産後の脚の引き締めのカギを握る内転筋【産後の脚が太くなるのはどうして?】


 

皆さん、こんにちは。

骨盤軸整体荻窪院の小林です。

今回の体に関わるテーマはこちら

 

「産後の脚」

 

産後に関わらず女性でしたら脚についてのお悩みは大なり小なりあるはず。

ただし今回紹介するのは「産後の脚」の仕組みや引き締め方なので

脚を細くするというものではありません、ご了承ください。

 

産後の脚は太くなった、産前履けたデニムなどが履けなくなった、

履きづらくなったなどと嘆く方も多いはず。

さっそく説明していきましょう。

 

 産後の脚はどうして太くなるの?

産後は主に下半身の変化が顕著に表れてきます。

前回のおしりの記事と重複してしまいますが

産後は下半身の筋肉が産前の時のように使うことができず

決まった動きが多くなってしまったり、

女性ホルモンの「リラキシン」の影響で筋力が緩み衰えやすくなります。

筋肉は使わないと弱ってしまいますし、弱い状態でも育児は行わなければならず、

ドンドン身体を酷使していきます。

 

すると姿勢不良になり実際は不利な体勢なのに

そのままの姿勢に依存し筋肉=力だけでバランスをとろうとしたり

疲れているから楽な姿勢で育児・家事を行うので筋肉に刺激が入らない。

 

これが脚が太くなってしまう理由の一つ。

 

産後 筋肉

 

産後は自分のために身体を鍛えたり動いたりすることがめっきり減り、

太くなってしまった脚を引き締めることが難しくなります。

産後は授乳もあるので自身も栄養価の高いものを摂取しなければならない、

運動や身体を使うことができないから基礎代謝も下がり

脂肪が燃えづらくお肉が付きやすいというお身体に。

どうすれば良いか?

それはもちろん鍛えることが大事。

ですが、忙しい産後のママたちでも行えることを紹介していきます。

 

 脚を鍛えるにはどうすれば?

まず断っておきたいことが今から説明することは

太くなった脚を「細くする」ということではなく

「引き締める」というニュアンスで理解していただきたいということ。

 

女性の理想としたら細くなりたいという願望がおありでしょうが

産後は筋力が衰えてバランスも取りづらくなります。

 

その状態で筋肉は落とさず脂肪だけを取り除き脚を細くするとなると

専門的なトレーニングと生活をしないかぎりは厳しいでしょう。

ましてや育児、家事もままならないことにもなりかねません。

なのでまずは簡単に脚を引き締める動きを紹介します。

 

それは内転筋を鍛えることです。

 

内転筋とは内股の筋肉です。

内転筋は股関節や腰に繋がる筋肉にも関わってくるのでここが弱いままだと

骨盤は傾き腰痛や猫背になり背中痛、肩こり、首コリも招いてしまいます。

 

そして内転筋と共に前回紹介したお尻の筋肉も鍛えることもできる体操です。

とは言ってもこの動きは以前の記事にも紹介したものですが復習もかねて改めて説明します。

 

 内転筋を引き締める体操

それはコチラ

 

「お尻を締めて内ももを閉じる」

 

言葉のままですよ(笑)立った状態で行います、手順は以下の通り。

 

⑴ 両足を手の指3本分ほど平行に開ける。

 

⑵ お尻の左右のほっぺ(大臀筋)をキュッと締める。

 

⑶ お尻を締めたと同時に内ももの筋肉を使って脚を内側に寄せる。

 

⑷ その状態で3秒キープしてから緩める。

 

⑴〜⑷までの過程を1回とし10回を1セットで一日3セットを目安に行ってみてください。

例)朝昼晩。

 

産後の体の鍛え方

 

 一言アドバイス

いかがでしたか?

脚=内転筋を鍛えることは骨盤を正しい位置に戻し、

姿勢改善、腰痛や上半身の症状改善にも役立つはず。

上記の体操は次の3点が効いている感覚があればバッチリです。

 

① おしりが締まっている。

 

② 脚を寄せる時に内転筋をしっかり使っている。

 

③ 腹筋が効いている気がする。

 

①、②も大事ですがとくに③が出来ていることが重要。

産後のママは腹筋が弱くなりますので

この一連の動きはおしり、脚、腹筋を同時に鍛えることもできます。

 

始めのうちは回数は少なくてもいいのでゆっくり丁寧に。

慣れてきたら回数を増やすようにしてみてください。

 

育児も体づくりも焦ってはいけません。

できる範囲でコツコツ自分のペースで行いましょう。

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤ケアもおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

 

 

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

骨盤軸整体荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です