産後ケア、産後の骨盤矯正の重要なカギを握る骨盤底筋を機能回復させるための工夫とは?


産後ケア、産後の骨盤矯正の重要なカギを握る骨盤底筋を機能回復させるための工夫とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

骨盤軸整体は妊娠出産の過程で崩れてしまった体幹バランスを回復させることで、産後女性が抱える様々な不調からの根本的な解決を目指していきます。

つまり、体幹バランスの回復こそが本質的な産後ケアであると当院では考えるのです。

 

そこで、カギを握る重要な存在となってくるのが「骨盤底筋(こつばんていきん)」という筋肉。

最近では産後の尿漏れと関連する形で、名前だけご存知だという方も多いのではないでしょうか。

その名前の通り骨盤の「底」にハンモックのように張っている筋肉であるのですが、実はこの筋肉が体幹バランスを支える上でとても重要な役割を担っていたのです。

しかし、この骨盤底筋という筋肉、なかなか意識して動かすことが難しい筋肉であり、いきおい機能回復させるにはちょっとしたコツが必要となってくるのです。

当院の考える本質的な産後ケアと体幹バランスという考え方について

 

産後女性が出産されてから直ちに回復させなければならないもの。

それは妊娠出産の過程で大きく崩れてしまった体幹バランスを回復させることだと当院では考えます。

そして、それこそが本質的な産後ケア、産後の骨盤矯正なのであると。

産後ボディは骨盤矯正だけでは戻らない!?正しく戻すためのポイントを徹底解説!

なお、体幹バランスについては、分かりやすく言うと「全身の筋肉をいかに無理なく効率良く使えるか」と言い換えることが出来るかと思います。

例えば体幹バランスが回復しないまま、抱っこや中腰など育児で体を酷使してしまうと、無意識のうちにひたすら特定の筋肉にばかり負担を集中させてしまう身のこなし(効率の悪い筋肉の使い方)を繰り返してしまい、これが不調やトラブルの原因を作ってしまうことに繋がるのです。

妊娠出産をすると知らないうちに筋肉の使い方が変わってしまっているもので、これが理由で多くの産後女性が思ってもみない不調やトラブルに悩まされることになるという訳です。

もちろんなかには自然と回復されてしまう方もいらっしゃいますが、多くの場合、回復することなくその後長きにわたって妊娠前には感じていなかった不調を抱え込み続けることになってしまいます。

出産後に抱えてしまったボディラインの変化はもちろんのこと、尿もれ膝の痛みふらつきなど。

そして、それは「ただ開いた骨盤を締めようと」したところで、何ら原因の解決には結びつかないもの。

もっと言ってしまうと、産後ケアにおいてはそもそも「骨盤ありき」で考えるべきではないのです

出産後に「骨盤が開いた」という実感がない方でも産後ケア、骨盤矯正は必要なの?

骨盤底筋は尿のコントロールはもちろんのこと、体幹バランスを支える上で重要な役割を担っている

 

骨盤底筋、イラストイメージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで出産後は、一刻も早く体幹バランスを回復させた方が良いという話になるのですが、差し当たってカギとなる重要な筋肉が骨盤底筋となります。

骨盤底筋という筋肉自体は、名前の通り骨盤の「底」にハンモックのように張っている筋肉であるのですが、実はこの筋肉が体幹バランスを支える上で重要な役割を担っているからです。

骨盤底筋は何も尿のコントロールだけを担っている筋肉という訳ではなく、それこそ全身の筋肉のパフォーマンスを左右する重要なパーツであったのです。

ちなみに骨盤底筋が正しく機能できないままであると「腹圧を高める」ことが出来なくなることで、例えば風船を膨らませなくなってしまったり腹筋運動が一回も出来なくなってしまいます

そこで、最近では産後の尿漏れ対策という狙いもあって、出産後は「骨盤底筋を鍛える」エクササイズが医療機関でも推奨されるようになったのです。

出産後に風船を膨らませなくなってしまう理由【産後ケアの本質を突くエピソード】

骨盤底筋を鍛えるにあたっては、股関節まわりの筋肉と関連づけて動かすことが効果的

 

ところがこの骨盤底筋、鍛えるにあたってなかなか意識的に力を入れることがとても難しい筋肉です

こういった体の奥底を支えているインナーマッスル全般に言えることなのですが、ある程度狙ってそういった筋肉だけを動かすというのは案外難しいもの。

というよりも現実的でないと言った方が良いかも知れません。

それもそのはず、そもそも骨盤底筋にだけ力を入れること自体に実はあまり意味がないからです。

どちらかというと、こういったインナーマッスルは関連する筋肉群とセットで動かすことで、はじめて本来の機能を発揮出来るものなのです。

なお骨盤底筋に関しては腹部を支える他のインナーマッスル群(インナーユニットという)と正しく協調させて動かすことで、はじめて腹圧を高めることが可能となります。

そして、インナーユニットで作り出した腹圧を正しく利用することが出来れば、日常の動作のパフォーマンス(筋力)が格段に上がることになるのです。

(体幹バランスが成立するということ。)

骨盤軸整体を語る上で決して欠かせないキーワード【インナーユニットとは】

 

具体的には骨盤底筋を鍛えるにあたっては、こういった腹圧と深い関係にある筋肉(インナーユニット)だけでなく、隣接する股関節周囲の筋肉も連動させてあげると効率良く行うことが可能となります。

つまり、こういった工夫をすることで、骨盤底筋を「動かす」というイメージを作りやすくなるという訳です。

そこで当院で特に重要視しているのが内ももやお尻といった筋肉と意識的に連動させて行う機能訓練。

こういった筋肉と関連付けて動かすことによって、結果的に骨盤底筋を効果的に刺激することが可能となるのです。

当院では、骨盤底筋を機能回復させる(腹圧を回復させる)一般的なエクササイズに、お尻や内ももを鍛えるエクササイズを組み合わせることで、骨盤底筋にしっかりと効かせる工夫をとっています。

やはり骨盤底筋を単体で「動かす」よりも、他の筋肉と連動させるなかで「動かす」方が実践しやすく、理解も深まりやすくなりますね。

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です