荻窪駅前3分、無料託児所完備の整体院。産後の骨盤矯正やマタニティ整体などお子様連れでも安心して受けられます!

頚肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)

Pocket

なかなか治らない首肩のコリに悩む女性

 

頚肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)

 

いかにも重大そうな名前ですが、現実的には、医療機関でいわゆる普通の「肩こり」ことを指す言葉です。

西洋医学において「肩こり」という診断名がない以上、とりたてて重大な疾患が原因となっていない場合に下される診断名なのです。

 

臨床的には、首から肩、背中、腕にかけて痛みや痺れといった症状がある場合において、「変形性頚椎症」「頚椎椎間板ヘルニア」「胸郭出口症候群」といった重大な鑑別すべき疾患が見当たらないときに診断が下りるようです。

画像診断などでも特にはっきりとした原因が見当たらない「肩こり」を指す言葉として理解してもよろしいかと思います。

 

原因として考えられるもの

 

そのほとんどは、おのずと「慢性的な首肩のコリ」のページでご説明させてい頂いたことと重複してしまいます。

生活習慣に起因するケース

 

多くの場合、姿勢不良による筋肉の硬直や、パソコン作業、座りっぱなしでの作業などが原因となるようです。

悪い生活習慣によって血行不良を招いてしまい、筋肉の硬直を作ってしまうのです。

 

自律神経のバランスに起因するケース

多くは社会的ストレス、例えば対人関係であったり、業務におけるプレッシャーであったり。

不安などを抱えやすいストレス耐性の低い方、もしくは几帳面な性格だったり完全主義などといった神経質な方。

こういった要素を持つ方々は、一般的に自律神経系のバランスを崩してしまいやすく、そのことによって首肩コリを自覚しやすいようです。

それ以外に原因が考えられるケース

 

その他には、高血圧であったり、心臓や脳の疾患、更年期障害、胃腸障害、耳鼻科や歯科の領域に原因があることも。

自律神経失調症と診断されれば、精神科での受診を勧められたりするようです。

 

それでも長期間にわたって症状に悩む方も多いのが現実です。

なかには生活に支障をきたす症状を自覚されながら、医療機関では原因を特定するに至らず苦しんでいる方もいらっしゃいます。

冒頭に挙げた、「変形性頚椎症」「頚椎椎間板ヘルニア」「胸郭出口症候群」ではなくとも、重大な原因となっている疾患が潜んでいることもあるので、長期間にわたる症状の場合は注意が必要です。

 

医療機関における一般的な治療

 

一般的な首肩コリと同じアプローチとなるはずです。

おもに消炎鎮痛剤や筋弛緩薬の使用、ほか温熱療法、運動療法などが軸になるでしょう。

症状を強く自覚する場合は、神経ブロック注射やトリガーポイント注射などの選択も。

長引く場合は、精神科での抗不安薬などの処方もあるようです。

 

カイロプラクティックにできること

 

現代医療が苦手とする領域こそカイロプラクティックの得意な領域です。

一般的に現代医学において、慢性化してしまった症状を根本的に解決するのは難しいことが多いようです。

これは画像診断ではわからない原因の方が多いからでしょう。

なぜ筋肉のコリが常態化してしまうのか?

そこを自律神経系を含め、いろいろな角度から探っていかなくては答えには辿りつけないはずです。

何かを端緒に悪循環のループを作ってしまっている身体をそこから解き放つ作業こそがカイロプラクティックの目的なのです。

こういったいわゆる「不定愁訴」で悩まれている方。

いちどカイロプラクティックで相談されてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

来院された患者さまの声を参考にどうぞ

 

トップページへ戻る

 

Pocket

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6279-9746 平 日:10:00〜20:00
土 日:10:00〜18:00
定休日:祝祭日  

Calendar 赤い日がお休みです

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Uu6YubAKhKLiGYq1476788000_1476788256
託児所のご案内
荻窪人
スタッフブログ
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.