本質的な産後ケアを目指す上で骨盤ベルトを巻くことよりももっと大切なこととはいったい?


本質的な産後ケアを目指す上で骨盤ベルトを巻くことよりももっと大切なこととはいったい?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

妊娠出産を経て、当院の産後のボデイケアコースに初めて来院される方のほとんどが「開いた骨盤を締めて下さい」もしくは「骨盤の歪みを矯正して下さい」とまず最初に仰います。

おそらくは産後に抱えてしまった不調やトラブルがそれら二つに起因するものだと信じて疑わないからなのでしょう。

分娩時に開いてしまった骨盤は直ちに締めないと開いた状態のまま元に戻らなくなってしまうといった話がまだまだまことしやかに信じ込まれているのです。

これ実は、ほとんど都市伝説の域を出ない話なんですけどね。

それでは、本当に必要な産後ケアとはいったい何なのでしょうか?

骨盤は産後◯ヶ月以内に締め直さないといけないって本当?

 

分娩時に開いてしまった骨盤は出産後◯ヶ月以内に締め直さないと開いた状態のまま元に戻らなくなってしまう。

おそらく多くの方が「産後の骨盤矯正」という言葉に対して、このようなイメージを持たれているのではないでしょうか?

出産されて間もない時期の女性の多くがお尻の形をはじめとするボディラインの変化を感じるもので、実際に妊娠前に履いていたジーンズが入らなくなってしまうことも珍しくありません。

それこそ、まさしく「骨盤が開いた」かのような感覚に陥いってしまうもので、ひょっとしたらこんな所から言葉が独り歩きを始めてしまったのかも知れません。

しかし、現実には帝王切開でも同様の現象は起きるもので、かえって自然分娩よりも大きな不調を抱えてしまっているような方も多くいらっしゃいます。

また開いた骨盤を締めなくてはと、産後ベルトを装着する方が増えているのですが、往々にして不調や痛みは改善しないことが多いようです。

つまり、産後に抱えてしまったボディラインの悩みだけでなく、痛みや不調といった諸症状と骨盤の開きとは無関係であることがこういった事象から窺い知ることが出来るという訳です。

だから当院では、現在は骨盤ベルトの装着は推奨していませんし、当然「出産後◯ヶ月以内に」といった話も致しません。

産後に抱えてしまう痛みや不調、ボディラインの問題の原因は、「骨盤が開いた」こととは全く別の所に存在するはずであると当院では考えているからです。

産後6ヶ月以上経っていても産後ケア、産後の骨盤矯正は間に合いますか?【骨盤軸整体レポート】

そもそも「産後の骨盤矯正」という考え方から脱却するべき

 

それでは産後女性が抱える様々な問題を改善させるにあたって重要なこととは、いったい何なのでしょう?

これについては当院では独自に「体幹バランスの回復」という考え方に立ち、それこそが産後女性が出産後に直ちに回復させなければならないものなのであると考えています。なお、「体幹バランスの回復」とは妊娠出産の過程でどうしても抱えてしまうことになる筋肉の機能低下から回復させることを指します。

つまり、「体幹バランスの回復」こそが本質的な産後ケアなのであり、そもそも産後女性において「まず骨盤ありき」という考え方自体が大きな矛盾をはらんでいるものと考える訳なのであるのです。

また、逆に言うと「骨盤が開いた」という実感がさほど無いような方でも、きちんと「正しい」産後ケアを受けておくべきであるとも考えます。

そういった意味からも、そもそも「産後の骨盤矯正」という考え方自体から脱却するべきであると、当院では考えるのです。

出産後に「骨盤が開いた」という実感がない方でも産後ケア、骨盤矯正は必要なの?

そろそろ「産後の骨盤矯正」という考え方から脱却しませんか?【当院の考える産後ケアの本質について】

あくまで本質的な産後ケアを追求するにあたって大切なこと

 

結局、人間の骨格を支えているのは筋肉です。

例えば出産後にお尻の形が崩れ、横に大きく広がり、妊娠前に穿いていたジーンズが入らなくなってしまう現象も、その原因は結論から簡潔に言ってしまうと、妊娠出産を経た結果、骨格を支える筋肉が筋肉が機能低下を起こしてしまうから。

決して「骨盤が開いた」からではないのです。

妊娠出産で体幹バランスが崩れたことによって筋肉が股関節を正しく支えきれなくなってしまうことにより生じた「内股」が実はお尻の形を変えてしまう元凶であったのです。

だから、妊娠前からもともと内股の傾向があったような方は、さして「骨盤が開いた」という実感すらないはず。

妊娠される以前から既にそういった身体的傾向を持つような方は、ぽっこりお腹に代表されるウエストラインの問題や、太ももやふくらはぎなどレッグラインの問題をおそらく妊娠前から抱えていたことが考えられるはずであるのです。

そして、これらのことを踏まえて考えてみると、筋肉が骨格のバランスを左右する存在である以上、日常生活における「体の使い方のクセ」がその人の骨格の特徴を決定付ける大きな要素になるとも言えるでしょう。

そういった意味では、ベルトで骨盤をぎゅうぎゅうに巻くことよりも、妊娠から出産までの過程で変化してしまったであろう立ち方や歩き方における悪い癖、「間違った身のこなし」を修正していくことの方が余程大切であると当院では考えるのです。

妊娠中に身に付いてしまった、立ち方や歩き方はじめ「間違った身のこなし」を修正しないことには、なんら根本的な解決には到達できないということ。

また、そういった理由から当院の産後のボディケアコースでは、本質的な産後ケアを追求する目的で「理想的な歩き方」をレクチャーさせて頂いているのです。

産後のボディケアコースで積極的に歩くことを推奨する理由と正しい歩き方について

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました
妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか? 産前産後の女性のための専門の整体院貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか? 託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪ 荻窪駅南口徒歩4分 骨盤軸整体荻窪院 03-6279-9746

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です