産後女性の皆さまが長い距離を歩かれる前に準備したいこと【正しいフォームで歩く重要性】


産後女性の皆さまが長い距離を歩かれる前に準備したいこと【正しいフォームで歩く重要性】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

先日、産後のボディケアコースに通われているクライアントさんから、こんな質問を頂きました。

「ウォーキングしていたら、足の甲から脛(すね)にかけての筋肉が詰まっていくような違和感を覚えたんです」

 

実は当院では、産後のボディラインの立て直しとリハビリテーションとを兼ねて、特に産後女性の皆様にはウォーキングを推奨させて頂いているのですが、このクライアントさんはこれに真摯に取り組まれていたという訳です。

ところがウォーキングに関しては、往々にして真摯に取り組まれる方ほど、初期の頃はトラブルに見舞われやすい傾向があります。

それは頑張りすぎるあまり、無意識のうちに「力んで」歩いてしまっていることが多いからで、このクライアントさんも、結果的に「力んで」足首をロックした歩き方になってしまっていたのです。

妊娠出産で変化してしまった歩き方を見直すべき理由とその効果

 

当院の産後のボディケアコースに通われている皆さまにウォーキングを推奨させて頂いている理由は、おもに2つあります。

まずは妊娠から出産までの過程で変化してしまった歩き方を「正しい歩き方」に修正するため。

妊娠中に一度ボディバランスが大きく変化した影響で、歩き方のみならず、知らず識らずのうちに全身の筋肉の使い方から変わってしまっているもので、これが修正されないままであると痛みや不調の原因となってしまうだけでなく、ポッコリお腹ヒップラインなどはじめとするボディラインの修正もおぼつかなくなってしまうなってしまうことになるのです。

次に挙げる理由は、基礎代謝の向上のため。

妊娠後期に入り活動量が下がってしまうことで、多くの方が筋肉量を落としてしまうことになります。これが産後太りの原因のひとつとなっているのですが、これを歩くことで取り戻してしまおうというわけ。

また、歩くことで気持ちを前向きにさせる良いホルモンの分泌を促すことができ、結果、過食に走ることを抑えることにも繋がるのです。

出産後1年以上にわたって続く食用旺盛な状態をどう乗り切るか?

じっとしてしまう時間が長いと、意外と人間は食に走ってしまうものであるのです。

妊娠、出産後に歩き方が変わってしまって悩まれている方へ【産後の歩行の違和感】

産後のボディケアコースで積極的に歩くことを推奨する理由と正しい歩き方について

産後女性が実際に正しい歩き方を実践することは難しいもの

 

ところが理屈とやり方を学んで、いざ「正しい歩き方」を実践してみようとすると一筋縄ではいかない現実に直面することとなります。

最初は無意識のうちにどうしても「力んで」しまうものだからです。

だから、歩き方に関してはトライ&エラーを繰り返すなかで、徐々に精度を上げていくより他ないと考えます。

コツが掴めれば面白いほどラクに早く歩けるものです。こうした成功体験がより一層のモチベーションとなってくれれば進捗は早まるはず。それまでは都度、実践してみて疑問に思ったことを地道に質問して頂くより他ないのです。

また、実践しないことには疑問にすら辿り着けないことは言うまでもありません。

逆に精度が高まり、歩くことに物足りなさを感じ始めるようになった時が、走り始めるタイミングであると考えます。この境地に辿り着けたら大したものでしょう。

出産後に運動を再開するタイミングについて【産後ケアと体幹の回復を待つべき理由】

長い距離を歩くからこそ「正しい歩き方」を習得するべきである

 

ここで冒頭のクライアントさんの話に戻ります。

「ウォーキングしていたら、足の甲から脛(すね)にかけての筋肉が詰まっていくような違和感を覚えたんです」

 

真摯にベビーカーウォーキングに取り組まれていたなかで、おそらくはフォームを崩した状態で無理に長い距離を歩いてしまったのでしょう。

結果的に、脛(すね)の筋肉がオーバーワークとなり、悲鳴を上げてしまった状態であることが推察できます。

技術的に考えられるのは、知らず識らずのうちに膝関節の屈伸をメインに歩いてしまっていたのでしょう。そうなると足首を柔らかく使えません。

そうではなく股関節メインで、つまりお尻や太もも裏の筋肉をメインに歩くことが出来れば、足首から余計な力が抜けることがすぐに分かるはず。さらには内ももの筋肉や骨盤底筋との連携を高める歩き方が理解できれば、自然と歩幅が広がっていく感覚を得られることでしょう。

こうして、実践のなかから得られる躓き(つまずき)によって毎回きちんと歩き方をアップデートさせていくことが出来れば、苦もなく長い距離を自然に歩くことが出来るようになるのです。

逆に自己流で無理に長い距離を歩いてしまわれると、思いがけないトラブルを抱えてしまうことに繋がりかねません。また、そもそも歩くという習慣を続けることも難しくさせてしまうことになるでしょう。

まずはベビーカーウォーキングから始めてみませんか?産後女性が始める理想的な運動習慣

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。