「夕方になると朝履いてきたブーツが入らなくなる」足のむくみからの根本的解決を目指すには


「夕方になると朝履いてきたブーツが入らなくなる」足のむくみからの根本的解決を目指すには

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

おそらくほとんどの女性に共通する悩みなのではないでしょうか?

「夕方になると朝履いていたブーツが入らなくなってしまい困っているんです」

 

足のむくみで悩まれている女性は非常に多く、ふくらはぎをストレッチやマッサージをしたり、今や、ふくらはぎの筋肉のコンディションが足のむくみの予防や改善で重要な役割を担っていることは周知されている時代。

しかし、なかなかむくみ解消とまではいかないもので、当院でもそういった相談を非常に多くお聞きするのです。

そこで今回は、足のむくみ解消を目指す上で、当院が重要視していることについてお話しさせて頂こうかと思います。

なお、足のむくみの原因については内科的な問題など様々に存在し、今回はもちろん筋肉に起因するケースでのみの話となることをあらかじめご了承下さい。

ふくらはぎの筋肉が「第二の心臓」とよばれる理由

 

ふくらはぎの筋肉は人間において「第二の心臓」と呼ばれるほど、血液の循環に関して需要な役割を担っています。

四つ足の獣から進化して、人間は二足で立ち上がった関係で、重力に従ってどうしても血液が下半身に溜まりがちになってしまうという宿命を負ってしまったのです。

そこで、ふくらはぎの筋肉がいわば「ポンプの役割」を果たして、溜まった血液を心臓に送り返す働きをしてくれているのですが、もし、この作業が滞ってしまうと溜まった血液のベースである「血漿」と呼ばれる成分が毛細血管の先端から血管の外に漏れ出してしまうことになります。

実はこれがむくみの水分の正体。

なお漏れ出した水分は、血管に並走するリンパ管が回収してくれ、最終的には静脈で再び血液と合流することで心臓へと送り返されることとなるのです。

つまり、足のむくみ解消には血液の循環を確保することが非常に大切で、そういった意味では、ポンプとしての役割を持つふくらはぎの筋肉のコンディションが重要となってくる訳です。

人体を支える抗重力筋という存在について

 

また、ふくらはぎの筋肉には抗重力筋としての重要な役割があります。

抗重力筋とは「地球の重力に対して姿勢を保持するために働く筋肉」のことで、立っている時も座っている時も体を倒さないでいられるのは、抗重力筋で均衡を保ってくれているからこそ。

お尻や太もも、背中といった部分にこういった役割を持つ筋肉が存在して支えてくれているのです。

つまり、何もしないでただ立っているだけでも働いている筋肉ということになり、長時間立っていると足がむくみやすくなるのは、こういった理由があるからだったのです。

ふくらはぎのコンディションを悪化させてしまう要因とは

 

それでは、なぜ夕方になると、ふくらはぎの筋肉のコンディションが落ち、足がむくみやすくなってしまうのでしょう?

立ち仕事に従事されている方は、抗重力筋として役割から考えれば容易に理解できるかと思います。

一方、デスクワークの方は、座りっぱなしでふくらはぎの筋肉を「長時間にわたって動かさないこと」が原因のひとつになります。

筋肉の特性で、あまりにも動かさない時間が長くなると却って凝り固まってしまうことがあるのです。

筋肉というのは、ある程度動かしてあげないと健康な状態を保てないのです。

それともうひとつ。

デスクワークで座りっぱなしの時間が長くなると腰やお尻の筋肉に負担を掛けることになり、そこから脚全体の筋肉に悪い影響を及ぼすことになるから。

凝ってしまった腰やお尻の筋肉が放散する痛みや違和感などが脚全体に広がり、反射的に筋肉を固くしてしまうのです。これを筋肉の放散痛といいます。

 

そして、特に女性に足のむくみが多い理由が筋肉量と履物の問題。

そもそも筋肉の量が女性の方が少なく関節も柔らかいため、男性に比べて履物が姿勢に大きく影響しやすいのです。

特にハイヒールのように踵(かかと)が高くなる履物で歩くと重心バランスが大きく前にずれてしまいやすく、いわゆる反り腰(そりごし)と呼ばれる姿勢になりがち。

すると、ふくらはぎの筋肉に大きな負担を掛けることに繋がります。

例えば、立った時に思い切り重心を前にずらしていってみると、自分のふくらはぎの筋肉に力が入ってくることを確かめることが出来るかと思います。

これがストレッチやマッサージ、入浴などで回復が間に合わなくなると、足のむくみで悩むことになるのです。

骨盤軸整体による「足のむくみ」へのアプローチについて

 

それでは「足のむくみ」に対する当院の考える根本的な解決策についてお話しします。

もちろん骨盤軸整体によって、直接ふくらはぎの筋肉のパフォーマンスを回復させることも可能ですが、当然それが持続できないことには何の意味もありません。

普段の生活のなかで、ふくらはぎの筋肉に余計な負担を掛けるような使い方を改善させないことには原因から解決には到底及ばないということです。

 

そこで、当院では「正しいふくらはぎの筋肉の使い方」を姿勢と歩き方から見直していただくことにしています。

実は立ち方や座り方といった姿勢については、施術によってほとんどの方が意識することもなく自然と改善してしまうのですが、歩き方については修正が必要であると考えるのです。

いや、修正というよりは「意識付け」くらいのものでしょうか。

歩き方についても多くの方が施術後、自然と「歩きやすくなった」という実感を感じて頂けるのですが、女性の場合はそこにヒールやブーツといった女性特有の事情が付いてきます。

もちろん過度にかかとの高い靴は自重して頂きますが、大切なのはそういった靴を履いても簡単に「崩れ切ってしまわない」という意味での復元力をクライアントさんに獲得していただくことだと考えるのです。

そう言って意味では、歩くことにおいての最小限のコツと、施術による体幹バランスの改善で復元力を体に備えて頂くことで、初めて現実的な着地点を目指せるはずであると当院では考えるのです。

出産後に靴底のかかと外側が極端にすり減るようになってしまっている方は要注意

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました
妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか? 産前産後の女性のための専門の整体院貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか? 託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪ 荻窪駅南口徒歩4分 骨盤軸整体荻窪院 03-6279-9746

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です