出産後に腹筋がただの一回も出来なくなってしまう理由【反り腰とぽっこりお腹】


 

出産後に腹筋がただの一回も出来なくなってしまう理由【反り腰とぽっこりお腹】

 

こんにちは、院長の三橋です。

出産後にお腹のたるみや、ぽっこりお腹で悩まれているという方は実に多いものです。

もちろん当院が産後ケア産後の骨盤矯正向けに提供している「産後のボディケアコース」においても、こういった悩みで相談に訪れるケースが後を絶ちません。

 

そして、こういった悩みを抱えている方々の多くは良かれと思い、出産後早々に腹筋運動(いわゆる上体起こし)を始めようとするもの。

しかし、腹筋運動がただの一回も出来なくなっている事実にはじめて気付かれる方が多いのです。

 

まず産後に腹筋運動が出来なくなってしまった状況を整理してみると

 

妊娠前に普通に出来ていた腹筋運動(上体起こし)が、なぜ出産後にただの一回も出来なくなってしまうのでしょう?

腹筋が消えて無くなってしまったからなのでしょうか?

まず、ここで押さえておかなければならない重要なポイントは、以下の通り。

  • 妊娠前は少なくとも一回は腹筋運動を普通に出来ていた
  • 妊娠出産後にお腹のたるみやぽっこりお腹に悩むようになった
  • 多少の不調はあれど日常生活は問題なく送れている

 

明らかに、妊娠出産というイベントを経て、身体の中の「何か」が変わったことは確かなのです。

そして、立つ、歩くといった日常動作が普通にこなせている以上は、腹筋が消えて無くなったということはありえないということ。

もし仮に腹筋が完全に消えて(筋力がゼロになって)しまったのなら、おそらく日常動作の何一つもこなせなくなってしまうからです。(そもそも腹筋が消えてゼロになることは考えられませんが)

そのくらい人間の腹筋はあらゆる動作に深く関係している筋肉であるのです。

妊娠出産を経て、腹筋運動(上体起こし)が出来なくなってしまう原因

 

それではどうして出産後に、ただの一回も腹筋運動が出来なくなってしまうものなのでしょう?

腹筋自体はちゃんと存在して、日常動作程度であればきちんと機能していることは事実であるのは先に述べた通りです。

要は、それ以上の負荷をかけるような使い方を忘れてしまっている状態にあるのです。

つまり早い話が「筋肉の使い方を忘れてしまっている」状態にあるのだと。

消えてなくなってしまったのではなく、使い方が分からなくなってしまっているだけであるのです。

腹筋群イラスト、イメージ

そこで腹筋運動、つまり腹筋の筋力を上げる上で重要になってくるのが骨盤の安定となります。

上体起こしで主に活躍するのが腹直筋(ふくちょくきん)というアウターマッスル。

仰向けの状態でこの腹直筋に力が入り収縮していくことで上半身が起き上がってくる訳であるのです。

しかし、このとき腹直筋を支える土台となるべきはずの骨盤を固定しきれずに一緒に動いてしまう状態にあると、腹直筋には上手く機能することが出来ません。

骨盤がピタリと止まってくれていることで、はじめてアウターマッスルである腹直筋の強大な収縮力が発揮出来るというわけです。

この時おもに骨盤を安定させるように働く腹筋が、インナーマッスルである腹横筋(ふくおうきん)という筋肉であるのです。

特に「反り腰」の傾向が強い方はそこから修正する

 

この腹横筋という筋肉は別名「天然のコルセット」という呼び方もされるほど、腹部の安定に深く関わっている筋肉。

あたかも腰痛ベルトで締め上げるように作用する筋肉であり、これによりウエストラインの引き締めや臓器のポジショニングに大きく関与している筋肉であることは想像に難しくないかと思います。

まさに腹横筋の機能に問題が生じるとお腹のたるみぽっこりお腹の原因を作ってしまうことに繋がる訳なのです。

そして、この傾向が強い方がいわゆる「反り腰」とよばれる、お腹を前に突き出す独特の姿勢的傾向を持つようになるのです。

臨月に入った妊婦さんはもちろんのこと、産後女性の多くに「反り腰」を抱えてしまっているケースが多く見受けられますが、こういった方々は出産後も相変わらず、妊娠中と同じような「身のこなし」や姿勢を続けてしまっているというわけ。

言い換えると、姿勢を安定させるにあたって背筋に頼りすぎてしまっているのです。

だから、こういった方々はまず「反り腰」の修正をしないことには、いつまでたっても正しく腹筋を使うことが出来ない状況にあるということになります。

ひょっとしたら、硬く緊張してしまっている背筋が腹筋群の収縮の邪魔をしてしまっていたり、そもそも腹筋にきちんと力が伝わりにくい骨盤のバランスに原因があるのかも知れないということです。

 

なお一般的に出産後に腹筋ができなくなってしまったような場合、そもそも根本的な問題がきちんと「腹圧を高められない」ことに原因があることが多いようです。

そして、こういった状況にある方がいたずらに腹筋運動(上体起こし)をやってしまうと、腹直筋とは別の筋肉に負担を掛けてしまうことで腰痛を悪化させてしまうことがあるので注意が必要となります。

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です