出産後6ヶ月が経過しているケースでのボディライン改善における当院の方針について


出産後6ヶ月が経過しているケースでのボディライン改善における当院の方針について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院の産後のボディケアコースにおける新規のお問い合わせでのなかで、「産後6ヶ月以上経っているが、いっこうに体重が戻らなくて困っている」という相談をよくお聞きすることがあります。

 

特に職場復帰を先に控えている方にとっては、切実な悩みとなるのでしょう。

もちろん産後のボディラインの立て直しについては「産後6ヶ月まで」に取り組まれた方が余計に苦労されなくて済む訳であるのですが、決して諦めることもない話。

この機会に産後6ヶ月以上経過してしまっているケースでのボディライン改善における当院の方針をまとめておこうかと思います。

産後のボディライン立て直しを「産後6ヶ月までに」取り組むべき理由とは

 

まず単刀直入に言ってしまうと、当院では産後のボディラインの立て直しについては基本的に「産後6ヶ月までに」取り組むことを推奨しています。

そのいちばん大きな理由は、授乳中の方が効率よく体重を落とすことが出来るから。母乳の原料として自身の脂肪を大量に消費する「産後6ヶ月」までの時期に取り組まない手はないのです。

この時期の産後女性は旺盛な食欲と母乳の栄養分とを相殺してしまえる、いわばボーナスステージ期間にあると言えるという訳です。

しかし、ボーナスステージは永遠には続きません。

いずれ離乳食が始まるタイミング、つまり「産後6ヶ月」あたりから母乳の質が変わり、その量も大きく減らしていくことになるのです。

しかしながら、ご本人自身が食欲旺盛にあることはそのままであることがほとんど。このタイミングで多くの女性が困ることになるというわけ。

だから「産後6ヶ月までに」きちんと燃やせるカラダにしておくことが重要である訳なのです。

なお本気でボディライン改善を目指すのであれば、食事制限だけでなく運動を取り入れることも必要であると当院では考えます。結局はエネルギーを熱へと代謝させてくれるのは、おもに筋肉だからです。

また基礎代謝を上げること共に、アクティブな生活を送ることも大切。運動することでホルモンバランスが変わり、より前向きな気持ちへと誘導してくれるもの。家でじっとしていたら、食に走ってしまうことは言うまでもありません。

やはり産後6ヶ月までに動けるカラダへと体質改善しておくべきであるのです。

できれば出産後6ヶ月までに準備しておきたいこと【産後一か月からの来院を推奨する理由とは】

産後6ヶ月を経過してしまった場合に目指すべき方向性について

 

それでは実際に「産後6ヶ月」が過ぎてしまったような場合は、産後のボディラインの立て直しは、どのような方向性で取り組むべきであるのでしょうか?

これについては、まずは「長いスパンで目標を設定して取り組んで頂きたい」という一言に尽ます。

確かに「産後6ヶ月」が過ぎてからですと、体脂肪率を落とすスピードは、ゆっくりとしたものにならざるを得なくなるのですが、産後のボディラインの立て直しについては、どちらにせよ脂肪の量が問題の全てという訳ではありません。

仮に体脂肪率がクリア出来ていたとしても、内臓下垂や、インナーマッスルの機能低下からくるポッコリお腹ヒップラインの問題などクリアしなくてはならない課題が他に多くあるはずだからです。

「産後6ヶ月」が過ぎていようとも、体脂肪率以外のこうした課題をクリアしていかないことには変わりはないのです。

あくまで体脂肪率を改善させていくという部分で、進捗の速さと余計な苦労をせずに済むといった点でアドバンテージがあるに過ぎないということ。

しかし、現実的には「産後6ヶ月」が過ぎてもなお旺盛な食欲を抱えたまま、体重(体脂肪率)を落としていく作業は困難なもの。だから食事の摂り方について、ある工夫を取り入れて頂くことにしています。

それは、なるべくインシュリンを分泌させないような摂り方で、急激に血糖値が上昇するような食べ方をすると人間の体はひたすら「溜め込む」ような方向に動いてしまうからです。

具体的にはパンよりも米食が好ましく、たとえ同じカロリーを摂取したとしても米の方が脂肪として体に残りにくいのです。ゆっくりと糖化していく、つまり「腹持ちの良い」炭水化物を摂取した方が結果、太りにくいのです。

運動するにあたって、まずはきちんと動けるカラダ作りを目指す

 

「産後6ヶ月」が過ぎてしまうと、母乳の質と量の変化の関係で体脂肪を落とすにあたって若干ハードルが高くなってしまうことになるのですが、決して手遅れになるという話ではないというのが当院の考え方です。

そして、ただ体重(脂肪)を落としただけでは、理想のボディラインに辿り着くことは出来ないという点についても理解して頂けたかと思います。

結局、「産後6ヶ月」以降もご自身の旺盛な食欲は続く以上は、基礎代謝を上げておかなければ体重維持は難しく、また体重だけでなくポッコリお腹垂れ尻などといったボディラインの問題を改善させるには筋肉の質と量も追求していかなければならないのです。

やはり本気で産後のボディラインの立て直しを考えた場合、どうしても運動を取り入れることが必要となってくるはずであるのです。

しかし、痛みや不調を抱えたままであると、どうしても運動に取り掛かろうといった前向きな気持ちにならないもの。そうして自宅にいる時間が長くなれば、却って食に走ってしまうといった悪循環に陥ってしまうことでしょう。

そういった意味では、仮に「産後6ヶ月」が経過してしまっていても、きちんと燃やせるカラダ、ひいてはきちんと運動できるカラダ、現実的に運動できる状況にするための「余力」を自身に作り出すことが重要であると考えるのです。

たとえ「産後6ヶ月」が過ぎたとしても、開いた骨盤が固まってしまい手遅れになってしまうことなどないのですから。

育児のなかでしっかりと「余力」を作れている方ほど産後ボディの建て直しに成功している

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。