小林コラム 〜インナーユニット〜


 

皆さん、こんにちは。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院 施術スタッフの小林です。

 

今回の身体に関するテーマはこちら

『インナーユニット』

 

聞き慣れない言葉ですよね。

テレビや雑誌でよく目にしたり耳にする「体幹」の一種でスポーツや生活の中でも活躍が期待できる筋肉群です。

まず『インナーユニット』が何かを説明していきましょう。

 

インナーユニットって?

『インナーユニット』とは横隔膜(おうかくまく)、腹横筋(ふくおうきん)、

多裂筋(たれつきん)、骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)の4つの筋肉の総称です。

体のバランスを安定させる筋肉で正しい姿勢をとるためには必須。

このインナーユニットは体の軸になる部分ですのでこれが乱れると肩こりや腰痛、

その他ストレートネック、首の痛みや手のしびれなども起きる恐れがあります。

 

 

どうゆう役割があるの?

『インナーユニット』は体を鍛える上でかかせない『体幹』の一種。

先に述べた筋肉の集合体ですがそれぞれの筋肉には役割があります。

 

①横隔膜

肺の下にある呼吸をするための筋肉です。息を吸うと下に下がり、

肺の中に空気を取り込み、息を吐くと持ち上がり、肺の空気を押し出します。

横隔膜を使う(=呼吸をする)ことにより多裂筋と骨盤底筋群の動きも引き出します。

 

②腹横筋

お腹の最も深い所にあるコルセットのような筋肉です。

息を吸う事によりお腹の内圧を高め、安定性も生み出します。

背骨にも繋がっている筋肉なので鍛える事で猫背等、姿勢の改善にもなり、腰痛防止にも役立ちます。

 

③多裂筋

背中を後ろから支える筋肉です。

骨盤底筋群にも繋がっているので背骨から骨盤までを安定させることと

正しい姿勢をつくることが出来ます。

 

 

④骨盤底筋群

骨盤の一番下にある筋肉群で

骨盤の安定、呼吸、生殖、排泄、内臓の位置を整えるなどを行なう大事な筋肉。

 

これらの筋肉は腹筋、背筋などのメジャーな筋肉に比べ地味ですが

実は人間の根本的な機能を活躍させるための大事な働きをしています。

インナーユニットはスポーツジムに通い詰めたり、激しい運動をすれば必ず鍛えられるものではなく

正しい姿勢や深い呼吸をする事により活性化することができるので

身体全体を鍛える観点からいえば比較的簡単にできます。

その鍛え方を説明する前にインナーユニットが何に役立つかもお伝えしましょう。

 

インナーユニットは何の役に立つの?

 

インナーユニットを鍛えることで以下のメリットがあります。

 

・体のバランスが良くなる(姿勢が良くなる)

・ケガをしにくい

・肩こりや腰痛の改善

・ポッコリお腹の解消

・疲れにくい

・睡眠の質があがる

 

生活の中で悩んでいる症状がインナーユニットを鍛えることで解決できます。

とくに育児されている方にもうってつけですね。

ただし、子どもがいるとなかなか自分の時間は作れないし鍛える気力もない…

とお悩みの方にも簡単にできるトレーニング方法があります。

 

どうやって鍛えるの?

 

それではインナーユニットの鍛え方で最も簡単な方法を一つお伝えします。

それは『ドローイン』という呼吸法で鍛えられます。

「ドローイン」とは呼吸によって腹圧(お腹の中の圧力)を高めることです。

腹圧を高めると排泄や排尿、女性なら出産するときにも役立ちます。

 

難しいことは一切ありません

「お腹を凹ませる深い呼吸をする」

それだけです。

 

やり方も立ちながらでも寝ながらでもできます。

まず立ちながら行なう場合は

 

① 背筋を伸ばしてお腹に軽く両手を当て、息をゆっくり大きく吸い込みましょう。

(この時にお腹が膨らんでいることを感じてください。)

 

② 吸いきれないくらい吸い込んだらお腹と背中をくっ付けるイメージで

ゆっくりと吐き、お腹を凹ませます。

※吐き過ぎて体調を崩さないよう注意してくださいね。

 

①、②を繰り返すだけです。

始めは回数や秒数は気にせず慣れてきましたら吐く時間などをのばしていきましょう。

 

寝ながら行なう場合も立っている時のやり方と基本的には同じです。

仰向けで横になり、またお腹に両手を軽く乗せ、両膝も軽く曲げましょう。

後は上記の①、②を繰り返すだけです。

 

深く呼吸をすることによりインナーユニットは鍛えられ

さらに内側の筋肉以外にも外側の筋肉の腹直筋(腹筋)も強化できるので

ポッコリお腹を無くすことも夢ではありません。

日常生活の中でも気軽にでき、育児されている方にもオススメです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?インナーユニットを鍛えることで正しい姿勢やバランスを保つことができ、

日々のお悩みの症状の解決に一役買うかもしれません。

日頃の運動不足で体型が気になってきた方にもインナーユニットは意外と簡単に鍛えられます。

まずはいきなり身体を酷使することから始めるのではなく、呼吸や姿勢を整えて体幹を強化してから

新しいことにチャレンジしてみても遅くないと思いますよ。

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です