産後、意外に陥りやすいかかとの痛み【その痛みはアキレス腱が関わっているかもしれませんよ】


皆さん、こんにちは。

骨盤軸整体荻窪院の小林です。

今回の体に関わるテーマはこちら

 

「産後に痛むかかとの痛み」

 

いわゆる「アキレス腱が痛い」という症状ですね。

子どもと一緒に生活をしていると抱っこしてお出かけされたり、自転車に乗られたり、ベビーカーを使ったり、公園で走り回ったりなどなど足に負担をかけてしまう行動が多くアキレス腱を痛めてしまう場合があります。

まずは原因が何か説明していきましょう。

 

産後に関係ある?アキレス腱が痛むのはどうして?

 

アキレス腱が痛むという症状を感じたら「アキレス腱炎」というものがあります。

アキレス腱炎とはスポーツをされる方がなりやすいかかとの痛みです。

アキレス腱に対して何かしらの負荷を与え続けると発症してしまい

ふくらはぎからかかと辺りにかけて痛みを感じることを指します。

足に負担をかける動作や長時間の歩行などを繰り返すことでも起こりやすく

足の筋力低下や扁平足、足裏が磨り減った靴を履いている方もアキレス腱炎を招きやすいです。

アキレス腱 産後 育児

アキレス腱の痛みは一見産後のママたちに縁が無さそうに見えますが意外にそこが落とし穴。

まだ小さい子どもと一緒の生活には常に抱っこがかかせません。

例えば抱っこしたまま階段を上り下りしたり、外出時ベビーカーを嫌がり抱っこでなければ満足しない、

子どもが抱っこ好きでその状態のままで一日を過ごせば足にかかる負担も計り知れません。

またしゃがんだ状態でのオムツ替えや不利な姿勢で子どもを入浴させたりするなど、

一つひとつが気にも止めるほどでは無くても積み重ねていけば大きなダメージになっていきます。

 

アキレス腱をケアするために必要なこと

 

単純に足の使いすぎを減らせばアキレス腱炎へのリスクは当然減ります。

とは言っても産後でアキレス腱を痛めてしまったママに

いつものような行動を制限して生活してくださいというのもなかなか難しい注文。

 

自分が休みたくても休めない、いつも子どものそばに寄り添っていなければならない、

ストレスもたまりやすい、添い寝で動けない、そこからくる寝不足などで

体に負担がかかる姿勢や状態を強要され足まで気を配れないということが現状。

 

大事なのは痛めているアキレス腱(かかと)をケアしてあげること。

アキレス腱を痛めるような動作(走る、飛ぶ)や足に負荷をかけることを控えること。

痛い場所だけに捉われず痛めてる箇所とは違う場所もケアすること。

などが重要。

 

違い箇所がどこかと言えば「ふくらはぎ」です。

アキレス腱自体がふくらはぎと繋がっているのでふくらはぎをしっかりケアしましょう。

やり方はシンプルにつま先を伸ばしたりかかとを出したりすること。

つま先 ストレッチ

ふくらはぎをご自身で揉んだり、可能であるならばお風呂に入っている時にも揉んであげると

入浴時は筋肉が柔らかくなりやすいのでより効果的です。

 

また足首も固くなっていることもあるので足首を回したりすることもオススメ。

注意点として回して痛みが出る時は止めてください。

 

ふくらはぎをケアする事がアキレス腱の痛み予防に繋がることは間違いありません。

 

かかとが痛むことで起こる骨盤などの症状

かかとを痛めてしまうと育児や生活が思うようにいかないことが考えられ

今まで気にならなかった症状が出てくる可能性があります。

 

どちらかの足のアキレス腱を痛めてしまった場合、痛いので無意識に逆側の足でかばい

症状が回復してきたら今度は反対の足を痛めてしまったということがありえます。

そうなれば足は常に痛み、

下半身の安定度が損なわれバランスが取りづらくなり骨盤も歪みやすくなります。

骨盤の歪みに関しては以下を参照してみてください。

産後の骨盤は本当に歪んでいるのか【骨盤の形に注目】

骨盤に変化が起きると腰痛や肩こり、首のコリなど起こり、下半身に負担をかけ

膝や股関節にも影響を及ぼしていきます。

 

産後はただでさえ膝や股関節を痛めやすくなるのに足の痛みからも同箇所に負担をかけてしまうのは本末転倒。

アキレス腱一つにとってもそれが波及していき身体全体を痛めてしまうことになりかねませんので

心当たりがある方は早めに対処しましょう。

 

一言アドバイス

いかがでしたか?「足が痛い」というのは様々なタイプがありますが

かかとが痛い場合はもしかしたらアキレス腱を痛めているかもしれません。

日頃気をつけたいことはなるべく同じ姿勢を繰り返さないということ。

小まめに出来る範囲で良いのでストレッチをしてみること。

 

育児は思い通りには行動できません。

生活の中で同じ体勢のままだなと思ったら少し手を休め、

足先を伸ばしてみたり、足首を回したりとアキレス腱を適度にほぐしてみてくださいね。

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤ケアもおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

 

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

骨盤軸整体荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です