開いた骨盤を閉めようとしたところで産後の不調やトラブルの解決には繋がらない理由


開いた骨盤を閉めようとしたところで産後の不調やトラブルの解決に繋がらない理由

 

こんにちは、院長の三橋です。

今回は、当院の基本方針と、産前産後ケアの専門院としての理念についてお話させて下さい。

 

「出産で開いた骨盤を閉めておかないと手遅れになってしまう」

多くの整体カイロプラクティック院で、よく見かけるフレーズがこれ。

そういうこともあって、今や産後女性の多くが出産後に骨盤ベルトを締めたり、整体院などに通うことになるのです。

ところで。

果たして物理的に骨盤を閉めたところで、尿もれや膝痛をはじめとする様々な産後の不調から本当に解放されてしまうものなのでしょうか?

骨盤軸整体荻窪院では、いわゆる「開いた骨盤」と産後の不調との因果関係については否定的な立場をとっています。

だから当院では、初回来院時に骨盤は開かないことをはっきりとクライアントの皆さんにお伝えしているのです。

出産後に骨盤が開いたように感じさせてしまう本当の原因について

 

一般に出産するとお尻が平たく大きくなったように感じるもので、実際に多くの産後女性が一時的にせよ妊娠前に穿いていたジーンズが入らなくなってしまいます。

それこそ、まさに骨盤のあたりでジーンズが引っかかってしまうような感触。

この現象が、あたかも「骨盤が開いた」ように感じさせてしまうのです。

 

しかし、それは「骨盤が開いた」ように感じてしまっているだけで、実際にはジーンズに引っかかってしまう部分は骨盤ではなく太ももの骨であるのです。

そもそも解剖学的に骨盤は、そう簡単には開かない構造となっており、それこそ交通事故レベルの衝撃でも入らない限りは物理的にそう大きくは動かないもの。

あくまで骨盤は頑丈さを優先させた構造となっていて、通常は動いたとしてもほんの数ミリ程度でしかありません。

そして先に結論から言ってしまうと、股関節のバランスが内股に変化したことで、せり出してしまった太ももの骨の一部(大転子)がお尻のシルエットを横に広げ、実際にジーンズに引っかかってしまっているのです。

つまり、妊娠出産の過程で生じた何らかの「変化」によって股関節を正しく支え切れなくなってしまった結果、いわゆる内股になってしまったことに本当の原因があったのです。(下のイラストを参照)

産後ケア、産後の骨盤矯正で本当に回復させておかなければならないものとは

 

それでは、産後女性の股関節を内股に誘導して(骨盤が開いたように感じさせて)しまう原因となる、妊娠出産で生じてしまう何らかの「変化」とは、いったい何なのでしょう?

これについては当院では、体幹バランスの崩れにあると考えるのです。

妊娠中に腹部が大きく成長していく過程で引き起こされるボディバランスの変化と、体幹の中枢部分を支えるインナーユニットとよばれる筋肉群の機能低下によって、全身の筋肉に著しい筋力低下が引き起こされてしまうのです。

体幹バランスの崩れとは、こうした一連の現象を指し、その影響は、もちろん姿勢を支えるように働く筋肉にも及びます。

つまり、産前産後で生じてしまう何らかの「変化」とは、体幹バランスの崩れによって引き起こされる全身の筋肉の機能低下のことなのであり、これが産後女性の股関節のバランスを変えてしまう正体でなのであると。

そして、産後ケア、産後の骨盤矯正で本当に回復させておかなければならないものとは、体幹バランスなのであると当院では考えるのです。

出産後に起こる「変化」は、果たして骨盤が開いてしまったことに原因があるのか?

当院では基本的に骨盤ベルトの装着は推奨していない

 

産後女性が抱えてしまう様々な不調の原因の多くは、妊娠出産の過程で生じてしまう体幹バランスの崩れにあるというのが当院の見解となります。

出産後に肩こり、腰痛が酷くなったり、時として手首の痛みや膝の痛みを抱えてしまうのも、体幹バランスの崩れに起因する筋力低下によるものであると考えられる訳です。

早い話、出産後は同じ動作において妊娠前ほど「効率よく」筋肉を使うことが出来なくなってしまうということ。

そして、同じ理由で姿勢保持のために働くような筋肉も機能低下してしまうことにより、背筋が伸びなくなるばかりでなく、股関節のバランスが変わってしまうこと(内股)で、お尻の形までをも変えてしまうことに繋がってしまうのです。

 

つまり、妊娠出産で体幹バランスが崩れてしまった結果、いわゆる「骨盤が開いた」ような状態になってしまったということなのであり、決して「骨盤が開いた」から体幹バランスが崩れてしまった訳ではないのです。

だから、出産後にいくら骨盤を閉めようとしたところで、産後に抱えてしまった不調やトラブルの解決には至らないはずであるのです。

いわゆる「骨盤が開いた」状態は、あくまで「結果」に過ぎず、問題の「原因」ではないのですから。

 

そういった理由で、当院では基本的に骨盤ベルトの装着も推奨しておりません。

なお、これについて産後ケア産後の骨盤矯正の本質を理解して頂けましたら、容易にお分かりになるかと思います。

骨盤ベルトを一刻も早く外してしまおう!それが本当の産後ケア、産後の骨盤矯正なのだから

 

野田カイロプラクティックセンターから骨盤軸整体荻窪院へ生まれ変わりました

妊娠出産を乗り越えた大切なお身体を
よくある普通の整体院に任せて大丈夫ですか?
産前産後の女性のための専門の整体院
貴女の理想的な身体バランスに戻しませんか?

託児スペースがあるのでお子様連れでも安心♪
荻窪駅南口徒歩4分

骨盤軸整体荻窪院

03-6279-9746

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です