骨盤軸整体荻窪院が産後1ヶ月からの産後ケア、産後の骨盤矯正を推奨するわけとは


骨盤軸整体荻窪院が産後1ヶ月からの産後ケア、産後の骨盤矯正を推奨するわけとは

 

こんにちは、院長の三橋です。

当院が産後ケア産後の骨盤矯正として提供している「産後のボデイケアコース」では、基本的に「出産後1ヶ月」からのご来院を推奨しています。

「出産後1ヶ月」と聞くと、産後ケアを受けるにあたって時期尚早なのではと考えてしまう方もいらっしゃることでしょう。

でも、やはり「出産後1ヶ月」のタイミングで来院するべき理由がちゃんとあるのです。

出産後1ヶ月で産後ケア、産後の骨盤矯正を受けるべき一番の理由とは

 

当院が「出産後1ヶ月」のタイミングでの産後ケア、産後の骨盤矯正を受けることを推奨している一番の理由は、それが産後女性のQOL(生活の質)を考えるといちばん得策であるからです。

 

具体的にどういうことかと言いますと。

妊娠出産を経て「決定的に変わってしまったこと」が、産後女性の体質や体調、ひいてはボディラインにまで大きな影響を及ぼすことになります。

そして多くの場合、「決定的に変わってしまったこと」は簡単に元通りには回復してくれないものであるのです。

また、それは現時点で症状として顕在化していなくとも、時間の経過とともにさまざまな不調の引き金となってしまうケースもあり、産後数年以上経ってから現れる尿もれなどはそういったものの典型例と言えるでしょう。

しかし、多くの場合は出産後すぐに体質や体調の明らかな異変をおぼえるもので、およそ妊娠前にはなかったような症状を抱えてしまうもの。

肩こり腰痛はもちろんのこと、膝の痛みや股関節まわりの不調などが一般的であり、他には歩きにくさや疲れやすさなど例を挙げたらキリがないほど。

こういった症状が、それこそ症状として悪化してしまう前に、ご自身の身体を整えておく必要があり、壊れてしまってからだと回復までに余計に時間と手間がかかってしまうのです。

そういった理由で、生まれて来たお子さんが大きくなる前に、産後ケア産後の骨盤矯正は済ませておくべきであるのです。

つまり、「出産後1ヶ月」のタイミングで、妊娠出産で「決定的に変わってしまったこと」から身体を完全に回復させておくべきであるのです。

産後ケア、産後の骨盤矯正で回復させておかなければならないこと

 

ここで妊娠出産を経て「決定的に変わってしまったこと」について、補足しておきましょう。

一般に出産すると骨盤が開いてしまうから、直ちにそれを閉めなければならないと考えられていることが多く、また、それを喧伝している整体サロンもまだまだ多いよう。

でも、考えてみて下さい。

自然分娩でも帝王切開のどちらでも結局、同じように産後の不調が生じてしまうものですし、何より「骨盤が開いた」といった自覚がない(ボディラインに変化を感じない)方でも、痛みやコリといった不調を抱えてしまっているケースもあるのです。

また、医療機関で教わったとおり骨盤ベルトを締めていても、相変わらず不調が改善していないといった話を実際に多く聞くのです。

 

そもそも「骨盤が開いた」こととは別の部分に、産後に抱えてしまう問題の本当の原因がありそうな気がしませんか?

当院では、これについては「重心の揺り戻し」という独自の考え方を提唱させて頂き、これこそが産後ケア、産後の骨盤矯正で本当に回復させておかなければならないものとして考えています。

つまり、妊娠出産を経て「決定的に変わってしまったこと」のひとつは「重心の揺り戻し」であるということ。

そして、問題の本質が「骨盤が開いた」ことにない以上、当院では骨盤ベルトの積極的な利用については、むしろ推奨していないのです。

保育士さんが自分の子供だと腰や肩を痛めてしまう理由とは【重心の揺り戻し】

骨盤ベルトを一刻も早く外してしまおう!それが本当の産後ケア、産後の骨盤矯正なのだから

産後のボディラインの回復を考えると出産後6ヶ月までが勝負!

 

また、産後女性が抱えてしまう悩みについては痛みやコリといったものだけでなく、ボディラインの回復も大きな関心事となるはず。

多くの方が妊娠前に穿いていたジーンズが入らなくなってしまうだけでなく、ウエストラインやレッグラインの崩れに悩まれることになるのです。

さらには、体重がなかなか落ちない現実にも直面するなんてことも。

 

これらについては、さすがに一か月ですべて解決という訳にはもちろんいきません。

それこそ10ヶ月かけて変わってしまった体質を元に戻さなければならないのであり、それには基礎代謝を回復させることが重要な話となってくるのです。

そして、それには筋肉の稼働率や、使い方が大切となってくるのです。

なお、これについて要点だけ先にお話しておくと、離乳食が始まり授乳量が落ちてしまう産後6ヶ月までに、いかに「きちんと燃やせるカラダ」に持っていけているかが勝負となります。

産後6ヶ月が経ち、離乳食が始まったところで授乳量が落ちても、意外とご自身の食欲というのは落ちないもの。

 

また、無理な食事制限による減量はたとえ成功したとしても、結果はイメージしたものとはおよそかけ離れたものとなるだけでしょう。

ましてや長く続けられるはずもなく、大きなリバウンドが待っているものです。

10ヶ月かけて変わってしまった体質を元に戻すには、それなりの時間が必要となります。

こうした事情を考えると、やはりボディラインの回復を考える上でも「出産後1ヶ月」のタイミングで来院するべきであると当院では考える訳なのであります。

出産してから7キロも痩せた!出産後6ヶ月までに成し遂ておきたいこと【産後ケアと骨盤矯正】

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です