体幹を鍛えることで産後の腰痛の予防と改善に【フィードフォワード機能とは】


 

体幹を鍛えることで産後の腰痛の予防と改善に、フィードフォワード

 

こんにちは。院長の三橋です。

今回は、「体幹」について、ちょっと掘り下げた話をしてみようかと思います。

 

骨盤軸整体を語る上で、決して外せないキーワードとなるのが「体幹」。

実は、「体幹」が強くなると、腰痛の改善をはじめ腰部のケガのリスクを大きく下げることが可能となるのです。

そして、このことを理解するには、「体幹」の持つ“フィードフォワード”という機能について知ることが重要となります。

体幹とローカル筋について

 

フィードフォワード機能」について正しく理解するには、まず「体幹」という言葉について正しく理解する必要があります。

そもそも、解剖学でいうところの体幹という言葉の意味は、頭と手足を除いた部分、つまり「胴体」のことを指す言葉。

だから、日常一般的に使われる「体幹」とは、いわば「体幹を支える力」といった意味合いでの使い方がほとんどであり、今回ブログでも「体幹を支える力」という意味での使い方であることを前置きさせて頂きます

※体幹→胴体 、「体幹」→体幹(胴体)を支える力

 

ところで、体幹、つまり「胴体」を支える筋肉は、浅いところにあるグローバル筋(体幹浅層筋)、それと深いところにあるローカル筋(体幹深層筋)という2系統の筋肉に分けることが出来ます。

体幹、つまり「胴体」を丸めたり反らしたりするなど、“大きな動き作り出すように働く”のが、グローバル筋(体幹浅層筋)。

それに対して、歩いたり、走ったり、投げたりといったダイナミックな動きをする時に、“脊柱や骨盤を安定させるように働く”のをローカル筋(体幹深層筋)といい、「脊柱安定筋群」とも呼ばれます。

そして、これらローカル筋が働くことによって、身体の軸が安定し、なめらかで繊細な動きを作り出すことが可能となるのです。

 

ローカル筋が作り出す「フィードフォワード機能」とは

 

それでは、実際にローカル筋とは、具体的にどのように働くのでしょう?

ローカル筋を語る上でキーワードとなるのが、“身体の動きを先取りして働く”という機能。

ローカル筋(脊柱安定筋群)は、一個先の動きに対して、予測的に起動するという特徴があるのです。

 

たとえば歩いている時に、うっかり財布を落としてしまって拾おうとするとします。

この時、立ち止まって前屈みになった瞬間に”背骨があらぬ方まで曲がり過ぎないように制御する”ローカル筋が”拾おうとする動作よりも先回りして働きだす”から倒れないでいられるのです。

ついでに言うと、歩いている途中に”急に立ち止まれる”のも、ローカル筋が先回りして脊柱と骨盤を制御してくれているから。

つまりは、ローカル筋のこういった機能が衰えてしまっている状態にあると、全身の筋力(運動能力)の低下はもちろんのこと、動作において脊柱(背骨)を痛めてしまうリスクも上がってしまうという訳。

逆に言うと、普段からローカル筋をきちんと使えるようにしておければ、身体に負担をかけるような無理な動きを減らしケガをしにくくなるのです。

こういったローカル筋の持つ、先回りして動き出す機能のことを「フィードフォワード」機能と呼ぶのです。

また、これが「体幹」の強さそのものであるとも言えるでしょう。

 

体幹が強いと運動パフォーマンスの向上のみならず腰痛の予防や改善も

フィードフォワード機能と腰痛との関係

 

「体幹」が強いと、すなわちローカル筋によるフィードフォワード機能がきちんと成立していると、さまざまなアクティブな局面において脊柱を物理的に守ってくれます。

特に脊柱のなかでも、とりわけ可動域の大きい腰椎(背骨の腰の部分)は、痛めやすいもの。

また、腰部を支える筋肉にも、無理な負担が集中しないように働いてくれるのです。

このことから、「体幹」を強くすること、すなわちフィードフォワード機能を鍛えることが、腰痛の予防と改善に繋がるとも言えるのです。

 

骨盤軸整体で、こんなにも産後の女性の身体が回復してしまう理由

 

当院の「産後のボディケアコース」においては、おもに骨盤軸整体メソッドによって、妊娠から出産までの過程で機能不全に陥ってしまった「体幹」の機能回復に重点を置きます。

骨盤に繋がるおもだった筋肉を機能回復させることによって、脊柱安定筋群、つまりローカル筋が本来の機能を発揮できるように誘導するのです。

それはあたかも、”筋トレをさせることなく、全身の筋力をアップさせてしまう”といったイメージ。

 

育児には、抱っこや中腰など肉体的負担がついてまわるもの。

しかし、育児をなさっている女性であっても「体幹」をきちんと機能させてあげることで、持ち合わせている筋肉の機能が高まり、結果、抱っこも中腰も負担を感じにくくなってしまうのです。

それには脈拍が乱れるような大袈裟な筋トレをする必要もありません。

そして、フィードフォワード機能が活性化されることで、腰痛の改善と予防にも繋がってくるという訳なのであります。

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

 

 

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

骨盤軸整体荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です