妊娠すると歯周病になりやすくなる理由とは【妊娠出産と口腔衛生についての話】


 

出産妊娠と女性ホルモンと歯周病との関係について

 

こんにちは。院長の三橋です。

今回は、「妊娠と口腔衛生」についての話。

「口腔衛生」とは、近年「オーラルケア」とも呼ばれ、虫歯や歯周病などを防ぐなどといった「口の中の健康を守る」という意味で広く一般にも使われるようになってきた言葉。

実は、妊娠すると虫歯をはじめとする、さまざまな口腔衛生をおびやかすリスクが高まるそうなのです。

 

普段、当院にクライアントさんとして来院して頂いている歯科関係の方々からお聞きした情報を今回、忘備録代わりとして書き留めておこうかと思います。

 

妊娠すると口腔環境が大きく変わるもの

 

妊娠出産すると、一般的に女性は虫歯になりやすくなると言われています。

その理由は、大きく分けると以下の2つ。

 

①妊娠中の「食べ方」の変化によるもの

②妊娠出産による生活習慣の変化からくる「ストレス」によるもの

 

詳細は、よろしければ以下の記事を参考にしてみて下さい。

【院長コラム】産前産後に虫歯が出来やすくなる本当の理由とは

 

妊娠すると、虫歯だけでなく歯周病のリスクも高まる

 

ところが、気を付けなくてはならないのは、どうも虫歯だけではないようなのです。

妊娠中は、なんと「歯周病」のリスクも上がってしまうのだとか。

原因は、妊娠によって起きるホルモンバランスの変化

 

ひとつは、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモン。

エストロゲンは、歯周病の原因菌の増殖を促すだけでなく、歯肉を形成する細胞に悪影響を及ぼす作用があるのだとか。

もうひとつは、プロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンで、炎症を促してしまう作用があるそうなんです。

 

特に妊娠中期から後期にかけての時期に両ホルモンの分泌量がもっとも高まることで、妊娠性歯肉炎が起こりやすくなるので注意が必要とのこと。

でも、普段から口の中を清潔な状態にしておけば、歯周病になったとしても軽症で済むそうです。

そうはいっても、ほったらかしにしてしまうと出産後に本格的な歯周病になってしまうこともあるので、ご注意を。

 

歯周病は早産リスクを高める

 

歯周病と早産リスクについて

 

また、妊娠中の女性が歯周病を抱えてしまうと、低体重児および早産のリスクが高まるそうです。

原因ついては、歯周病細菌が母体の血液を通じて、胎盤から胎児に直接感染するからなのではないかといわれています。

これは、タバコやアルコールによる影響よりも大きいのだとか。

ですので、生まれてくる赤ちゃんの健康を考えたら、「口腔衛生」ないし「オーラルケア」は十分に気を付けないといけない訳なのです。

そして、歯周病は治療可能なだけでなく、予防も十分可能な疾患なのだとか。

どうりで、積極的に妊娠歯科検診を推奨する訳です。

 

最後に

 

臨床に携わる現役の医療関係者から、何度となく最新の情報を教えて頂けることについては感謝の気持ちしかありません。

整体、カイロプラクティックに携わるものとしての、ある意味、これは「役得」であると考えています(笑)。

 

ここで話を元に戻します。

 

口腔衛生といったら、もちろん専門外の領域となりますが、実は整体・カイロプラクティックとは密接に関わっている分野でもあるのです。

虫歯や、それに伴う噛み合わせの問題と、肩こりとの相関性など…。

 

これからも骨盤軸整体荻窪院に来院してくださる皆様にとって有益な情報だと判断しましたら、忘備録代わりとしてブログに書き留めていこうかと考えております。

ブログを通して、産前産後の女性の皆さまの少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

 

 

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

骨盤軸整体荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です