出産後のの尿もれ、骨盤底筋とインナーユニット

 

こんにちは。院長の三橋です。

今回は、少しばかりナイーブな話になります。

 

産後、多くの女性を悩ます「尿もれ」。

「ちょっとした動きや刺激でも、我慢できずに…」

早い方だと妊娠中から、すでに症状を自覚される方もいらっしゃいます。

 

多くの場合、出産してから1年ほどかけて自然に治ってしまうケースが多いよう。

しかし、なかには改善が見られず、出産してから何年も悩んでいる方がいらっしゃるのも事実なんですね。

医療機関で教えてもらった体操を一生懸命やってみたけど効果がみられない方も多いようです。

「コツバンテーキンを締めましょう」というアレです。

 

コツバンテーキン(骨盤底筋)とは

 

ところで、ご出産経験がある皆様。

「出産したら、すぐにコツバンテーキンを締めましょう!」

「お尻の穴をお腹の方に向かって持ち上げるイメージで」

なんて事を産婦人科で教わりませんでしたか?

正しくは「骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)」と言い、骨盤の底の部分でハンモックのように何層にも渡って広がっている筋肉群のことを指します。

 

骨盤底筋群のイメージ図、産後の尿もれ対策

 

この筋肉群のひとつが、排尿のコントロールを担当しているのです。

これが妊娠中にお腹が膨らんでしまう影響で、伸ばされて弱ってしまう訳なんですね。

結果、うまく機能回復が出来ないうちは、「おしっこ」のコントロールが難しくなる訳。

 

だから、当院にいらっしゃるクライアントさんたちも、「骨盤底筋」という言葉自体を最初からご存知の方も多いようです。

理屈はともかく、「出産後はコツバンテーキンを締めなくてはいけない」という言葉が合言葉になっている訳なのですね。

 

骨盤底筋を鍛えるのは意外と難しい

 

じゃあ産婦人科で習った「骨盤底筋を締める体操」を実践すれば、直ちに「尿もれ」が改善するかというと、そうでもないようなんですね。

実は、骨盤底筋群という筋肉、一般の方は、そもそも「どういった筋肉なのか」というイメージがありません。

だから、正確にターゲットとなる筋肉を鍛えられているのかも、なかなか解らないでしょう。

 

そして、もうひとつ。

骨盤底筋群がインナーマッスルであるが故に、鍛え方に「ちょっとしたコツ」が必要となってくるのです。

それは「呼吸を意識すること」。

インナーマッスルを効果的に鍛えるにあたって重要となるのが、呼吸に合わせて行うことなのです。

頭の中でターゲットとなる筋肉をイメージしながら、呼吸に合わせてトレーニングすることが大事なんですね。

 

骨盤底筋だけ鍛えても無意味

 

そして、さらに「もうひとつ」重要なことがあります。

それは、そもそもインナーマッスルは単独では、ほとんど機能しないということ。

 

これがアウターマッスルとの決定的な違い。

つまり、骨盤底筋群だけ単体で一生懸命鍛えても、不十分なのです。

他のインナーマッスルと正しく協調させて使う訓練をすることがとても大事になってくるのですね。

 

そこで重要となってくるのが、「インナーユニット」という存在。

身体の体幹部を支える特に重要なコアマッスル群のことを指し、骨盤底筋群のほか、横隔膜、腹横筋、多裂筋といったインナーマッスルによって“ひとつのボックスのようなモノ”を構成しています。

このボックスが、肋骨の存在しない腹部にすっぽり収まっているイメージ。

 

骨盤底筋群とともに、横隔膜、腹横筋、多裂筋といった特に関係性の深い他のインナーマッスルとをひとつのユニットとして正しく協調させて使う訓練をすることがとても大事なんですね。

それで初めて骨盤底筋群の機能を回復させることが出来るのです。

ちなみに当院では、おもに「ドローイン」という最も一般的なトレーニング方法をお教えしています。

 

産後の「尿もれ」を改善させるコツのまとめ

 

インナーマッスルを鍛えるには、ちょっとコツが必要なのです。

なので、骨盤底筋群がインナーマッスルである以上、下記のコツを押さえてトレーニングすることが重要なのです。

 

①呼吸を意識すること

②インナーユニット全体を意識して動かす訓練をすること

 

ただ、やみくもに鍛えるだけでは、なかなか効果として反映されにくいのは、こういった理由があったからなのです。

 

それでも産後の「尿もれ」が改善しない方へ

 

しかし、なかにはそれでも「尿もれ」が改善しないという方がいらっしゃるはず。

その場合、股関節を支える「内転筋群」という筋肉の機能回復がカギを握っていることが多いようです。

 

この「内転筋群」、先述したインナーユニットと、とても関連性の高い筋肉となります。

これを骨盤底筋群とうまく協調して動かす訓練が、改善への道筋になるのです。

 

もし、どうしても改善しない「尿もれ」でお悩みの方がいらっしゃいましたら、いちど当院へご相談にいらっしゃることをお勧めします。

当院オリジナルメソッドである「骨盤軸整体」が、短期間でインナーユニットを回復させるだけでなく、なんと骨盤底筋群と内転筋群とを協調させる機能までをも回復させることが出来てしまうのです。

他の整体院で結果が出なかった方こそ、当院でお待ちしております。

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

 

 

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

骨盤軸整体荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746