妊娠出産と姿勢変化について

 

こんにちは。院長の三橋です。

ふだん現場で、「妊娠出産で、大きく体質が変わってしまった」という話をよくお聞きします。

体質以前に、歩き方や姿勢すら変わってしまうくらいですからね。

 

そんな中でも、多いのが「出産後に人生で初めて腰痛を自覚するようになった」という声。

確かに抱っこを頻繁に繰り返す訳ですから、腰に負担もかかろうもの。

酷いケースになると、朝起き上がるのにもひと苦労なんてことも。

これ実は、出産後に歩き方や姿勢が変わってしまった事と大きく関係していたんです。

 

妊娠中に大きく変わってしまう身体のバランス

 

妊娠中、大きく膨らみ成長してゆくお腹。

これにより腹部を支えている多くの筋肉が引き伸ばされてしまい、弱化してしまいます。

特に大きくダメージを受けてしまうのが腹直筋をはじめとする腹筋群。

それは多くの女性が出産後、もはや腹筋が消えて無くなってしまった感覚すら覚えてしまうほど。

 

そして、腹筋が本来の機能を失ってしまうと、人間は骨盤を正しく支えきれなくなります。

いわゆる「反り腰」と呼ばれる、妊娠後期から産後にかけて続く、お腹を前に大きく突き出す特徴的な姿勢に誘導されていってしまうのです。

 

反り腰になってしまうと

 

妊娠出産を経て、多くの女性を悩ます「反り腰」。

反り腰になってしまうと、背すじが伸びにくくなるだけでなく、お尻も横に大きく広がって見えるようになってしまいます。

それは、骨盤の変化により股関節が「内股」に変化してしまうから。

そして、内股に変化すると、内腿(うちもも)とお尻の筋肉が上手く使えなくなってしまいます。

さらには、お腹を前に突き出す独特の姿勢によって、大腰筋と呼ばれる「上半身と下半身とを繋ぐ」筋肉も硬くなってしまうのです。

 

上半身と下半身を繋ぐ大腰筋

(図①)

 

足が思うように上がらず、ガニ股歩きになるのはこのため。

臨月から産後にかけて、女性が「スリッパ歩き」や「ペンギン歩き」と呼ばれる独特の歩き方になってしまうのは、こういった事情があるからなのです。

そして、さらに恐ろしいことに抱っこが、この姿勢を助長してしまうという事実。

 

出産後に腰痛を抱えやすくなってしまう原因

 

それでは、姿勢や歩き方といった変化が実際、腰痛とどう関係していくのでしょうか?

まず、内股による影響から、内転筋(大内転筋)と呼ばれる、骨盤の安定に関わる内腿(うちもも)の筋肉がうまく使えなくなってしまいます。

このことにより中臀筋腰方形筋(先ほどの図①を参照)と呼ばれる骨盤の水平を制御する筋肉の負担が余計にかかっていってしまうのです。

 

※右足を後ろから見た図

骨盤の水平を支える筋肉

(図②)

 

 

例えば、抱っこなどで身体の片側に極端に体重をかけ続けながら歩くと、こういった骨盤の水平に関わる筋肉の負担が高まります。

体が片方に傾いてしまわないよう制御しなくてはならなくなるからです。

もし、こういった筋肉が正しく機能しないと、サルのようにヒョコヒョコ上半身がぶれてしまう歩き方になってしまうのですね。

 

さらに先述した、お腹を前に突き出す姿勢(反り腰)による大腰筋の硬直も相まって、骨盤の安定に関わる筋肉群は一様にコンディションを落としていってしまう訳なのです。

特に大腰筋腰方形筋といった筋肉を硬くしてしまうと、腰痛を自覚しやすくなってしまいます。

 

一般的な腰痛との違い

 

ところで。

実は、産後に出現する腰痛の多くは、ふだんデスクワークや配送業などといった力仕事に従事している方たちの抱える腰痛とは、また異質であることが多いのも事実なんです。

そういった「一般的な腰痛」の多くの場合は、背骨を支える椎間板に問題を抱えているケースが多く、座ると余計に痛むことが多いのがひとつの特徴。

 

しかし、産後に抱える腰痛の多くは、先述した通り、筋肉の破綻であることが多いのです。

なので、立っても座っても、痛みにさほど変化がないというのが特徴。

また、腰痛ベルトでなく、骨盤ベルトで痛みを緩和出来てしまうというのも大きな特徴。

故に、産後ならではの原因があることを踏まえた上での、正しい処置が必要となってくるのですね。

 

産後ケアの大切さ

 

妊娠中から産後にかけて、特に負担の掛かりがちな筋肉をいかに予防的にケアをしていくか。

この辺りが産前産後ケアの肝の部分となって来ましょう。

 

出産後に動作や姿勢に変化が現れているのは、特定の筋肉が正しく機能していない証拠。

もちろん放置してしまうと、腰痛だけに限らず様々な不調が出現することにも繋がって来かねません。

 

今回は、腰痛に話を絞って、歩き方や姿勢との相関性について見解を述べてみました。

この記事を通して、本質的な「産後ケア」の正しい理解に繋がれば幸いです。

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

 

 

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

骨盤軸整体荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746