Pocket

 

クラシックバレエをされている方は、本当に姿勢が良いのか

 

こんにちは。院長の三橋です。

今回は、姿勢について少しばかりお話をさせて下さい。

 

実は、整体カイロプラクティックに通われているクライアントさんのなかにクラシックバレエをされている方って、本当に多いんですよね。

それも20代という若さでいらっしゃる方も珍しくないのです。

 

皆さんは、クラシックバレエと聞いて、

「とても姿勢が良い」というイメージはございませんか?

 

バレエで日常的に運動もしているのに、ではなぜバレエダンサーさんたちは、肩こり腰痛といった症状で早いうちから悩まざるをえないのでしょうか?

クラシックバレエされている方々も、体が辛くて来院される

 

バレエをされているとはいえ、もちろん「美容で」というよりは、「体が辛い」ことが来院動機のほとんどです。

それも、20代という早い段階から体が悲鳴をあげ始めてしまう方が多いのも特徴であります。

 

正直、自分がカイロプラクティックの世界に入ったばかりの頃、あまりにクラシックバレエをされている若い女性のクライアントさんが多いことに驚いたものです。

 

だって、クラシックバレエ=良い姿勢というイメージしかなかったですから。

なのにどうして体が辛くなってしまうのか?

 

それが「視覚的に良い姿勢」なのであって、「生理的に良い姿勢」ではないことに起因することに気付いたんです。

まだ駆け出しの頃の自分にとって、大きな発見でした。

 

いわゆる正しい姿勢とは

 

背骨のS字のカーブ

 

 

それでは、よく云われる「正しい姿勢」とは、具体的にどういった姿勢なのでしょうか?

ごくシンプルに言うと、「正しい姿勢」とは、背骨のS字のカーブがきちんと成立している姿勢のこと。

 

S字のカーブがあるメリットとしては、以下ことが挙げられます。

  • 上半身の重さが、一部の椎間板や関節、筋肉だけに集中しなくなること
  • 歩く、走る、跳ぶことで生じる、地面からの着地の衝撃をきちんと分散できること

 

とくに着地の衝撃を逃がすサスペンションとしての役割が、バレエのように飛び跳ねる競技では重要となってきます。

ところが、一般的にバレエをされている方々ほど、「ある理由」でS字のカーブが背骨から消えてしまっていることが多いのですね。

 

クラシックバレエをされている方の姿勢的な特徴

 

飛び跳ねて回るバレエダンサー

 

クラシックバレエとは、そもそも高い芸術性が求められる競技であります。

なので容姿を少しでも綺麗に見せるために、以下のことを意識するそうです。

 

  • 首を細く長くみせるため、意図的に「なで肩」に見えるよう姿勢を作る。
  • コマのようにクルクル回転出来るよう、背骨をまっすぐにする。

 

とくに綺麗に回転するためには、まっすぐな背骨であることが重要なのだそう。

これが本来背骨にあったはずの生理的湾曲、つまり「S字のカーブ」を消してしまうことになるのですね。

身体が悲鳴をあげない訳がありません。

 

跳躍を繰り返す競技ほど身体への負担は大きいもの

 

クラシックバレエに限らず、バスケットボールやバレーボールなどといった跳躍を繰り返す競技は、どうしても身体への物理的負担がついて回ります。

どうしても、趣味の域を超えてしまうと、身体への弊害も起きてしまう訳なのですね。

これら競技は往々にして、一線からの引退のタイミングが早いもの。

 

ところで。

着地の際に地面から受ける衝撃は、実は、背骨に到達する前にさまざまな関節で吸収されるよう人体は工夫されているのです。

足の裏の関節→膝関節→股関節→仙腸関節(骨盤といった具合です。

それでも吸収しきれなかった衝撃が、背骨のS字カーブによって、やっと吸収されるのです。

 

最後に

 

クラシックバレエに限らず、スポーツ全般において、いわゆる「スポーツ障害」はついて回るもの。

クラシックバレエも、もちろん例外ではないのです。

 

むしろクラシックバレエをされている方々は「良い姿勢」であるという自負がおありなので、余計に状況をややこしくしがちなもの。

「生理的に良い姿勢」に対する正しい理解をされたうえで、バレエをされている方々こそ日々のメンテナンスが重要となってくるのです。

 

先述した衝撃を吸収してくれるはずの膝関節、股関節、または足裏などといった部分のコンディション維持がカギとなってきます。

もちろん、背骨の柔軟性の維持も大切であることは言うまでもありません。

こういったクラシックバレエにおけるスポーツ障害についても、カイロプラクティックが十分に得意とするところなのであります。

 

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

 

 

アラウンドバース・メソッドによる体系的な産前産後のケアといえば野田カイロ。

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

button_kariyoyaku_ogikubo

Pocket