マタニティ期の寝方について


 

こんにちは、荻窪院スタッフの井関です

当院はマタニティ整体もあり、妊婦さんも数多くご来院されております。
施術する時の体勢は、お腹が大きいのでもちろんうつ伏せではなく横向きと仰向けです。

まず最初に横向けでの施術から始まるのですが、この時足にクッションをいれ、いわゆる『シムス位』の体勢にするのですが、このシムス、意外と知らない方が多くいらっしゃり、ちょっと驚くことがあります。

2人目の妊娠で来院された方に、「一人目の妊娠期はこの寝方してましたよね?」と聞くと、「いえ、こんな寝方しらず、ずっと仰向けで寝てました!!」と言われる方もちらほら(笑)

シムス位とは19世紀に産婦人科のDr.James Marion Simsが提案した体位で、シムスの体位とも言われています。

どういった体位かと言うと、簡単に言うと横向け寝です。

妊娠中期〜後期になると子宮が大きくなり、仰向けで寝ると背中の右側にある下大静脈が圧迫されることにより、血行不良から、脚のむくみや低血圧による、めまいや気持ちの悪さなどが出ることもあります。

普通に横向きで寝るのではなく、図にあるように抱き枕やクッションなどを足にはさみ、寝るのがいいとされてます。

また寝る向きとしては、下大静脈は背中の右寄りにあるので、理想としては左下で寝ることがおすすめです。

そして、下になる左足は真っ直ぐにし、上に来る右足は股関節と膝を曲げるのが良いとされており、更にはお腹に負担が出ない程度で少しうつぶせ気味に身体をかぶせる感じが理想的なシムス位です。

さらに血流の問題だけではなく、妊娠後期になると反り腰になるため腰回りの緊張が強くなり、痛みや張りもでます。

シムス位で寝ることにより腰を丸めるので、腰回りの筋肉を伸ばし、腰痛や腰の張りを和らげることにもなりますよ。

ただし、仰向けが絶対にダメということではなく、腰や血圧などに問題などなければ、自分が一番楽だった姿勢(うつ伏せ以外)で寝ても大丈夫そうです。もし仰向けで寝る時は膝下にクッションをいれると反り腰が緩和され、仰向け寝が少しは楽になります。
また寝る前に腰回りのストレッチなどするのもオススメですよ。

自分にあった負担の少ない寝方で、快適な睡眠になるといいですね。

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です