第二子妊娠出産の機会こそ、産前産後ケアの専門院としての真価が問われてくる


第二子妊娠出産の機会こそ、産前産後ケアの専門院としての真価が問われてくる理由

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

先日、当院のマタニティ整体コースに長く通われていたクライアントさんが無事出産され、産後2ヶ月のタイミングで再び来院されました。

ということで、今回は産後のボディケアコースに通われることに。

 

もともと第一子を出産され、同じく産後2ヶ月のタイミングで当院の産後のボディケアコースに通われ始めたのが、そもそものお付き合いの始まり。

そして今回の第二子妊娠にあたっては、当初から当院の「マタニティ整体コース」に興味を抱いていたこともあり、妊娠が判明されてすぐ、まだ安定期に入っていない妊娠週の早い段階からマタニティケアを受けることとなったのです。

そういうこともあって、今回の第二子出産は、それこそ妊娠から出産まで完全にフォローアップさせて頂いていたので、第一子の時とはまったく違う「産後のスタートライン」を実感してもらう絶好の機会を作らせて頂いたことになったという訳です。

 

そして、さっそく第二子出産後のコンディションについて感想を伺ったところ、今回は不調らしい不調はないのだそう。

前回出産後は、そもそも何かしらの不調があったから当院の産後のボディケアコースにいらした訳ですからね。

 

一般的に第二子妊娠時、出産後の方が身体が抱える不調は強くなるもの。

しかしこのクライアントさんの場合、今回に限っては妊娠中からさほど不調を抱えることなく、出産後もこれといった大きな不調を自覚することなく生活を送ってらっしゃるのです。

つまり、これは「快適なマタニティライフを送り、産後のスタートラインを引き上げる」という当初の目標を無事に成就させることが出来たということ。

今回もまた、骨盤軸整体が産前産後ケアにおいて有効であることが世に証明できた訳です。

骨盤軸整体なら二人目の妊娠の方が快適なマタニティライフを送れているという現実

 

特にこういった長く通院されているようなクライアントさんの第二子妊娠出産の機会というのは、それこそ当院に対する信頼や期待に応えなくてはならない重要な局面となります。

そして産前産後ケアの専門院として、これほど真価が問われ、その矜持を実感させられる場面も、また他にない訳であるのです。

もし、ただの慰安ではない本当の産前産後ケアにご興味がある方でしたら、ぜひ一度当院へ。

開いた骨盤を閉めようとしたところで産後の不調やトラブルの解決には繋がらない理由

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です