体に負担をかけてしまう職種のクライアントさんたちが骨盤軸整体に通い続ける理由


体に負担をかけてしまう職種のクライアントさんたちが骨盤軸整体に通い続ける理由

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院の「産後のボディケアコース」、および「マタニティ整体コース」には、それこそ様々な職種の方たちが毎日来院されて来ます。

そのなかには介護職や保育士、歯科医師などといった、業務内容がとても体に負担をかけてしまう職種の方たちも多くいらっしゃいます。

そして、そういった方たちの多くは、それぞれのコースで一定の成果をみた後でも、引き続き当院に定期的メンテナンスを受けることを目的に通い続けることを選択されるのです。

それは、骨盤軸整体が実は筋肉のパフォーマンス向上、あるいは運動能力の向上といった側面も持っているから。

つまり、産休が明けて職場復帰された後も多少の無理が利く身体を維持するため、或いは妊娠中であっても業務を続けられるようにするために骨盤軸整体に通われ続けるのです。

産後ケア、産後の骨盤矯正のカギを握る「重心の揺り戻し」とは

 

まずは、当院の「産後のボデイケアコース」、「マタニティ整体コース」における考え方から。

妊娠中の女性、および産後女性の多くが、それまで経験したことのない不調やトラブルを抱えてしまうようになる本当の原因を当院では、体幹バランスの崩れにあることを突き止めました。

妊娠出産の過程で生じてしまうボディバランスの変化が一部筋肉の機能不全を引き起こしてしまう結果、思いもよらない不調を呼び込んでしまうことがあるのです。

また、妊娠後期から出産をまたぐ時期(出産日を境に劇的な変化が起きてしまう)におけるボディバランスの変化は顕著であり、まさに出産というタイミングで多くの女性はかつて経験したことがないほどの筋肉のパフォーマンス低下を実感することとなるのです。

特にこの現象を当院では「重心の揺り戻し」と定義することとし、「産後のボディケアコース」では「重心の揺り戻し」からの速やかな回復を、そして「マタニティ整体コース」では「重心の揺り戻し」を最小限に抑えることが目標となってきます。

早い話、妊娠出産を経て生じる急速なボデイバランスの変化によって、脳がいちど全身の筋肉の使い方を忘れてしまう訳なのです。

保育士さんが自分の子供だと腰や肩を痛めてしまう理由とは【重心の揺り戻し】

「重心の揺り戻し」からの筋肉の機能回復こそが重要である

 

特に背骨や骨盤といった体幹部を安定させるように働く筋肉群が機能低下を起こしてしまうと、手足を動かすように働く筋肉にも大きなパフォーマンス低下を呼び込んでしまうこととなります。

出産後すぐの時期に、ふらついたり力が入らない感覚に襲われるのはこのため。

だから骨盤軸整体では、こういった特に骨盤に直結する主要な筋肉にターゲットを絞って機能回復を図っていくのです。

つまり、施術によって直接、筋肉のパフォーマンスを上げてしまうという訳です。

 

そして、背骨や骨盤を支えるように働く筋肉が機能回復すると、自然に背筋は伸び、ウエストラインが改善するだけでなく、見違えるように骨盤も締まって見えるようになってしまうのです。

さらには骨盤や背骨を支えるように働く筋肉の機能、つまり体幹バランスが回復することによって、アウターマッスルが劇的に機能回復を果たすことにも繋がります。

眠っていた状態にあった筋肉が目を覚まし、本来の能力をようやく発揮できるようになることで、持ち合わせている全身の筋肉をとても効率よく使えるようになるのです。

 

なお、筋肉の機能回復については、当院では「出来なかったこと」が「出来るようになっていること」を確認して頂くため、施術前と施術後にそれぞれクライアントさんに簡単な動作テストを実施させて頂いています。

要は「出来るようになっていること」が確認できれば、背骨や骨盤を支える筋肉が機能回復を果たした、つまり体幹バランスが回復したということになる訳です。

体幹を回復させるだけで、産後女性の骨盤が引き締まりボディラインが改善してしまう理由

産前産後ケアの「もう一つ先」にある境地とは

 

ここで骨盤軸整体の大きな特徴である、「直接、筋肉のパフォーマンスを上げてしまう」という部分に焦点をあてて考えてみると、それはつまり「筋肉のパフォーマンス向上」ひいては「運動能力の向上」といった側面をもつ施術方法であることに気付かれることと思います。

例えば、昨今のアスリートがいわゆる体幹トレーニングを導入することで、競技パフォーマンスを劇的に向上させてしまうことは今や当たり前に知られる時代となっています。

これはむやみやたらに筋肉の絶対量を増やすのではなく、持ち合わせている筋肉をどうやって合理的に使っていくかを追求していくことで、結果、筋力アップを果たせるだけでなく怪我の防止にも繋がるということ。

持ち合わせている筋肉をより効率良く使えるようにするための機能訓練とも言えるかと思います。

基本的には、これと同じ理屈なのです。

もちろん当院ではアスリートと同じ強度で体幹を鍛える必要はありません。

産後ケアや産後の骨盤矯正目的でしたら、もっと低い強度で体幹を鍛えれば良いのであって、それは「記録向上のため」といったレベルではなく、せいぜい「日常生活のなかで不調を抱えてしまわないため」といったレベルであれば充分であるのです。

 

そして、先にブログ冒頭で述べたような介護職や保育士、歯科医師などといった身体的負担が高い職種の方たちにとっては、当院の産前産後ケアがそもそも体幹バランスの改善を目的としている以上、日常業務における肉体的負担をも軽減させてしまえる訳であるのです。

それは育児はもちろんのこと、重い物を抱えたり、中腰をはじめとする無理の掛かる姿勢を以前ほど負担として感じなくなってしまうということであり、妊娠中の女性でも例外ではありません。

なお、これについては骨盤軸整体でおこなっている「丹田に軸を通す」メソッドで、劇的なパフォーマンスの向上を皆さまには実感して頂いていることを申し上げておきます。

骨盤軸整体でしたら、産前産後ケアの「もう一つ先」にある境地にまでご案内することが可能なのであります。

丹田という産後ケアにおけるひとつの考え方【骨盤軸整体で丹田に軸を通す理由】

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です