床からスッと立ち上がることが出来なくなっていませんか?産後女性の身体に生じている「変化」とは


床からスッと立ち上がることが出来なくなっていませんか?産後女性の身体に生じている「変化」とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

妊娠出産を経て女性の身体はそれこそ劇的なバランス変化が起こるもの。

そして、それと同じくらい実は生活スタイルにおいても変化が起こるもので、ソファや椅子ではなく床に直接座る機会が多くなるものだと聞きます。

こういった生活習慣の変化が時として産後女性の身体に生じている「変化」を教えてくれるもので、立ち上がり時の膝の痛みや違和感、座った時の尾てい骨の痛みなどがその代表的な例となるでしょう。

また、そういった直接的な症状がなくとも、出産されてから「床からスッと立ち上がることが出来なくなった」という声は比較的よくお聞きするのです。

妊娠出産で産後女性の身体に生じる「変化」とは

 

妊娠から出産までの過程で、女性の身体に生じる「変化」については、当院では以下の2点に集約できるものと考えています。

  • 妊娠出産による急激な重心バランスの変化によって引き起こされる筋肉の機能低下である「重心の揺り戻し
  • インナーユニットとよばれるコアを支える筋肉群の機能低下による腹圧の減少

 

これら2点によってもたらされる筋肉の全体的なパフォーマンスの低下を体幹バランスの乱れ、低下と言い換えることが出来るかと思います。要は持ち合わせている筋肉を妊娠以前ほど「効率良く」使えない状況に陥ってしまうということ。

個々の筋肉が孤立してしまい、有機的に機能しない状況に置かれてしまうのです。

その結果、あらゆる動作が「力任せ」となってしまい、日常の何でもない動作で膝や腰に問題を抱えてしまうことになると当院では考えるのです。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

妊娠出産で一度崩れてしまった体幹バランスが改善すると

 

妊娠中10ヶ月もの間、大きなお腹でバランスを取りながら生活したのち、今度は出産という「わずか1日ほど」のイベントを境に急激な重心バランスの変化に見舞われることになります。

当然、全身の筋肉はいったん大きく混乱することとなり、そのパフォーマンスは大きく低下してしまうことに。

これが出産後に生じる体幹バランスの崩れ、低下の原因で、当院ではこれを「重心の揺り戻し」と呼んでいます。

この「重心の揺り戻し」による影響で、特に骨格を安定させるように働くインナーマッスルとよばれる筋肉群が著しく機能低下してしまうことで、出産後まもない時期に「力が入りにくい感じ」や、「立ち上がる動作でふらついてしまう」などといった違和感に抱えてしまう方も珍しくありません。

もちろん産後に抱えてしまった尿もれなどと同様に自然に回復してしまう場合もあるのですが、なかには長期間にわたって不調を引きずってしまうような方もいらっしゃいます。

また、こういった不調(体幹バランスの崩れ)を自覚しないまま、育児で膝や腰に余計な負担を掛け続けることで、それまでの人生で経験したことのない膝や股関節などの痛みを抱えてしまうこととなるのです。

逆に言うと、こういった産後女性の体幹バランスを回復させてあげることで、こういった不調や痛みを原因の部分から改善させてあげることも可能となります。そのために考え出されたアプローチ法が骨盤軸整体であるのです。

 

なお「重心の揺り戻し」については保育士さんのケースに置き換えてみると理解しやすいかと思います。

妊娠出産で生じる「変化」は、プロの保育士さんの身体でさえ悲鳴をあげさせてしまうのです。

なぜ保育士さんは自分の子供だと腰を痛めてしまうのか?【本質的な産後ケアとは】

体幹バランスが崩れてしまった結果、股関節を上手に使えなくなってしまうことで

 

それでは妊娠出産で体幹バランスが崩れしまった結果、具体的にどのような現象が産後女性の身体に生じるものなのでしょうか?

産後ケアの現場で、まずはもっとも顕著に感じるのが股関節の機能低下でしょう。

例えば歩き方の変化がいちばん分かりやすく、膝から下だけでちょこちょこ歩く、歩幅の狭い独特の歩き方をなさるようになります。歩く際に上手くお尻の筋肉(股関節)を使えなくなってしまうからです。

本来、理想的にはお尻や太もも裏の筋肉といった体のコア(インナーユニット)に直結する筋肉を使った歩き方すれば、体幹の力を十分に利用できることで、より速く、かつ疲れることなく歩くことが出来るはずであるのです。

 

また同様に、床から立ち上がるような動作をする際も膝だけでなく、お尻や太もも裏の筋肉も参加させてあげることが出来れば、スッと立ち上がることが出来るはずで、その際に骨盤底筋(腹圧)の生み出す力をしっかりと股関節に伝えることが出来るかどうかがカギとなります。

逆に膝だけで立ち上がろうとすれば、スッと立ち上がれないばかりでなく、膝の痛みの元凶を作ってしまうことに繋がりかねないということ。

骨盤軸整体を受けたクライアントさんの多くが「床から立ち上がりやすくなった」という実感をもつようになる理由は、股関節のパフォーマンス改善にその秘密があったということです。

鍛えるまでもありません。

あくまで、ただ筋肉が使える状態にしてあげれば床からスッと立ち上がることが出来るようになるのです。

出産後に膝痛と尿もれの両方で悩まれている方へ【フラットバックを体幹から読み解く】

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。