Pocket

 

皆さん、こんにちは。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院 小林です。

今回の体に関わるテーマはこちら

 

『産後の骨盤』

 

当院で最も聞かれる内容ですが皆さんは産後の骨盤がどのように変化しているかご存じでしょうか?

産後は骨盤が「歪む」「ズレている」「安定しない」「グラグラする」など表現は人それぞれ。

まずは基本の骨盤の知識から把握していきましょう。

 

 正しい骨盤の状態とは?

そもそも骨盤とは何か?

骨盤は仙骨、寛骨、尾骨といった骨が集合している総称

それらを筋肉や靭帯で支えています。

以前の記事でも書きましたが背骨は横から見て緩やかなS字カーブを描いているのが理想です。

 

産後や日常に効果的な姿勢とは【良い姿勢とそのあり方】

 

骨盤が大事だと言われている所以は体のほぼ中心にあり背骨に繋がる上半身と直接関わり、

下半身も大腿骨のような太い骨とも繋がっているからです。

そのため「骨盤が歪む」と体の至る所に不具合を起こす恐れがあります。

骨盤の中には大腸、小腸、子宮、膀胱などの臓器が収まっていますので乱れると内臓系に影響が。

特に産後のママたちは骨盤が妊娠期間から大きく歪んでるので

改善されなければ育児にも支障が出てしまうかもしれません。

 

具体的にどのように歪むかというと

妊婦さんはお腹が大きくなったり、産後のママたちは子どもを抱っこしたりと

骨盤が前に倒れてしまう前傾姿勢に。

この状態になると上半身は「反り腰」という姿勢で腰を痛め猫背も助長してしまいます。

また下半身は股関節に繋がる筋肉に負担がくるため脚回りの動きが悪くなり膝にも負担がきてしまいます。

 

加えて椅子や床に座っている時も骨盤が歪んでしまいます。

それは長時間座っていると骨盤が後ろへ倒れてしまう後傾姿勢に。

腰の背骨が真っ直ぐに近い形になり上体の重さを骨盤が直接加わり、腰や背中も痛めてしまいます。

 

 

産後の骨盤の状態

 

正しい骨盤の位置というのはこれらのような

過度な前傾、後傾姿勢にならず骨盤が起き上がっている状態。

理想を言えば30度ほど前傾しているくらいが丁度いいといわれています。

 

 なぜ産後は骨盤が歪んでしまうのか

妊娠期間、産後の育児で姿勢が悪くなり骨盤が歪んでしまうのは仕方ないところはありますが

それ以外にも骨盤を歪めてしまう原因があります。

それは妊娠してから数ヶ月経つ頃に『リラキシン』というホルモンが分泌されるからです。

この「リラキシン」とは筋肉や関節、靭帯などを緩める女性ホルモンです。

通常のお体のままだと筋肉が固すぎて出産するのが困難。

なので女性はリラキシンを体内から分泌する事により赤ちゃんを産みやすい体に変化させてくれます。

しかし、このリラキシンこそが産後の骨盤を歪めてしまう理由の一つ。

実はリラキシンは妊娠期間だけでなく産後も数ヶ月ほどは出てると言われています。

 

産後の骨盤イメージ

 

産後は赤ちゃんの育児が始まり、抱っこや授乳などに勤しむ日々。

始めの頃は慣れない育児と強いられる不利な体勢で

骨盤周りの筋肉の負担が大きく歪みやすい時期と言えるでしょう。

さらに「骨盤底筋」といわれるインナーマッスルもリラキシンや

姿勢不良の影響で緩みやすくなるため尿モレのリスクも高まります。

 

 骨盤を正すにはどうしたらいいの?

「リラキシンが出ているなら骨盤はしばらくは元に戻らないの?」と悩んでしまいますね。

確かにリラキシンや育児での疲労で体に怠さが出てしまう事は事実。

しかし、だからと言って放置してしまったらいつまで経っても解決することができません。

今できる事から少しずつ始めましょう。それはコチラ

 

『姿勢を良くする』

 

シンプルすぎて拍子抜けかもしれませんが究極はこれに尽きます。

ですがどうやって?と思う方が多数でしょう。ポイントは腹筋を鍛える事です。

 

何もハードな筋トレで腹筋を鍛えるというわけではありません。

先にも書きましたが骨盤は前傾、後傾などの過度な前後の動きにより歪んでしまい

体に悪い症状を作ってしまうので腹筋を使って骨盤を持ち上げ正しい位置に戻しましょう。

そのためには立っている時はつま先に重心をかけすぎないようにすること。

重心がつま先にかかり過ぎてしまうと腹筋が使えず骨盤は前傾姿勢になりがち。

意外に難しいですが「かかと」に重心を少し意識することにより腹筋に刺激を感じられると思います。

実はこれが腹筋を使って正しく骨盤を持ち上げている状態です。

初めの頃は脚のふくらはぎも突っ張ってる感じがあると思いますが

普段うまく使えていない筋肉のためにそのような違和感が起きるので

慣れてくれば姿勢が変わってきた証拠になります。

 

※ 立ち方は抱っこなどしていない一人でいる時に行いましょう。

 

そして座っている時は背もたれにや寄りかかるのではなく

深めに座って骨盤を「立てる」ように意識することが大事。

椅子でも床でももたれかかるような姿勢が骨盤を後傾させてしまうので

お尻を持ち上げるようにして座ることをお勧めします。

また座る時にお尻の後ろにクッションなどをいれておくと長時間の座っていても

比較的に楽になるのでいろいろ工夫してみてください。

 

 一言アドバイス

いかがでしたか?骨盤を正しなさい、鍛えなさいと言われたら身構えてしまいがちですが

コツさえ覚えれば誰にでも簡単に整える事ができます。

ただ妊娠中、育児中の辛い体勢の時は無理に姿勢を正そうとするのでなく

時にはそのまま身を委ねる事も必要です。

臨機応変に対応し少しでも快適な生活を過ごせる事を願っています♪

 

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

 

 

アラウンドバース・メソッドによる体系的な産前産後のケアといえば野田カイロ。

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

野田カイロプラクティックセンター荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

button_kariyoyaku_ogikubo

 

Pocket