体幹を意識した歩き方、産後の女性

 

 

こんにちは。院長の三橋です。

産後ケア」や「産後の骨盤矯正」など、出産後の女性の骨盤を語る上で、今やすっかり外せないキーワードとなっている「骨盤底筋」。

出産後にまず、「産褥体操」や「ケーゲル体操」といったかたちで、弛んでしまった「骨盤底筋」を引き締め直すように医療機関から指導された方も多いはず。

もちろん当院でも、まず最初に「骨盤底筋」の機能回復を図るため、体操をお教えします。

 

ただ、一般の方には、今いち筋肉自体のイメージが乏しいうえ、インナーマッスルゆえに地味な体操となってしまい、結果ついついサボりがちとなってしまうことが多いようです。

そこで、提案があります。

実は、体幹を支えるコアマッスルでもある「骨盤底筋」の秘めたる実力。

せっかく鍛えて頂いているからには日常生活のなかで、その効果をさっそく実感してもらいたいのです。

「骨盤底筋」を意識して足を運ぶことで、まさに「体幹のスイッチ」が入るのです。

 

 

骨盤底筋は体幹を支える「インナーユニット」でもある

 

「骨盤底筋」といえば、トラブルが起こることで「尿もれ」や「内臓下垂」が引き起こされてしまうといったイメージがあるかと思います。

筋肉としては、肛門や膣を閉める機能にとかく目が行きがち。

しかし、実は身体のいちばん深い部分に存在し、いわゆる「体幹」を支えるコアである「インナーユニット」を構成する筋肉群の一部でもあるのです。

 

骨盤軸整体を語る上で決して欠かせないキーワード【インナーユニットとは】

 

つまり、姿勢の安定や制御、そして手足の筋肉のパフォーマンスにも、とても深く関わっている筋肉という訳なのであります。

そして、これが妊娠出産で大きなダメージを負ってしまうのです。

 

骨盤を引き締める(お尻を小さくする)体操として

 

当院でも、産後一か月を経た女性クライアントさんに、まず手始めにやっていただくのが「骨盤底筋」の機能回復を図る体操。

つまり、「骨盤を引き締める」、もしくは「お尻を小さくする」体操ということです。

具体的には、お尻と内ももの筋肉、そして、「骨盤底筋」を鍛える、実質的には筋トレとなります。

ここで大事なのは、この3つの筋肉をバラバラに力を入れるのではなく、きちんと「協調して連動させて使う」というイメージを持つこと。

特に「骨盤底筋」とお尻と内ももの筋肉とは、互いに密接に関わって働くという特性があるのです。

そして、互いに協調して働いて、はじめてその能力を発揮できるという訳。

 

骨盤底筋とは、普段どんな時に意識して使っているものなのか?

 

体幹、骨盤底筋、産後の女性、腹圧

 

身体により高いパフォーマンスを要求するとき、人間は本能的に腹圧を高めようとします。

これが、いわゆる「体幹に力を入れる」という動作です。

例えば、重いものを持ち上げようとする時、無意識にお腹に力を込めますよね。

これが体幹に力を入れた(腹圧を高めた)状態。

「階段を一段飛ばしして昇る時の力を入れる感じ」も、まさに然り。

こういった「腹圧を高める」動作をするにあたって、実は無意識のうちに骨盤底筋を締めているのです。

 

産後は腹圧を高められなくなってしまう

 

ところが、出産後は腹圧を高められない状態に陥ります。

妊娠中にお腹が大きく膨らんでしまったことで、「骨盤底筋」をはじめとする体幹を支えるコアマッスル群が大きなダメージを負ってしまっているからです。

その結果、姿勢は崩れ、身体に力を込めることも難しくなり、「妊娠前に普通に出来ていた」ことの多くが出来なくなってしまいます。

一般に産後一年くらいまでの間は、いわゆる腹筋運動は、もちろんのこと、走るといった動作が出来なくなってしまうのは、こういった原因によるものが大きいのです。

 

腹圧を高める訓練として

 

そこで、体幹を支えるコアマッスルを強化する、つまり「腹圧を高める」エクササイズも当院では、クライアントの皆様にお教えします。

「骨盤底筋」と協調して「腹圧を高める」ために働く一連の筋肉群(インナーユニット)の筋トレです。

こちらも、インナーマッスルゆえ、一連の筋肉すべてを協調させて動かすように意識することが重要となります。

「骨盤底筋」を締めながら、お腹を絞るように固めていくイメージとなりましょうか。

 

さっそく鍛えた「骨盤底筋」を意識して歩いてみよう

 

さて。

ここから、さっそく本題です。

当院でお教えしているエクササイズをやってくださっているクライアントさんたちでしたら、意識して「骨盤底筋を締めて」歩くことは、たやすいはず。

まさに「体幹のスイッチ」を入れて歩くということ。

 

そして、せっかく鍛えた「骨盤底筋」を実際に意識的に使って歩いてみると…。

その歩くスピードに、きっと驚かれることでしょう。

 

「骨盤底筋」を意識して、すなわち「体幹に力を込めて」歩くことを意識するだけで、格段に筋肉のパフォーマンスが跳ね上がるのですから。

特に「骨盤底筋」と関連の深い「内転筋群」と呼ばれる内ももの筋肉が活性化することで、お尻の筋肉のパフォーマンスも高まるので、走力が上がるのです。

つまり、これが体幹を利用して歩くということ。

うまく理解して実践出来れば、普段の生活なかで、ついでに「骨盤底筋」を鍛えてしまえることも充分に可能になる訳なのです。

 


〜産後のケアはもうお済みですか?〜

産前産後のスペシャリストだから出来る事があります!

マタニティ整体も産後の骨盤矯正もおまかせください!

 

荻窪駅から徒歩3分!!

杉並区をはじめ練馬区、中野区からも多数来院。

託児所のご案内

 

 

託児スペースではなく、託児所で専属のベビーシッターさんがお子さまを大切にお預かり致します。

骨盤軸整体荻窪院

杉並区荻窪5-15-17グランデアコール102  03-6279-9746