣を改めることからが先決です。

いきなり肩や腕に負担を掛けることはくれぐれも避けましょう。

 

医療機関における一般的な治療

 

胸郭出口症候群の主な治療法は、生活指導と運動制限、それと消炎鎮痛剤の投与がメインとなります。

軽症のケースでは、症状を悪化させる動作を禁止して、安静にすることで回復を図ります。

痛みを消炎鎮痛剤で抑え、場合によっては僧帽筋や肩甲挙筋といった筋肉の強化トレーニングを行なうことも。

筋弛緩薬、血流改善薬やビタミンB群の投与、または電気治療やマッサージといった治療法も。

重症例においては、第一肋骨や頚肋(頚椎から伸びた余分な肋骨)、斜角筋の切除といった手術療法も選択肢となってきます。

 

カイロプラクティックにできること

 

まずは、先に挙げた重症化が疑われるケースにおいては、整形外科での受診をお勧めします。

軽症なのだがなかなか根治しないケースにおいては、カイロプラクティックが有効となるでしょう。

 

なかには同じように肩から手にかけての神経症状などで、頚椎ヘルニアなど他の疾患と誤診されているケースも多いです。

そういった方も、いちど相談に来て頂けると宜しいかと思います。

一部の原因を除いて、とりわけ生活習慣や姿勢に起因することが多い疾患です。

もし繰り返すのが不安であったり、根本的に原因からの解決を望んでいらっしゃるのであればカイロプラクティックこそは非常に有効な手段となるはずです。

 

 

来院された患者さまの声を参考にどうぞ

 

トップページへ戻る

Pocket

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6279-9746 平 日:10:00〜20:00
土 日:10:00〜18:00
定休日:祝祭日  

Calendar 赤い日がお休みです

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Uu6YubAKhKLiGYq1476788000_1476788256
託児所のご案内
荻窪人
スタッフブログ
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.