アスリートと産後ケアにおける「体幹」という共通項【ケガをしにくい身体づくり】


妊娠出産、体幹バランスの大切さ

 

こんにちは。院長の三橋です。

当院の提供する産前産後ケアにおいて、その中核をなすアプローチ法が「骨盤軸整体」となります。

そして、「骨盤軸整体メソッド」において、もっとも重要視するのは、周産期の女性における「体幹」の回復。

 

尿もれをはじめ、歩行時や起き上がりのふらつきや、体に力が入らなくなってしまったり、妊娠前に「普通に出来ていたこと」が出来なくなってしまったり…、多くの女性が妊娠出産の過程で、このようなことを経験するもの。

そして、これらの症状は妊娠出産を経て「重心の揺り戻し」という現象によって引き起こされる、全身の筋肉の機能不全に起因するものなのです。

 

当然、姿勢を制御する筋肉も影響を受けてしまっています。

このことで全身の筋肉のメカニックが狂ってしまい、特定の筋肉および関節に負担がかかりやすくなってしまう状況をつくってしまうのです。

そして、これはアスリートが間違った筋力トレーニングをしてしまうことによって、同様の事態が引きこされてしまうこととも似ているものと考えるのです。

 

産後の女性を悩ます「重心の揺り戻しとは」

 

出産後、多くの女性が自覚することになるのが、バランス感覚や運動機能の不調です。

歩くだけでもふらついてしまったり、ベッドから起き上がるだけでもひと苦労だったり、次の動作にスムーズに移れなかったり…。

これらは妊娠から出産までの過程で、身体の重心の位置が移動してしまったために生じてしまった後遺症です。

 

人間は本来、パーツとしては、いちばん重い頭部を重心に置くことで、全身の筋肉がセッティングされています。

ところが、妊娠すると徐々にお腹の成長とともに、重心の位置が腹部へと移動してしまうのです。

これは妊婦さんの「お腹を前に突き出した」独特の立ち方と歩き方を想像して頂ければ分かりやすいかと思います。

つまり、妊娠後期にもなると、お腹を重心にして全身の筋肉がセッティングされてしまうのです。

これが、今度は出産を機に、ある日突然、頭部に重心を戻さなくてはならなくなります。

このとき全身の筋肉に混乱(筋肉の機能不全)が生じてしまうのです。

これを「重心の揺り戻し」といいます。

保育士さんが自分の子供だと腰や肩を痛めてしまう理由とは【重心の揺り戻し】

 

産後の女性を襲う想定外のトラブル

 

「重心の揺り戻し」は出産後の女性にとって、さまざまな身体のトラブルを呼び込む原因を作ってしまいます。

例えば、「重心の揺り戻し」によって腹部の筋肉がうまく機能しなくなってしまうと、背骨に対して骨盤が正しいポジションをとれなくなってしまいます。

結果、股関節を支える筋肉に大きな負担をかけてしまうことになり、膝痛やお尻の筋肉の痛みを誘発してしまうことに繋がるのです。

 

また、これは逆に考えることも可能であると考えます。

つまり、「重心の揺り戻し」により、股関節を支える筋肉が機能不全を起こしてしまった結果、骨盤を正しく支えきることが出来なくなり、腹部の筋肉のパフォーマンスが著しく低下してしまったとも考えられるのです。

要は、筋肉のセッティングが変わってしまったことによって、特定の筋肉が「本来の出力を発揮できない」状態に置かれたしまったという訳なのです。

パフォーマンスが落ちた(出力が低下した)筋肉を強引に使い続ければ、肉体の故障に繋がってしまうのは当たり前ですよね。

つまりは、筋肉を正しい協調のもと使えると、故障のリスクを下げることが出来るということ。

これが「体幹」を回復させるということなのです。

 

アスリートは間違った筋トレをしてしまうと故障しやすくなってしまう

アスリートの間違った筋トレ、重心の揺り戻し

 

「重心の揺り戻し」による産後の女性の肉体的トラブルと、それにともなう故障のリスク。

これは、同様にアスリートに置き換えて考えることも出来るものと考えます。

 

筋肉のバランスを一切考えることなく、無秩序に筋トレをしてしまうと「故障しやすい身体」になってしまうことは昔からよく知られています。

また、結果、思ったほど競技におけるパフォーマンスが向上しなかったりなんてことも多く聞きます。

少なくとも、筋力トレーニングで増やした体重を支えきるだけの「体幹」は、持ち合わせるべきなのです。

自重を負荷にした体幹トレーニングが優れているのは、この点にこそあるものと考えます。

出来れば、アスリートが筋トレする場合、「正しい身体の使い方」を念頭に置いて鍛えることが、パフォーマンスの向上だけでなくケガを防止するといった意味でも望ましいでしょう。

やはり、アスリートも「体幹」が重要な訳なのです。

 

出産後に股関節が硬くなってしまう原因のひとつの考え方【ジョイント・バイ・ジョイントセオリー】

 

最後に

 

急激なボディバランスの変化が「筋肉の協調」を狂わせてしまい、結果、筋肉の機能不全を呼び込んでしまうことは多々あるものと考えます。

それは妊娠出産による「重心の揺り戻し」だけでなく、無秩序な筋トレによっても同様に引き起こされるもの。

「筋肉の協調」、つまり「体幹」のバランスをまったく考慮することなく、いたずらに筋肉量を増やしてしまうと、どうしてもパフォーマンスにおいて特定箇所に負担がかかりやすくなってしまうからです。

そういった点で、「産後ケア」と「アスリートのケガしない身体づくり」というのは、ある意味共通している部分が多いのではないかと考えるのです。

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です