妊娠前の体重に戻ったのに膨らんだお腹が戻らない理由【出産後のポッコリお腹の正体とは】


 

出産後のポッコリお腹の正体とは

 

こんにちは。院長の三橋です。

今回のテーマは、出産後にみられる「ポッコリお腹」について。

 

「体重は元に戻ったのに、“ポッコリお腹”だけが残ってしまっていて…」

「出産して数か月も経っているのに、膨らんだお腹がぜんぜん元に戻らなくて困っているんです…」

 

ふだん当院の「産後の骨盤矯正コース」にいらっしゃる患者さん達から、非常によくお聞きする言葉。

多くの方が妊娠前の体重に戻ったのにも関わらず、「ポッコリお腹」だけが治らないことに悩まれているのです。

 

体は痩せたのにいったい何故なのでしょう?

また、何か有効な手立てはあるのでしょうか?

 

 

「ポッコリお腹」の正体とは

 

まずは出産後の「ポッコリお腹」の正体について。

 

明らかに体重が増えてしまったケースにおいては、当然、皮下脂肪がまずは原因のひとつであることは説明するまでもありません。

しかし、なかには「体重は産前の状態に戻ったのに、お腹だけが膨らんだまま」という方も多いのです。

その場合、考えられるのは「内臓下垂」。

 

妊娠中にお腹が大きく膨らんだことによって、腹筋をはじめとする腹部を支えるさまざまな筋肉が大きく引き伸ばされて弱ってしまいます。

しかも、それは腹筋だけでなく、特に骨盤底筋群や腹横筋といった内臓の位置決めに関わる重要な「インナーマッスル」も、大きなダメージを負ってしまうものなのです。

 

 

産後に起こる内臓下垂

 

そういった事情で、出産を機に下がってきてしまった内臓の重みを腹部のインナーマッスルが受け止め切れていないことが多いのです。

これが産後にどうしても治らない「ポッコリお腹」の正体。

 

 

出産後の「ポッコリお腹」も、その程度はさまざま

 

出産後に「ポッコリお腹」で悩まれる方々は非常に多いのですが、実は、その程度も非常にさまざま。

 

なかには出産されたにもかかわらず、相変わらず「妊娠中」と勘違いされてしまうような方もいらっしゃいます。

その場合は、腹部正面を支えている「腹直筋」という筋肉が裂けてしまっていることも考えられます。

 

いわゆる「腹直筋離開」という状態。

 

腹筋のすき間から、内臓がはみ出ている状況が考えられるのです。

お腹の真ん中に「縦にへこみ」が出現していたら、これを疑うべきでしょうか。

こういった重度のケースについては、あらためて別の機会にお話させて頂くことととしましょう。

 

今回は、あくまで「体重が戻ったのだけど、お腹だけが引っ込まない」といったケースについてのお話となります。

 

産後のポッコリお腹を解消するには

 

それでは、「産後のポッコリお腹」を解消するにはどうしたら良いのでしょうか?

 

それは、弱ってしまった筋肉を確実に鍛えてあげること。

 

内臓の位置決めをしてくれている筋肉は、おもに腹横筋骨盤底筋群などといった腹部を支えるインナーマッスル。

たとえば、腹筋の筋トレとして一般的な「クランチ」と呼ばれるやり方だと、どうしてもアウターマッスルである「腹直筋」にばかり効いてしまいます。

 

出産後に腹筋運動に励む女性

 

でも、鍛えたいのは同じ腹筋でも、インナーマッスルである「腹横筋」の方。

しかも、インナーマッスルは有酸素運動を意識してはじめて効果的に鍛えることが出来る筋肉。

 

つまり、比較的軽い負荷で「呼吸に合わせる」ことで、はじめて効果的に鍛えることが出来るのがインナーマッスルなのです。

 

さらには、インナーマッスルは基本的に単独では機能しないもの。

他の筋肉と協調して動くことで、はじめて機能するのがアウターマッスルとの決定的な違い。

だから、呼吸に合わせて他の筋肉と協調して使う訓練が必要なのです。

 

なので当院では、「クランチ」ではなく、「ドローイン」と呼ばれる筋トレを推奨しています。

 

最後に

 

出産後に増えてしまった体重はもとに戻せたものの、「ポッコリお腹」だけがどうしても残ってしまったという話って、実は本当によくお聞きするんですね。

だからといって、ゆるんでしまったお腹を引き締めようとするあまり、やみくもに腹筋運動をするのは絶対にNG。

場合によっては、尿もれや腰痛といった思わぬ症状の引き金をつくることにもなりかねないからです。

 

インナーマッスルを鍛えるのには、ちょっとしたコツが必要なのは先にお話したとおり。

ただ、インナーマッスルの特性上、他の筋肉ときちんと協調させて使うという訓練も、同時に必要となってくる訳なのです。

そういった意味では、出産後は、いちばんダメージを受けてしまったであろう「腹部のインナーマッスルの使い方」の再訓練こそがとても重要。

また、それこそが本質的な「産後の骨盤矯正」、ないしは「産後ケア」とも言えるのではないでしょうか。

 

 

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

 

 

アラウンドバース・メソッドによる体系的な産前産後のケアといえば野田カイロ。

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

button_kariyoyaku_ogikubo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です