妊娠中や出産後に関わらず、ピタリと尿漏れを改善させてしまえることから見えてくること


妊娠中や出産後に関わらず、ピタリと尿漏れを改善させてしまえることから見えてくること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

妊娠出産を経てからの尿もれで悩まれているという方は非常に多いものです。

おそらく当院でもマタニティ整体コース産後のボディケアコースを問わず、新規でお越し頂いた方の多くが来院動機のなかに尿もれを挙げているはず。

実は、そのくらい周産期の女性の抱える尿もれを改善させることは一般に難しく、そういった悩みを抱える方々こそ普通の整体ではなく産前産後ケアの専門院を目指すこととなるのでしょう。

そして、骨盤軸整体によって思ってたよりもあっけなく改善してしまう事実に驚くこととなるのです。

骨盤底筋を引き締める体操をやっても出産後の尿もれはなかなか改善しないもの

 

今や出産後に骨盤底筋を引き締め直すことは、ごく当たり前になったように思います。

実際、産科でも産褥体操やケーゲル体操で骨盤底筋を「鍛える」よう推奨されるもので、それが不完全なままだと尿漏れに悩まされてしまうことがよく知られているからです。

なお骨盤底筋が妊娠出産で機能低下してしまう原因としては、妊娠から出産までの過程でお腹のなかに抱えていた胎児の成長とともに引き伸ばされてしまうからと一般的には考えられていることが多いよう。

だから、引き伸ばされ緩んでしまったものを締め直すよう「鍛える」という感覚で認識されている方が多いのではないでしょうか。

しかし、医療機関で指示された通り「鍛える」よう体操に励んだところで、尿漏れが一向に改善されない現実に直面することとなるのです。

出産後に骨盤底筋を「引き締めよう」としても結果が出にくいもの

 

妊娠出産で引き伸ばされ緩んでしまった骨盤底筋を「引き締め」、「鍛える」。

実は当院では、こういった考え方には立っていません。

まず骨盤底筋が典型的なインナーマッスルであるという点に注目するべきで、周囲の筋肉と協調して働くことで初めて本来のパフォーマンスを発揮できる、インナーマッスルとしての特性を理解するべきであるのです。

つまり、骨盤底筋だけにフォーカスして鍛えよう、動かそうとすること自体がナンセンスであるということ。

まずは「腹圧」というキーワードのもと、骨盤底筋がインナーユニットを構成する筋肉群の一部であることを理解した上で、他の筋肉と連動させるなかで骨盤底筋の使い方を思い出す努力をなさるべきであるのです。

「引き締める」、「鍛える」というよりは、どちらかと言うと周囲の筋肉と協調して使えるよう機能訓練をしていくイメージです。

骨盤軸整体を語る上で決して欠かせないキーワード【インナーユニットとは】

たった一回の施術でピタリと尿もれが止まってしまうことがある理由

 

骨盤底筋、イメージイラスト、産後ケア

ところで骨盤底筋という筋肉は、骨盤の「底」をハンモックのように支えている筋肉であり、実際には何層にもわたる筋肉で構成されていることから正式には骨盤底筋群と呼ばれます。そのうちの一層が尿のコントロールを担っているという訳です。

もちろん、他の層は物理的に身体を支えるという役割なども担っています。

つまり、この骨盤底筋群が妊娠中は胎児の重さを「底」から支えているのですが、おそらく実際には「引き伸ばされて緩む」というよりは、重さを支え続けることで「硬く萎縮して柔軟性を失ってしまう」状態に置かれてしまうのではと推測するのです。

その結果、周囲の筋肉との連携が成立しなくなり、筋肉としての正常な働きが損なわれてしまうことになるのであると。

要は引き伸ばされて緩んで弱化するというよりは、妊娠中に硬くなり柔軟性を失ってしまったことで、周囲の筋肉と上手く協調して使えなくなってしまったことが周産期にある女性の尿漏れの本当の原因であると当院では考えるのです。

そして、こういった考え方に立ってみると、施術を一回受けただけで尿漏れがピタリと改善してしまうケースについて説明がついてしまうという訳です。

 

どういうことかと言うと。

もちろん骨盤底筋群は施術で直接触れることは出来ません(やりません)。

そこで、硬くなり柔軟性を失ってしまった骨盤底筋群と隣接する他の筋肉(股関節まわりの筋肉となります)を骨盤軸整体によって動かしやすくしてあげることで、筋肉どうしを連動させるなかで再び骨盤底筋群に力を込める感覚を思い出して頂くのです。

筋肉周囲の環境を整えてあげることによって、無理なく骨盤底筋群が動かせるよう誘導させていくイメージ。

だから妊娠中の方であっても、施術一回でピタリと止まってしまうことがある訳なのです。

これが、もし引き伸ばされて緩んで弱化したことが原因であれば、さすがに施術一回で改善してしまうことは考えられません。

施術とは別に、自宅で骨盤底筋を「鍛える」といった作業がある程度の期間にわたって必要となってくるはず。

施術一回で綺麗に改善してしまうことから、周産期に抱えてしまう尿漏れの本当の原因が垣間見えてくるという訳です。

正しく腹圧を高めるにあたって必要な「ある工夫」とは?【狙って骨盤底筋を動かすコツとは】

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。