Pocket

皆さん、こんにちは。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院 施術スタッフの小林です。

今回の身体に関わるテーマはこちら

『ウォーキング』

f:id:ogikubojin:20180803194745j:plain

運動不足で何か始める際に一番手軽にできることですね。

ただ闇雲に歩いているだけでは効率的ではありませんので「ウォーキング」するときに身体に効果的な歩行方法を紹介します。

効果的な”歩行”って?

シンプルに歩くだけでなぜ身体に良いのでしょうか?

身体を鍛えるにあたりまずイメージすることがランニングやジムなどに通い筋力を増強することだと思われます。

もちろんそれらのトレーニングも効果的ですが大人になって久しく運動していない、高齢になり過度な運動が出来ない、怪我や病気で身体が衰えたから身体を鍛えたいなどとマイナスからのスタートが殆どです。

だからこそまずは簡単に始められるウォーキングが最適。

しかし、ただ歩くだけでは効率的に身体は鍛えられず、

やりがいを感じられないかもしれませんので以下の項目を意識して歩くと健康的ですよ。

◎ 歩幅

歩幅は大きくとよく言われますが闇雲に大股で歩きすぎるとかえって筋肉の負担や正しくない歩行が身に付いてしまうので気持ち程度歩幅を大きくして歩くと良い形になります。

◎ 歩隔

耳慣れない言葉ですが歩隔とは左右の足の間の間隔です。理想が8〜10cmほどと言われています。

歩隔が狭いと脚同士がぶつかってしまい転倒の恐れや逆に広がり過ぎてしまうとがに股になり見栄えもがあまり良くありません。

歩隔が適正にならないのは内股の筋肉の『内転筋』という筋肉が弱まっているためです。

内転筋は脚回りの筋肉ですが股関節や腰や膝にも関連する筋肉なので歩隔を整えることは内転筋を強化することにも繋がりバランスの良い下半身を作れます。

歩く時も自分のどの筋肉を使っているかを意識すると身体を使っている自覚が芽生えてきて楽しく鍛えられかもしれません。

歩きながら出来ることってある?

よくウォーキングをする時に音楽を聴く方がいます。

好きな音楽を聴きながらだと気分が乗り歩行距離が伸び、歩行速度も高め、

結果、運動量、エネルギー消費量も増えます。

その他にもガムを噛みながらの歩行も同様の効果が期待できます。

ガムを噛むことで心拍数が上がり、運動リズムも上がるので身体機能の向上に繋がります。

「音楽」+「ガム」でのウォーキングもオススメですよ。

同じペースで歩いてもいいの?

 また単調に歩き続けることに退屈を感じてしまう方には「インターバル速歩」というものがオススメです。

f:id:ogikubojin:20180804163811j:plain

「インターバル速歩」とは「早く歩く」「ゆっくり歩く」を数分間ずつ交互に繰り返す歩行です。

筋肉に負荷がかかる早歩きと負荷の少ないゆっくり歩きで無理なく筋力や持久力をアップさせることが可能です。その他にも骨密度や生活習慣病のリスクの改善も役立ちます。

「インターバル速歩」のやり方は「早歩きを3分」「ゆっくり歩きを3分」これを繰り返すだけです。1日15分ほどを目安で行なうと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?ウォーキングをすることで身体機能や体力が付くのならやらないのは勿体ないですね。

歩き方一つでも様々な種類ややり方がありますので気になったウォーキングを気軽に実践してみてください♪

 

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

 

 

アラウンドバース・メソッドによる体系的な産前産後のケアといえば野田カイロ。

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

button_kariyoyaku_ogikubo

 

Pocket