皆さん、こんにちは。

今月から当院の名前が新しく変わり『骨盤軸整体 荻窪院』となりました。

なので改めまして骨盤軸整体 荻窪院の小林です。

今回の体に関わるテーマはこちら

「産後の膝痛」

これも産後のママたちに多い症状です。

今まで膝痛なんて無かったのに産後になって痛くなってしまった。

今回はその原因を追究していきましょう。

 

 産後に膝が痛くなるのはなぜ?

産後は今まで経験したことないことの連続で生活が不規則になり、

姿勢不良、ストレスなどで産前は感じなかった体の不調や

体型が変わってしまったという話をよくお聞きします。

さらに突き詰めると原因の一つは女性ホルモンの「リラキシン」と考えられます。

この「リラキシン」が分泌されると筋肉や靭帯が緩むと言われているため

自身がどんなに頑張っても体が鍛えられることはあまりなく

疲労だけが蓄積されより体が辛くなります。

 

産後の膝の痛み

 

育児によりただでさえ体が弱まり、慣れないことばかりで疲労困憊。

疲れがたまればその体の負担を支える首や肩、腰、股関節、膝、足首などの

関節に影響が出るのは必然。

産前の自分とは全く違う体で生活しているため体の至るところが悲鳴をあげます。

その中で今回ピックアップしている「産後の膝痛」

赤ちゃん、子どもは可愛いけれど日に日に成長し重さは増し、よく動くようにもなります。

人間は体重などの重さを支えるために全身の筋肉を使う事はもちろん、

特に下半身に負担がきやすく、バランスを整えるために膝を軸

にすることが多いです。

従来の大人でしたら長時間同じ姿勢をとることを

避けることはできないことはないでしょうが

産後のママたちは自分の思い通りに生活することが難しいです。

子どもの気の済むまで抱っこなどを求められ際限なく

不利な姿勢をとらされることを強要されがち。

このような日々を毎日継続して行えば膝を痛めるのも無理はありません。

 

 膝痛をどうすれば?

しかし、膝周りを鍛えて改善しようと試みても

その時間を捻出する余裕や気力を出すのはなかなか難しいと思われます。

育児で痛めた膝痛はスポーツ傷害の膝痛とは異なります。ジャンパー膝など)

ですのでまずは姿勢を正すことから始めましょう。

今まで骨盤が前後に傾くことで腰痛や肩こりに繋がるという話をしてきましたが

骨盤の傾きは膝にも影響を及ぼしてしまいます。

 

産後の骨盤は本当に歪んでいるのか

 

膝に負担がきやすい姿勢といえば立っている状態が主。

そして抱っこも立って行うことも多いです。

この時の姿勢が骨盤が前に倒れやすい前傾姿勢。

前傾姿勢になりますと腰は「反り腰」、股関節に自身の上体の重さ、

子ども体重が加重されそのダメージが実は膝に飛びやすくなります。

 

 

産後 反り腰

 

これが「産後の膝痛」の原因の一つ。

改善するには骨盤を元の位置を近い状態にし股関節に

負担をなるべくかけないようにできれば膝痛を軽減できると思われます。

なので姿勢を正す。

しかし、姿勢を正せと言われてもどのように?

と困ってしまう方のために正しい立ち方をオススメします。

 

正しい立ち方? 

「正しい立ち方」と言われると大分仰々しい言い方ですが当院では

「筋肉に負担が少ない立ち方」という解釈で説明しています。

良くない立ち方というのが先ほどにも述べたような骨盤が傾くような姿勢。

筋肉に負担をかけてしまう立ち方です。

そうではなく負担が少ない立ち方とは

骨盤の傾きが少なく関節にかける負担を軽減する立ち方

を指します。

ポイントはつま先に重心をかけず「踵」(かかと)を意識することです。

皆さんは普段の生活の中で自身の重心がつま先に多いことにお気づきでしょうか?

言われてみればそんな気がするという方がほとんどだと思います。

しかし、妊婦さんや育児されているママたちはお腹が大きくなったり

子どもを抱っこするなどで腰が反りやすい反り腰に。

 

この反り腰になるとつま先に重心をかけてしまいます。

すると腹筋をうまく使うことができず骨盤を前のめりに倒してしまい

股関節に負担をかけ膝を痛めてしまうことに繋がります。

そうさせないために踵重心を意識してみましょう。

 

とは言っても体重全てを踵にかけてしまったら

後ろに反り返ってしまうかもしれませんので

「気持ち」程度の意識で踵に体重を乗せてみてください。

 

どうでしょうか?少しだけ腹筋を使っているような気がしませんか?

感じづらくてもお腹に力が入っている感覚があれば正解です。

お腹に力が入っているのは腹筋を使って骨盤を持ち上げているから。

 

これが慣れてくれば腹筋を使って骨盤を自由に動かすことも可能になります

ので気がついた時に行ってみてください。

 

 一言アドバイス

いかがでしたか?

膝の痛みの原因は慣れない姿勢や育児での影響が大きいため

悲観せずまずは

「正しい立ち方」=「筋肉に負担をかけない姿勢」

をとることが一歩。

ただし、子どもを抱っこしているときに正しい立ち方を意識してしまうと

バランスを保つのが難しいのと転倒のリスクもありますので

まずは一人でいるときに姿勢を意識してみてください。

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤ケアもおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

 

アラウンドバース・メソッドによる体系的な産前産後のケアといえば骨盤軸整体。

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

骨盤軸整体荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746