「もっと早く出会うべき人に出会っていれば」妊娠出産を機にそれまで抱えていた腰痛が一気に悪化してしまったケース


「もっと早く出会うべき人に出会っていれば」妊娠出産を機にそれまで抱えていた腰痛が一気に悪化してしまったケース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

先日、出産後12ヶ月を経過された新規クライアントNさんが当院にいらっしゃいました。

聞けば耐え難い腰痛に苦しんでらっしゃるだけでなく、両手足の神経痛やしびれ、さらには尿もれを出産されてからずっと抱えて育児をされてきたのだとか。

なお腰痛に関しては、妊娠される遥か以前から悩まれてきたそうで、出産を機に一気に症状が悪化されてしまったのだそう。

これはもはや、産後ケアの範疇にはおよそ収まり切らないケースといっても過言ではないでしょう。

そして、初回施術を通してつくづく思ったことは、もっと早く出会うべき人に出会っていればということ。

妊娠出産を機にもともと抱えていた腰痛が悪化してしまうケース

 

妊娠出産を機にそれまで抱えていた腰痛が一気に悪化してしまったというケースを目の当たりにすることがあります。

それほど妊娠出産というイベントは、時として女性の体の「何か」を決定的に変えてしまうことがあるのです。

そして、もちろん悪化させてしまった腰痛を抱えてながらの育児は当然、困難を極めようもの。

クライアントNさんは、そういった状況下でおよそ1年ものあいだ耐えて来られたのです。

もちろん、その間に整体や各種医療機関を訪ねたそうなのですが、ことごとく症状の根本的解決には至らなかったという訳です。

ご本人も仰っていたのですが、妊娠出産についての専門的なノウハウを持たない普通の整体院では、そもそも限界があったのだろうと。

当たり障りのない慰安的なものではなく、一歩踏み込んだ産後ケアが必要なのであったと。

ちなみに当院のたった一回の施術であれほど苦しまれていた腰痛は綺麗に消失し、クライアントNさんのとても感動された顔は今でも忘れることが出来ません。

妊娠前から重度の腰痛を抱えていたような方ほど、一歩踏み込んだ産後ケアが必要になってくる

クライアントNさんの腰痛がたどった経緯とは

 

ところで、クライアントNさんの抱える腰痛については、実は初回に診させて頂いた時点で、とても楽観的であるとお伝えしてありました。

その理由について、まずはNさんの腰痛の経緯から。

聞けば二十歳の頃にスポーツ障害による腰痛を発症した時に、医療機関からそれまで取り組んでいた競技から引退するように諭されたのだとか。

背骨に負担を掛け続けた結果、骨組織に変性が生じてしまい、これ以上の競技続行がさらに腰痛を悪化させてしまうことになるからであると。そして、競技引退したことで体重が大幅に増えてしまい、今度はそちらが原因で腰痛を慢性化させてしまうことに繋がったのだと。

だから出産後は腰痛改善を図るため体重を17kgも落としたのだそうで、事態の深刻さが伺い知れます。

しかし、皮肉なことに出産後1年経ってもなお、腰痛はもちろんのこと、両足の神経痛も治まらず苦しまれていたのです。

余計な苦労を抱えずに済んだ可能性も

 

まず初回にNさんの身体を拝見させて頂いてすぐに判ったことが、二十歳の時に発症してしまった腰痛と、出産後の現在に抱えてらっしゃる腰痛とはおそらく別物であること。

少なくとも両足に出現している痛みや痺れは、腰由来のものである可能性が極めて低かったのです。

要は出産後に抱えてしまった腰痛をはじめとする諸症状の原因の大部分は、おそらくは妊娠出産の過程で生じてしまったものなのであると。そして、二十歳の時に抱えてしまった腰痛に関しては、お聞きした限りではそう大事にまでは悪化していなかったことが予想出来たのです。

さらにはある程度本格的に運動に取り組まれていたという「経験値」が、体幹バランスという形でNさん身体の中に残されていることが確認出来たのです。

つまりは、妊娠出産で崩してしまった部分を回復させてあげさえすれば、「経験値」というアドバンテージの分だけ進捗を早めてくれるのではないかという予想を立てるに至ったということ。

それが「たった一回で」という、こちらの予想を上回る成果となって現れた訳なのです。

そして、今回Nさんのケースでつくづく思ったのが余計な苦労をせずに済んだ可能性があるということ。

当時の医学にあっては仕方がなかったことなのかも知れませんが、競技を引退するまでもなく一定期間の休養で充分だった可能性が高いこと。また、競技から引退して長期間にわたって運動から離れてしまったことで、却って二次的な腰痛(慢性腰痛)で苦しまれる結果となってしまった可能性が高いということです。

もっと早く出会うべき人に出会っていればとつい考えてしまうのです。

頑固なまでに慢性化してしまった腰痛は、時として運動療法が著効を示すことがある

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました
妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか? 産前産後の女性のための専門の整体院貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか? 託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪ 荻窪駅南口徒歩4分 骨盤軸整体荻窪院 03-6279-9746

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です