「何かを始めたい!」出産後に本気でボディラインを立て直すためにも産後ケアは重要である理由


「何かを始めたい!」出産後に本気でボディラインを立て直すためにも産後ケアは重要である理由

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院の産後のボディケアコースに通われているクライアントさんたちのなかには、通院途中からヨガやスポーツジム、体操教室に通われ始める方が多くいらっしゃいます。

おそらくは痛みや不調から解放されたことで、「何かを始めたい!」という気持ちになれたからなのでしょう。

そして、その目的はストレス解消もあるでしょうが、なんと言ってもボディラインの立て直しが多いはず。

 

産後のボディラインを改善させるにあたって、ある程度のレベルを目指すには、やはり運動が必要となってきます。

しかし、それには育児において余力が生まれないことには到底無理な話。

だから、そういった意味でも、きちんとした産後ケア産後の骨盤矯正を受けておくことが大切であるのです。

 

復職を控えている産後女性に共通する悩み

 

特に育児休暇中にあって、復職を控えている産後女性の方々に共通する悩みがボディラインの立て直しではないでしょうか。

「妊娠前に着ていたスーツや制服が入らなかったらどうしよう」

営業職でしたら、なおのこと人目が気になろうもの。

さらには育休中というこの機会に妊娠前よりも身体を磨いてしまおうという方も近頃は多いようです。

 

しかし、そうかと言って、育児で身体が悲鳴を上げているような状況では、なかなかそういう気持ちにはなれません。

痛みや不調はもちろん、疲労困憊であっては何かを始める気力も起きないことでしょう。

逆にそういったものから解放されると気持ちも前向きになり、余力も生まれてくるものなのです。

産後の骨盤矯正で産後女性は本当に痩せるものなのか?

 

一方、巷でよく耳にする「産後の骨盤矯正で綺麗に痩せましょう!」というフレーズ。

果たして本当に整体カイロプラクティックに通うだけで綺麗に痩せられるのでしょうか?

答えはYesでもあり、Noでもあるかと。

おそらく体重計の目盛りを減らすだけで良いのであれば、整体カイロプラクティックに通うだけでも十分に可能な話となるでしょう。

特に授乳期間中は母乳からどんどん栄養が持っていかれるので、もちろん個人差もありますが、よほど食事の摂り方を間違わなければ体重は減っていくもの。

その間、旺盛な食欲を抑えることができれば、妊娠前の体重に戻すことは十分に可能となるわけです。

そういった意味ではYesということになります。

 

しかし、無理な食事制限をかけて仮に妊娠前の体重に戻せたとしても、鏡に映る姿はおそらく想像していたものとは異なることでしょう。

妊娠出産を経ると、体脂肪率はもちろんのこと、筋肉の付き方まで変わってしまうものだから。(筋肉量も減ってしまう)

簡単に言うと、妊娠前ほど綺麗にジーンズを履きこなせなくなっているものなのです。

最終的にくびれやヒップラインを成立させるのは筋肉なのであり、ある程度のレベルを目指すには失った筋肉を取り戻すためにも、やはり運動が必要となってくるのです。

こういった理由で、整体カイロプラクティックにただ通うだけでは、ある程度のレベルまでしか改善は期待できません。

だから、そういった意味ではNoとなるのです。

筋肉の機能低下によるボディラインの崩れ

 

ここでYesについての補足をひとつ。

妊娠、出産に限った話をすると筋肉量云々以前に、筋肉の機能が損なわれてしまうことで生じるボディラインの崩れも存在します。

体重がどうこうといった話とは別に、産後女性に特有のポッコリお腹や、ヒップラインの問題がそれに当たり、こういったケースは筋肉を機能回復させてあげることで早期に改善させてあげられることも可能。

この場合、骨盤底筋などをはじめとするインナーマッスル群の機能回復がカギとなってきます。

あくまで筋肉の量を増やすのではなく、筋肉の機能回復が必要となるのです。

そして、こういった筋肉を直接機能回復させてあげられるのが骨盤軸整体ならではの強み。

当院でしたら、産後女性が抱えてしまうポッコリお腹やヒップラインの問題、いわゆる「骨盤が開いてしまったかのような」状態から早い段階で改善させてあげられる訳であるのです。

逆に言うと、こういったメソッドを持たない「よくある普通の整体院」では、改善は期待出来ようもないかと。

出産後、体重は戻ったのにどうしてもウエストラインやお腹のたるみが取れなくて悩んでいるという方へ

しなやかで女性らしいボディラインを構築するには

 

それでは、しなやかで女性らしいボディラインを構築するには、どういった努力や工夫をなさるべきなのでしょう?

そこで重要となってくるのがインナーマッスルという存在。

骨格や姿勢を支えるように働くのがインナーマッスルである以上、ボディラインの良し悪しを左右するのはインナーマッスルの状態次第であるとも言えるのです。

特に産後女性の多くは妊娠出産によってインナーマッスルが機能低下してしまい、股関節のアライメントが大きく崩れてしまうもの。

お尻や内ももを支えるインナーマッスルが機能低下してしまうことで、股関節を正しく支え切れなってしまうのです。

妊娠後期あたりから出産後にかけて、お尻の形や大きさが変わってしまうだけでなく、脚のラインをも崩してしまうのはこのせい。

出産で本当に骨盤は開くものなのか? 【便宜的に「骨盤が開く」という意味】

こういった時期から歩き方が変わり始めてしまうのはこのためで、出産後もそのままの歩き方を引きずってしまっている方が実に多いのです。

そういった意味では、正しい歩き方で積極的に歩くことで、こういった股関節のアンバランスを修正していくことはとても賢明であるとも言える訳なのです。

また、「眠らせたまま」にあったインナーマッスルが息を吹き返すことで基礎代謝も高まり、やがて「きちんと燃やせるカラダ」に体質を変化させていくことも可能となるでしょう。

美脚を目指す上で知っておきたい事実【出産後に脚のラインが変わってしまう理由】

産後のボディケアコースで積極的に歩くことを推奨する理由と正しい歩き方について

インナーマッスルの機能回復を図りながら、必要最小限のアウターマッスルを纏う。

歩くことは産後のリハビリテーションとしては最適な運動強度となる訳で、さらに上のステージを目指すのであればヨガやスポーツジム、体操教室などに通われればよいという訳です。

無理な食事制限で短期間で結果を出そうとするのではなく、それこそ産後1年かけて徐々にそういった体質へ移行していくことではじめて「しなやかで女性らしいボディライン」を構築していくことが可能になると考えます。

そして、そうやって完成したボディはそう簡単にリバウンドしないはずです。

基礎代謝が上がり、「きちんと燃やせるカラダ」になっている訳ですから。

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です