当院が「産後の骨盤矯正コース」から「産後のボディケアコース」に名称変更した理由


当院が「産後の骨盤矯正コース」から「産後のボディケアコース」に名称変更した理由

 

こんにちは、院長の三橋です。

今回は、当院メニューにある「産後のボディケアコース」というネーミングの理由についてのお話です。

産後ケア、産後の骨盤矯正の専門院へと生まれ変わった当院が、なぜ、従来の「産後の骨盤矯正コース」を廃止して、「産後のボディケアコース」へと名称変更することにしたのか?

これについての経緯をお話させて頂こうかと思います。

現在、当院で取り組んでいる「骨盤軸整体」という考え方は、これまで既成概念や固定観念に支配されてきた整体業界に対する、ある意味「挑戦」と言って良いものなのかも知れません。

妊娠出産で開いてしまった骨盤を締めなくてはならない

いつの間にか、こんな考え方が世の中で一般的になり、あたかも「出産後〇ヵ月」までに骨盤矯正をしておかないと手遅れになってしまうという喧伝のもと、産後女性が整体院や整骨院に殺到するようになったのです。

 

そして、そういった産後女性たちは、みな口をそろえてこう仰るのです。

助産師さんや、まわりのママ友たちから出産後は骨盤矯正をしておいた方が良いと言われたんです

同様に某メーカーに代表される骨盤ベルトの着用も、今や医療関係者から勧められるのが当たり前なのだとか。

それはあたかも、出産後きちんと手を打っておかないと「骨盤が開いたままになってしまう」といった強迫観念を世の女性に植え付けるのに大いに貢献しているのです。

 

でも、ちょっとでも解剖学的をかじったことのある人間なら、医学的に「骨盤が開く」などといった現象がまず起こり得ないことは容易に分かろうもの。

これについては産後女性に起こる、何か別の事象を敢えて「骨盤が開く」といった平易な言葉に置き換えたものと想像することも出来ます。

それがいつの間にか「骨盤が開く」といった言葉だけが独り歩きを始めてしまって、現在に至ったのではと考えるのです。

 

妊娠出産という一連の過程を経て、産後女性の身体にはさまざまな「変化」が生じます。

その生じてしまった「変化」によって、さまざまな不調やトラブルが誘発される訳であるのです。

そして、多くの女性が出産後に自覚することになる「骨盤が開いた」ように感じさせる骨格バランスの変調は、あくまで産後に生じた「変化」によって誘発された不調やトラブルのひとつに過ぎないのです。

要は、「骨盤が開いた」ような感覚は、原因ではなく、あくまで結果であるということ。

だから、「開いた骨盤」を締めたところで、産後女性が抱える他の不調やトラブルが解消されるはずもなく、それでは産後女性が本来、矯正しなくてはならない本質の部分に辿り着けようはずもないのです。

 

出産後にデニムが入らなくなってしまうことはもちろん、基礎代謝が落ちてしまうことも、ウエストラインが崩れてしまったままであることも、果ては腰痛や肩こりの原因までも…。

産後女性の抱える不調やトラブルの多くが「骨盤の開き」に原因があるのだと謳っている整体院や整骨院がむしろ一般的であるのが現状です。

しかし、その因果関係については曖昧なものに終始していることが多いよう。

とにかく「骨盤が開いた」から、不調やトラブルが起こるのだと。

 

もちろん、当院ではもちろん「骨盤が開く」といった考え方はしません。

もっと言うと、産後女性が抱えてしまう不調やトラブルの多くは、直接骨盤自体の器質的な変化に起因するものではないと当院では考えるのです。

遡ること十数年以上も前、当院の前身である野田カイロプラクティックセンター荻窪院の時代から「骨盤が開く」といった考え方を否定し、クライアントの皆さまにも丁寧にそういった説明をさせ続けて参りました。

「骨盤が開いた」ように感じるのは、実際には股関節のアライメントの問題だけなのであり、それはあくまで「結果」として起きた事象のひとつに過ぎず、問題の本質、つまり「原因」は別にあるのだと。

そして、産後女性が本当にケアしなければならないことは、極論を言うといわゆる「骨盤矯正」とは別のところにあるのだと。

 

当院グループは、産後女性が本当にケアしなければならないことを十数年以上にわたる臨床の結果、導き出すことに成功。そして定義付けを果たしたのです。

それが「重心の揺り戻し」という考え方。

「重心の揺り戻し」からの回復こそが、本質的な産後ケア、産後の骨盤矯正であると結論付けたのです。

妊娠、出産後に感じる多くの不調の原因【重心の揺り戻しとは】

 

本質的な産後ケア、産後の骨盤矯正とはいったい何なのか?」という、これまでの整体業界における普遍の命題に対する、明快な回答。

それが「重心の揺り戻し」からの回復なのであり、そのための方法論が骨盤軸整体であるということ。

そして、もはや「骨盤矯正」という表現が、必ずしも産後ケアの本質を突いていない以上は、「産後の骨盤矯正コース」という名称はこれからの時代に相応しくないという結論に至った次第なのです。

産後女性の痛みやコリといった症状だけでなく、お腹のたるみや形状変化、果ては尿もれなどといった機能障害までをも包括的に含める意味をこめて、「産後のボディケアコース」というネーミングになった訳であるのです。

産後ボディは骨盤矯正だけでは戻らない!?正しく戻すためのポイントを徹底解説!

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です