産後ママ必見!!体幹の力を上手く利用した、身体に負担を掛けないベビーカーの押し方について


産後ママ必見!!体幹の力を上手く利用した、身体に負担を掛けないベビーカーの押し方について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

先日、産後のボディケアコースに通われているクライアントさんからベビーカーの押し方のコツについて質問をお受けしましたので、当院の考え方をここにまとめておこうかと思います。

ポイントは、“疲れにくい押し方”。

体幹の力を上手く利用した、身体に負担を掛けないベビーカーの押し方について解説していきます。

楽にベビーカーを取り回せるようになれば、運動不足解消という効果も期待出来るのです。

最適なベビーカーの選び方と押し方について

 

まず自分にあったサイズのベビーカーを選ぶことが大切で、それは肘を軽く曲げてベビーカーのハンドルを掴んだときに手首をまっすぐにできる高さが理想となります。

肘を曲げることで、方向転換などベビーカーの取り回しが楽になるからです。

最適なベビーカーの選び方と押し方について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ハンドルはできるだけ体のそばにまで引き付けた上で、“手で押す”のではなく、“足で押す”ことがポイントで、その際かかとから着地して、なるべく足の裏全体を使って前へ押し込むことが重要となります。

それにはベビーカーから距離が離れ、“腰が引けた”状態であってはいけません。

前に足を踏み込む際に腰からしっかりと体重移動させたあと、最後に膝をきちんと伸ばし切るように使うイメージ。

脇を軽く締め、顎も軽く引き、肘と体があまり離れないようにすることが大切で、そうすれば無理なく楽にベビーカーを前に進めることが出来るはずです。

気分転換におすすめしたいベビーカーでのウォーキング

 

ところで、産後女性の運動不足や、気分転換としてお勧めしたいのがベビーカーウォーキング

ベビーカーを嫌がらないお子さんであれば、ウォーキング感覚で長い距離をベビーカーで散歩することで親子とも気分転換になるだけでなく、お母さんご自身の運動不足解消にも繋がります。

ただ、その際気を付けて頂きたいのが、ベビーカーに荷物を提げる場所。

ハンドルの下にかさ張るような荷物を提げてしまうと、どうしても“及び腰”や“へっぴり腰”になりやすく、姿勢が崩れて先ほどの歩き方が成立しなくなってしまいます。

出来る限り、バッグや荷物などはベビーカーの横に提げるのが理想で、極力荷物も減らしたいところです。

そうすれば、ウォーキングによる美脚効果も十分に期待できるはず。

美脚を目指す上で知っておきたい事実【出産後に脚のラインが変わってしまう理由】

もし上のお子様をベビーカー手前に乗せなければならない時は

 

最後にもし、上のお子様もベビーカーに乗せて歩かなければならない時の対処法についてもお話ししておきます。

ハンドル手前の場所に、上のお子様を立たせて乗せることができるタイプのベビーカーを使用する時の工夫です。

当然、お母様はお子さんを前に挟んでハンドルを掴まなければならなくなるので、押す時の姿勢がどうしても“及び腰”や“へっぴり腰”にならざるを得ません。

そこで、ご自身の腰を守るために、せめて“骨盤を立てる”ことだけは意識して下さい。

腰が入らない状態(腰が引けた状態)で無理にベビーカーを押すことで、腰を痛めてしまうことを何よりも避けなければならないからです。

そのなかでベビーカーを“手で押す”のではなく、出来るだけ“足で押す”ことを意識する訳です。

その際、肘は伸び切ってしまうようであれば、それはそれで構わないと考えます。

お子さん二人を乗せた状態では、どちらにしろベビーカーの細かい取り回しは期待できないからです。

骨盤を立てた状態のなかで、出来るだけベビーカーを押しやすいポジションを探ることが重要で、そのなかで優先されるべきはご自身の腰を守ること。

また、肘を伸ばし切ってしまうとベビーカーの操作性は劣ってしまうことになるのですが、腰痛発症のリスクに替えられないものと当院では考える訳です。

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました
妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか? 産前産後の女性のための専門の整体院貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか? 託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪ 荻窪駅南口徒歩4分 骨盤軸整体荻窪院 03-6279-9746

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です