骨盤軸整体とマタニティ整体コースについて

 

こんにちは。院長の三橋です。

今回は、当院の実施している妊婦さん向けの整体、「マタニティ整体コース」における考え方や方向性についてお話させていただこうかと。

産後のボディケアコース」にいらっしゃるクライアントさんたちから、こんな質問を頂くのですね。

 

「『産後の骨盤矯正』と『マタニティ整体』って、内容はどう違ってくるの?」

「妊娠中から骨盤矯正ってしなくてはいけないの?」

 

妊婦さん向けの整体が珍しくなくなった昨今、巷では、いろんな宣伝文句が飛び交っています。

なかには、どう考えても科学的根拠に乏しいものも…。

良い機会ですので、当院の提供する「マタニティ整体」におけるスタンスについてまとめてみました。

 

 

当院の「マタニティ整体コース」のアウトラインについて

 

まず、当院の提供する「マタニティ整体コース」について、ここで改めて詳しくまとめてみましょう。

妊娠初期から中期、後期に渡って、変化してゆく女性のカラダに合わせた施術内容となっているのが特徴です。

 

それと、施術内容についてですが、もちろん「うつ伏せ」は一切とりません。

基本的には、シムス位といって「横向き」で寝て頂くか、「仰向け」での施術が主体となります。

 

妊娠初期

 

この時期は、「つわり」による体調不良が強くでる方もいらっしゃいます。

もちろん、「つわり」の程度には個人差があるので、体調をみてのご来院となりますでしょうか。

特にまだ安定期に入っていない妊婦さんの場合、ホルモンバランスの急激な変化によって引き起こされる肩こりや頭痛などへの対処がメインとなります。

姿勢変化でなく、ホルンモンバランスに起因する症状に対処することが重要となってくるのです。

しかし、なかには初期の段階でリラキシンとよばれるホルモンの作用により、早くも骨盤がグラグラと不安定になってしまう方もいらっしゃいます。

腰痛や臀部痛(お尻の筋肉)、恥骨や尾てい骨痛などといった症状を自覚されているような方には、不安定な骨盤をサポートするための骨盤ベルトの装着を指導することも。

 

妊娠中期

 

このタイミングから初めて来院される方が多いようです。

そろそろ本格的にお腹が膨らみ始め、妊婦さんに姿勢変化が起こり始めるからです。

腰痛をはじめ、臀部(おしり)や背中といった痛みの他、「こむら返り」や坐骨神経痛などを訴える方も出始めるのも、この頃タイミングからが多いようです。

妊娠初期の方と同様に骨盤ベルトの正しい装着方法をお教えするのとあわせて、それぞれの症状に合わせたストレッチもお教えすることにもなります。

 

また、妊娠初期~中期にかけての妊婦さんには、妊娠後期~出産後を見据えて、ご自宅でできる簡単なエクササイズ(筋力トレーニング)をこなして頂きながら、体幹部をささえるコアマッスルの機能回復を図るための施術をおこなってきます。

おもにインナーマッスルがターゲットとなる筋トレなので、高い負荷をかけることはもちろんありません)

 

詳しく説明させて頂くと…。

ただ「症状を持ってしまった筋肉をもみほぐす」のではなく、あくまで「立つ、歩くなど普段の動作において、筋肉が余計な負担を抱えなくて済む」状態にお身体を誘導していくのです。

結果、妊娠中でありながらも、個々の筋肉のパフォーマンスを上げてしまうという訳。

臨月に入るタイミングまで、いかに体幹をささえるコアマッスルを機能させてあげられるかが、妊娠中のQOLを左右するカギとなってくるのです。

 

妊娠後期から臨月にかけて

 

このタイミングで初めていらっしゃる方は、かなり重症なケースが多いです。

おのずと、それぞれケースに合わせて、症状を緩和させる施術内容が中心となってくるでしょう。

クライアントさんの状況によっては、無理なエクササイズが却ってお身体の状況を悪化させてしまうこともあるので、注意が必要となります。

 

この時期、お腹もかなり大きくなり、腰も反り返ってしまう関係で、「姿勢変化」という不可抗力の部分がついて回ります。

ご自宅では、エクササイズ(筋トレ)というよりは、骨盤ベルトの正しい装着と、ストレッチで対処して頂くことになります。

 

ただ、十分に症状を緩和することが出来たケースにおいては、体幹をささえるコアマッスルの機能を高めることも可能です。

むしろ、多くの方が当院の「骨盤軸整体メソッド」によって、劇的な回復を実感されてらっしゃいます。

 

 

快適なマタニティ生活を送るために

 

快適なマタニティ生活を送るために

 

妊娠によって、女性のカラダの姿勢バランスというものは、想像以上に大きな変化を余儀なくされてしまうもの。

お腹を大きく前に突き出す独特の姿勢(反り腰)によって、特にお尻と内腿(うちもも)の筋肉がうまく使えなくなる状態にもっていかれてしまうのです。

 

膨らんだお腹によって、体幹を支えるコアマッスルがだんだんと機能不全を起こしていってしまうことも、反り腰に誘導されていってしまう原因のひとつ。

それがあまりに酷くなってしまうと、これまでと同じ動作しただけでも簡単に腰やお尻の筋肉を傷めてしまうことに繋がってしまうのです。

坐骨神経痛や、尾てい骨、恥骨の痛みといった症状から回復するには、実は、こういった部分のバランスの改善がカギとなってきます。

また、逆に普段から、こういった弱らせがちな筋肉の強化に取り組んで頂くこともこういった弱らせがちな筋肉の強化に取り組んで頂くことも、快適なマタニティ生活を送る上で重要となるのですね。

 

妊娠中になすべきケアについて

 

それでは、妊娠中にやるべきケアについて、まとめてみましょう。

 

妊娠中こそ体幹をしっかりと成立させるべき

 

とにかく妊娠中であっても、先述したように体幹を支えるコアマッスルを成立させてあげることが重要。

「立つ」、「歩く」といった普段の動作において、筋肉に余計な負荷が掛からないようにしてあげるということ。

骨盤を支える腰やお尻まわり筋肉のコンディションアップが図れれば、転倒防止にも繋がるのです。

 

仮に「そうでない」状態で、ただ、やみくもに歩いてしまうと、却って思わぬ症状を招いてしまうなんてことも。

数か月にわたって大きなお腹を抱えて生活しなければならない訳ですから、極力余計な負担は減らすべきなのです。

当院では、特に骨盤底筋をはじめとする「インナーユニット」と呼ばれるコアマッスル群の機能強化を図ることで、「尿もれ」などを始めとするマイナートラブル防止と、出産時の負担軽減も目指していきます。

また妊娠中からの取り組みによって、産後のスタートラインを上げる効果も期待できます。

 

妊娠中の骨盤矯正について

 

それと、妊娠中の骨盤矯正については、整体院ごとの解釈の問題ということになりましょうか。

当院においては、そもそも「骨盤は開かないもの」と捉えています。

詳しくは、当院HPを参考にされて下さい。

産後ボディは骨盤矯正だけでは戻らない!?正しく戻すためのポイントを徹底解説!

 

もし仮に、妊娠中に簡単に骨盤が歪んだり開いたりするようだと、ただでさえ不安定な状況にある妊婦さんが、上半身の重さを自身の骨盤で支えきることが出来ようものでしょうか?

解剖学をきちんとなぞった経験のある方でしたら、なんら疑問の余地もないところ。

当然、当院では妊娠中の骨盤矯正は一切おこなっておりませんが、しっかりと「結果」を出している自負がございます。

 

逆子の処置は医師法違反

 

なお、逆子の処置については、整体院においては扱うことは出来ません。

医療従事者以外が行うことは、医師法違反となります。

明確に「逆子を戻します~」なんてことを謳ってしまうと、医師法に抵触するおそれがあるはず。

当然、当院では行っておりません。

 

最後に

 

「マタニティ整体」と一口に言っても、様々なやり方や考え方があるはずです。

  • 明確に抱えてしまった症状をなんとかして欲しい…。
  • 癒しを求めたい、ただただリラックスしたい…。
  • 妊婦とは言えボディラインを整えたい

 

当然、双方合意なのであれば、妊娠中の骨盤矯正を行うことに、もちろん異論はございません。

ですが、「骨盤矯正しないと…」と不安を煽るように謳うのは、いかがなものかと考えますね。

 

また、当院で取り組んでいる「マタニティ整体」が、他院とはまったく別物であることをより多くの方に知っていただく機会になれれば幸いです。

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

 

 

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

骨盤軸整体荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746