明確な変化を実感できていますか?「何が」目的で「産後の骨盤矯正」に行くべきであるのか


明確な変化を実感できていますか?「何が」目的で「産後の骨盤矯正」に行くべきであるのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、院長の三橋です。

整体カイロプラクティック院はともかく、近頃では接骨院、整骨院でも「産後の骨盤矯正」というメニューを目にするようになって来たように思います。いつの間にか出産後のケアが一般的なものとして認識される時代となったのでしょう。

さて、この「産後の骨盤矯正」ですが、一般の方々はどんなイメージをお持ちでしょうか?

ちなみに当院に初回来院された方たちにお聞きすると、出産で開いた骨盤を締める作業というイメージをお持ちの方がほとんど。

そして、過去に「産後の骨盤矯正」を受けたことがあるという方にさらにお話を伺ってみると、多くの方が実際には「明確な変化を実感することはなかった」と仰るのです。

つまり多くの場合、いつの間にかリラクゼーションにすり替わってしまっているのが現実であると考えられるのです。

そもそも本来、何が目的で「産後の骨盤矯正」に行くべきであるのでしょうか。

産後ケアの本質とは?本当に骨盤は開くものなのでしょうか?

 

まず、身も蓋もない話になるのですが、骨盤って本当に開くものなのでしょうか?

確かに分娩の瞬間には、赤ちゃんの頭を通すため骨盤を支える結合部分(骨と骨とを繋ぐ靭帯とよばれる組織)には物理的変化が生じます。

しかし、それは「開閉する」というよりも、結合部分が「緩む(伸びる)」といったもの。当然、緩んだままの状態では骨盤はグラグラのままで歩くこともままならないはず。歩けるということは、緩んだ部分はある程度固まったことを意味するのです。

つまり、産後1ヶ月以上経過して自力で歩ける状態にあるのあれば、少なくとも骨盤が開いているはずはないということ。しかしながら多くの方が産後1ヶ月以降もなお、「骨盤が開いたかのような状態(力が入りにくく不安定な状態)」を抱えたまま過ごすことになるのです。

ということは、いわゆる「骨盤が開いたかのような状態」は、骨盤自体に原因があるわけではないことを示唆することになります。

もちろん当院の見解も「そもそも骨盤は開かないもの」。

骨盤とは別の部分に本当の原因が潜んでいるものと考えるのです。

だから、いくら骨盤を締めようとしたところで、さしたる実感を感じないはずであるのです。

出産で本当に骨盤は開くものなのか? 【便宜的に「骨盤が開く」という意味】

「骨盤ありき」という考え方から離れてみることで産後ケアの本質がみえてくる

 

一般に出産後に抱えてしまいがちな不調やトラブルの本当の原因の多くは、骨盤とは別の部分に存在するものと当院では考えます。そもそも解剖学的に開かないはずの骨盤に原因を求めること自体が大きな矛盾をはらんでいることは言うまでもありません。

いったん「骨盤ありき」という考え方から離れてみることで、ようやく産後ケアの本質が見えてくるということ。

そういうこともあって、当院では長らく整体カイロプラクティック業界で使い回されてきた「産後の骨盤矯正」という表現方法に疑問を持ち、あえて当院のメニューから外すことにしました。これが当院の「産後のボディケアコース」というメニューの由来です。

妊娠出産を経た女性が、出産後に本当にケアしなければならないもの。

当院であれば、この命題に対する明確な答えをはっきりと提示することができます。

逆にいつまでも開くはずのない骨盤にその答えを求め続けたところで物事の本質に辿り着けるはずもなく、曖昧な目標設定のもと時間の経過とともに「本来の目的」がぼやけていってしまうことになってしまいます。

つまり、いつの間にか高尚な目的で臨んだはずの「産後の骨盤矯正」が、育児で疲弊してしまう自分へのご褒美、つまり慰安目的のリラクゼーションへとすり替わってしまうという訳です。

いったん「骨盤ありき」という考え方から離れてみることで産後ケアの本質が見えてくる

妊娠出産で壊してしまった「もの」は、時として自然に回復してくれないこともある

 

妊娠出産で壊してしまった「もの」は、時として自然に回復してくれないこともあります。

だから本質的な産後ケアを受けてないと、十年後も依然として同じ不調やトラブルで悩み続けている可能性もあるのです。

 

ところで、「産後1年以上経ってしまっているのですが、もう手遅れでしょうか?」という問い合わせを頂くことがよくあります。

これについては、結論から申し上げると1年以上経っていようが何も問題なく、極端な話「10年経っていようが手遅れという話は一切ない」、これが当院の見解となります。

これはおそらく「産後1年までにケアしないと骨盤が開いたまま閉じなくなってしまう」という都市伝説レベルの話を本気で信じてしまったことによるものなのでしょう。

そして例え産後1年以上経過していたとしても、多くの賢明なクライアントさんたちは、当院の明確な説明と目標設定を聞くことにより安堵することとなるのです。逆に問題の本質が何も変わらない状態であれば、それこそ産後10年経過してもなお、同じ不調やトラブルを抱えたまま生活することを余儀なくされる可能性があるという訳です。

もし、「開いた骨盤を締める」といった曖昧な内容のもとズルズルと時間ばかり経過してしまっているのであれば、これはもう不幸というより他ありません。さしたる実感もないというもの。

その「産後の骨盤矯正」は、いつのまにかリラクゼーションにすり替わってませんか?

当院であれば、本質的な産後ケアを提供することが出来ます。

産後1年以上経っているのに腹筋が一回も出来ないままである原因【ぽっこりお腹との関係】

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。