骨盤軸整体で股関節のバランスを整え「地面と喧嘩しない歩き方」で外反母趾からの回復を目指す


骨盤軸整体で股関節のバランスを整え「地面と喧嘩しない歩き方」で外反母趾からの回復を目指す

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

先日、外反母趾(がいはんぼし)で悩まれている男性の方が、奥様のご紹介で当院にいらっしゃいました。

お話をお聞きしたところ、一度は専門の医療機関に足を運んだものの、装具を使用するだけの治療法に納得がいかなかったようなのです。

もちろん当院は産前産後ケアの専門院であることから、そもそも外反母趾がメインで来院されるような方はほとんどいらっしゃいません。

しかし今回、男性の外反母趾という稀有な症例であることから、十分に当院でも力になれるはずと考えました。

それは、問題の原因がハイヒールなど履物にある訳ではないからで、歩き方や姿勢といった部分から改善への糸口を探ることが出来るはずであると考えたからです。

そもそも外反母趾とは、いったい何?

外反母趾、親指

 

 

 

 

 

 

 

 

外反母趾とは足の親指が小指側に曲がっていき、「くの字」になってしまった状態をいいます。その多くが合わない靴に原因があることが多いようです。 特に、ハイヒールによって外反母趾を生じてしまうことが多く、他には関節リウマチなどの合併症として発症してしまうこともあるようです。

足底のアーチ

 

 

 

 

 

 

 

一般的には何らかの原因で「足の指が使えていない」歩き方を繰り返してしまうことで、足が本来持っているはずの足裏のアーチ構造が崩れてしまい、結果的に普通に歩くだけでも足の親指に負担を掛けてしまうような状態を作ってしまうことで発症してしまいます。

「足の指が使えていない」歩き方によって、足の甲の部分にあたる中足骨(ちゅうそくこつ)と呼ばれる骨を支える筋肉が弱化してしまうことで足裏のアーチが崩れていき、体重を掛けた際に親指に過度の力が掛かってしまうことで変形へと繋がってゆくのです。

こういった事情から、筋力が弱く、関節が柔らかい女性が発症してしまうことが多く、ハイヒールなど履物の問題からも特に女性が多く抱えてしまう事情が容易に理解できるかと思います。

高齢者に多いことから見えてくること

 

また、高齢者に外反母趾になってしまう方が多く見受けられるのも、筋力低下という観点から考えれば頷ける訳なのですが、これはもちろんハイヒールなど履物といった外的要因ばかりではなく、歩き方や立ち方などといった内的要因にも原因があること示唆しています。

つまり、決して履物が発症の原因の全てという訳なのではなく、歩き方や立ち方が悪ければ性別に関係なく若い方でも十分に発症してしまう可能性があるということ。

ハイヒールの過度の使用は別として、そもそもこういった部分に問題を抱えている方ほど、適切でない履物をきっかけに発症のリスクが高まるのではと考えられる訳です。

また、そういった問題を抱えている方が足裏のアーチを回復させようと、無理に歩いて足の指を鍛えようとすることも禁物。

若い方であっても「間違った」歩き方のままだと、足の指を鍛えるため積極的に歩くことが却って症状の悪化を招いてしまうことにも繋がりかねないからです。

あくまで歩き方や立ち方から、見直していくべきであるのです。

正しい歩き方を意識することで、みるみる体幹バランスが回復していく【骨盤を引き締める歩き方】

正しい歩き方について

 

ここで正しい歩行について、さらっとなぞっておきます。

重要なポイントは「正しい重心移動」。

歩行するにあたっては、踵(かかと)から土踏まず、足の指までを順に地面に接地させていくのが理想とされていて、その際に常にくるぶしの下あたりに重心が置けるようにすると良いとされています。

言い方を変えると、常にくるぶしの下あたりに体重が乗るように、重心を上手く移動させながら足を後ろに「抜く」ように歩くことが出来れば良い訳です。

歩行時に片足に掛かる重さは相当なもので、これを効率よく逃がすような歩き方が理想となる訳で、踵から地面にドスンと落とすような歩き方は問題外となります。だからといって極端につま先を意識した歩き方をしてしまうのも良くないという訳です。

あくまで常にくるぶしの下あたりに重心が来るように足を運ぶべきであるのです。

 

再び高齢者のケースに話を戻します。

一般に高齢になると骨格を支える筋力が衰えてゆき(体幹が弱くなり)、骨盤が後傾して(腰が落ちて)膝が伸びない使い方や姿勢へと変化していきます。

当然、歩き方も変わり、そういった傾向が強くなればなるほど、もちろん「そうじゃない」歩き方へと知らずに変化していってしまうもの。

つまり、高齢者は体幹の衰えから歩き方が変わってしまったことで足のアーチが壊れてしまい、外反母趾や膝のトラブルを抱えてしまう方が多くなってしまうことが考えられるのです。

体幹という観点から足裏のトラブルを考察してみる

 

足裏のコンディションを守るという意味で「正しい歩き方」や「理想的な歩き方」を考える上で重要となってくるのが、「いかに上手に足裏に掛かる体重を逃がしながら歩くことが出来るか?」という点に尽きるかと思います。

着地の際に、足裏のアーチで最大限に衝撃を分散させながらも、しっかりと地面を掴んで「蹴る力」を伝えることが大切であるという訳です。

最終的に足の指で正しく地面を掴めていないような歩き方をされている方ほど足裏のアーチが崩れ、親指に過度の物理的負担を掛けてしまうことに繋がり、さらに地面を蹴る時に親指を小指側に「捻る」ような使い方をする傾向が強いと外反母趾になりやすくなるともいわれています。

 

そこで当院では、これらを「地面と喧嘩しない歩き方」という表現でクライアントさんたちにお伝えしています。

つま先重心でも踵重心でもなく、あくまで足裏全体を使って、地面を「蹴る」のではなく「後ろに蹴り送る」イメージで歩くように指導しているのです。

それには足首を柔らかく使うことを意識することが大切で、いかに無駄な力を極力抜いた「効率の良い」歩き方を実践出来るかという部分にかかってくるかと考えます。

そういった意味では、結論としては股関節のバランスが重要であると当院では考えるのです。

股関節のバランスが崩れ、内股やガニ股であれば、足裏への体重の乗り方が変わってしまいます。

そして、股関節のバランスを立て直すには体幹バランスの改善が必要で、「効率の良い」歩き方という観点からも同じことが言えるはずであると考えるのです。

出産後に靴底のかかと外側が極端にすり減るようになってしまっている方は要注意

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。