反り腰についての正しい理解はお持ちでしょうか?妊娠出産以外での反り腰の原因とは


 

反り腰についての正しい理解はお持ちでしょうか?妊娠出産以外での反り腰の原因とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

反り腰(そりごし)という言葉をご存知でしょうか?

お腹を前に突き出し、腰を反り返らせるようにしてバランスをとる姿勢的傾向のことを指す言葉です。

当院の産後のボディケアコースに初めて訪れたクライアントさんで、最初から「反り腰」という言葉を知識としてご存知の上で使われる方が少なからずいらっしゃいます。

そのくらい「反り腰」という言葉自体が一般的になりつつあることはもちろん、妊娠出産で抱えてしまう不調を語る上で決して外せないキーワードであることもまた事実であるのです。

しかし、この反り腰ですが、決して妊娠出産時期に特有のものというわけではありません。

もっと言うと、男性にだって反り腰の方がいらっしゃるのです。

妊娠出産で多くの女性を悩ます「反り腰」について

 

人間の背骨は腰の部分でお腹の方へ大きくカーブを描いているのが大きな特徴で、これがあってはじめて背骨にかかる物理的負担を軽減させることが出来る構造となっています。

背骨にカーブがあることで、重さを分散させて逃がせる構造をとれるのと同時に、地面からの衝撃を逃すサスペンションの役割をも果たせるという訳です。

一般的には背骨に対して骨盤が前へ30度前傾しているのが最も理想的なバランスだと言われています。(※イラスト左)

しかし、生活習慣や運動不足、生まれつきの問題などによって、これが30度よりも深く前傾してしまうような方がいて、こういった姿勢的な傾向を特別に反り腰と呼ぶことがあるのです。(※イラスト右)

 

いちばんわかりやすいのが、臨月近くに入った妊婦さんの姿勢。

文字通り、腰を大きく反り返らせてバランスをとっていることが一目瞭然ですよね。

妊娠中の女性の場合は、大きく膨らんだお腹を抱えている以上、ある程度腰を反らさないとバランスがとれないものなのです。

つまり妊婦さんにとっては程度の違いこそあれ、「反り腰」は宿命と言っても過言ではないということになりましょう。

 

妊婦さんにとっては程度の違いこそあれ、「反り腰」は宿命と言っても過言ではない

 

 

 

 

 

 

「反り腰」になってしまうと抱えてしまう不調とは

 

実際に「反り腰」になってしまうと、どういった不調を抱えてしまうことになるのでしょう?

まずはお腹を前に突き出すことで前掛かりになった重心を支え切るため、おもに背中や腰、太ももふくらはぎといった筋肉に余計な負担を掛けることとなります。

結果、そういった筋肉が非常に疲れやすい状態になってしまうことはもちろんのこと、必要以上に逞しく発達してしまうことで、特にジーンズを履いた時に太もものあたりでパンパンになってしまうことになるのです。

 

また、ボディラインの問題だけでなく反り腰になることで神経痛をもたらしてしまうこともあるから注意が必要。

「反り腰」も重度になると股関節付け根のあたりで硬く萎縮してしまった筋肉が神経を圧迫してしまうことで、お尻や足に神経痛をもたらしてしまうこともあります。

そうでなくとも多くの場合、背中や腰といった箇所が酷く凝ってしまうことを自覚することになり、仰向けで寝るのが非常に辛く感じるようになってしまうのが反り腰に共通する症状となるのです。

妊婦さん以外で「反り腰」になってしまう主な原因とは

 

次に妊婦さん以外で「反り腰」になってしまうケースについて。

最初に原因として挙げられるのが、極端な「つま先重心」へと誘導してしまう生活習慣です。

これはまずハイヒールなど踵(かかと)が上がってしまうような履物の問題や、極端な肥満などが挙げられるでしょう。

また、姿勢に対する過剰な意識が原因となってしまうことも。

姿勢を少しでも良く見せようと、腰を反らせて立ってしまう習慣があるような方がこれに当たります。

職種としてはイベントコンパニオンやモデル業の方々や、アパレル販売の方々にこういった姿勢的特徴を持つ方が多いように見受けられます。

 

また、男性でも急激に体重が増加してしまったような方や、逆に極端に筋肉量の少ない細身の方に反り腰の特徴を持つ方が過去に多くいらっしゃいました。

それと、厨房に立つ職業の方々も。

太りやすく、前のめりになって業務にあたるからなのでしょうか?

かつて、まだ20代と若い男性のパティシエさんが、反り腰からくる脚のだるさや背中や腰の痛みに悩まれていたことを思い出します。

 

それと、余談ですが。

高校生の男子が親御さんに丸まった姿勢を正すよう言われてから、腰を反らすようになってしまったなんていうケースもありました。

可哀想に腰痛だけでなく、両足がパンパンに張ってしまい大変苦しそうな様子で来院されたことをよく覚えています。

本人は良い姿勢でいるつもりだったのですが、皮肉なことにかえって身体に不調を呼び込む要因を作ってしまっていたのです。

「反り腰」は、一見すると良い姿勢に見えるかも知れないのですが、生理的な意味では決して正しい姿勢ではないことを示唆するこれ以上ないエピソードとなる訳です。

 

多くの産後女性が出産されると「反り腰」に悩むことになるもの。

もちろん先天的な原因をもつ「反り腰」もなかには存在します。

しかし、なかには生活習慣などに起因するケースも多数存在するのです。

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です